今はもう無い惜しい店、思い出の店(1)

スポンサーリンク
閉店 お出かけグルメ

閉店

好きだったのになぜか閉店してしまったお店。

繁盛してなかったのか?それとも店主の一身上の都合か……。

よく通っていたのに、あるいはしばらく通っていないうちにお店が無くなってしまったなんてこと、誰でも経験がありますよね。

 

今回は、そんな惜しいお店を思い出と共にお話しさせて頂きます。

※既に無いお店ばかりなので、写真は全てイメージです。

スポンサーリンク

ロッカウェイパントリーというサンドイッチ屋さん(東区役所前)

真っ先に挙げたいのがこちら。

10年ほど前、東区役所前にあったサンドイッチ専門店です。

 

サンドイッチと言っても、ハムサンドとか玉子サンドとかのありふれたものではなく、グリルチキンサンド、サーモンサンドなどの凝ったものを提供しているお店でした。

そして、パンは普通の食パンととごま入り食パンを1枚ずつ使いメインとなる肉や魚だけではなくレタスや紫玉ねぎ、パプリカその他もろもろのカラフルな野菜も一緒に挟んでいて、すごくごちそう感のあるサンドイッチでした。

この食パンは自家製で、パンだけでも販売しているようでしたが、人気なのか品切れしていることが多かったです。確かに美味しいパンでした。

 

イートインするとお皿におしゃれに盛り付けてくれて、たまにデザートをサービスしてくれたり。

テイクアウトでも、飾り切りの人参やラディッシュがピックと共に添えられていて、見た目にもこだわっている感じがよくわかりました。

それなのにお値段はそれほど高くなく。もちろんコンビニのサンドイッチよりは高めですよ。

 

このお店、結構通ったのですが、いつも出てくるのが遅かったです。

あれだけの手間をかけ、少人数で運営している様子でしたから、待つのは当然と思って気にしていなかったのですが……。

 

ほどなく閉店した時は、惜しいと思いつつ、なんとなく納得したものです。

やっぱり手間の問題や、利益の部分で立ちいかない部分が出ていたのでしょうかね。

たまに深夜に店の前を通りかかると、まだご店主がお店で作業している様子が見えていたので、体力の限界もあったのかもしれませんね。

 

あんなサンドイッチ屋さんにまた出会えればな~、と今でも思います。

ラ・ポムベールというケーキ屋さん(すすきの、円山など)

ケーキ

画像はイメージです

円山、すすきの109の中、丸井今井などにあった、小ぶりで高級感があって、でもそれほど敷居が高くないケーキ屋さん。

結構人気店だったと思うのですが、なぜ閉店したのでしょう。

ほんの数年前(もしかしたら去年とかかも)まで営業していたようで、閉店を知らずについ先日お店に行こうとして、やっていなくてがっかりしたものです。

 

昔、大通に勤めていた時期があり、その頃はよく丸井今井店で買って帰っていました。

和栗のモンブランがとっても美味しかったことが思い出されます。

どのケーキも甘さが丁度良く、素材の味もしっかりしていて、見た目もおしゃれという、手土産に最適なケーキばかりでした。

焼き菓子も美味しかったなー……。

ムーランドギャレットというパン屋さん(中央区にいくつか)

旭ヶ丘、宮の森、札幌ファクトリーやパセオなどに店舗があった、札幌では大手に分類されるパン屋さん。

数年前に、母体の会社が破産したらしく、その流れで閉店とのことです。

ハード系、クロワッサン・デニッシュ系、菓子パンや総菜パンなど、色々なパンが並んでいて、どれも美味しかった記憶があります。

私がよく行ったのはサッポロファクトリーのフロンティア館にあるお店でした。スーパーの営業時間に合わせてなのか、結構遅くまでやっていたような……。

ちなみに、ファクトリー内ではアトリウムにもお店があり、こちらではイートインもできました。

パン

画像はイメージです

破産、ということでは仕方がありませんが、結構店舗数があっただけに「あ!パン買わなきゃ!」と思い立った時に行きやすいお店だったので、本当に惜しいです。

明日もまた別なお店の話をしたいです

今日は時間の関係で、3店舗分しか書けませんでした。が、閉店を惜しむお店はまだまだあるのです。

こちらについては明日には更新できるように書きたいと思います。

 

これを読んでいるあなたも、「あのお店良かったな~……」という思い出のお店があるのではないでしょうか。

記憶は美化されがちですが、そんな贔屓にしていたお店があると、当時の楽しかった記憶まで思い出されて楽しいものですよね。

 

ということで今日はここまで。

明日に続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました