東区の小さな八百屋さん「くいしんぼうのやおや」へ行きました

スポンサーリンク
看板 お出かけグルメ
スポンサーリンク

外観

以前、何かから仕入れた情報で、農家さんの顔が見える野菜を扱う「くいしんぼうのやおや」というお店があると知りました。

名前が既に興味をそそる……。

東区にあるお店なのですが、先日近くに行く用事があったのでついでに立ち寄ってみました。

スポンサーリンク

民家のような入り口で、靴を脱いで入る八百屋さん

くいしんぼうのやおやは住宅街にあります。

細い道沿いに入口があり、辿り着くまで結構大変でした。

一見、八百屋とはわからない建物ですが、しっかり「くいしんぼうのやおや」という看板があるので無事発見できました。

看板

こちらは靴を脱いで上がるスタイルです。八百屋さんとしては珍しいですね。

 

野菜

中には今が旬の道産野菜が所狭しと陳列されています。

やっぱり今の季節は白菜やキャベツ、長ネギですね。キャベツも白菜もきれいで、美味しそう!

 

また壁面には、生産者の紹介が。

生産者

生産者の顔が見えるのは、安心できる材料の一つ。

お値段設定もスーパーで買うのと変わらないか、それより安いものもあるくらいなので、近所に住んでいたらどんどん利用したいお店だと思いました。

 

また、レジの横には小さめの家庭用冷蔵庫が置いてあり、その中にはなめこと卵が入っていました(もちろん売り物)。

中が見えない冷蔵庫なので、勝手に開けて良いものか……と戸惑いましたが、自由に開けて良いそうです。

 

色々と魅力的な野菜がありましたが、この日は別な店で結構な買い物をした後だったので、買ったのはこれだけ。

買ったもの

紫玉ねぎ80円と、厚田の「飛ぶ鳥農場」の平飼い卵300円(確か)。

紫玉ねぎは料理の彩りのためにたまにスーパーで買うのですが、あまり売れないのか、鮮度が良いものが少ないんですよね。

くいしんぼうのやおやさんのものは重みがしっかりあったので、即買いです。

その日のうちにサラダにしたところ、予想通り瑞々しかったです。

 

飛ぶ鳥農場は前から気になっていた養鶏場なのですが、遠いのでなかなか行く機会もなく。

こちらで取り扱っていることは知っていたので、すぐに一パック手に取りました。

ブログなどによると、飛ぶ鳥農場さんが生産しているシフォンケーキなども普段はあるようなのですが、この日は売り切れのようでした。

卵の色は茶色。

卵

でも、割った中身は濃すぎず薄すぎずの黄色。

割った

この卵は4個は先日のガトーウィークエンドに使い、2個は目玉焼きにして頂きました。魚粉の匂いが少しする卵かも。

Facebookによると、餌に魚粉が入るようなので、その匂いが出ているのでしょうね。きついほどではないです。

 

ここまで書いて気付いたのですが、恐らく「くいしんぼうのやおや ぐらっとん」というのが正式名称のようです。

くいしんぼうのやおや ぐらっとん

住所 札幌市東区北46条東12丁目1番11号
TEL (011)790-6778
営業時間 10:00~野菜がなくなるまで

定休日などは店頭に張り出されているほか、ブログなどで確認できるようです。

おやすみ

もっといろんな野菜を試してみたい

こちらに伺った際、「おかわかめ」の札を見つけました。ですが、棚は空っぽ。売り切れのようです……。

在庫があったら買いたかった。

なかなか売っていない野菜なので、また行ったときに買うことができたらいいな。

また、季節ごとに並ぶ野菜も変わってくると思うので、定期的にチェックしたいお店でもありますね。

また行ってみます。

 

ということで今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました