月形町を通るなら是非買って食べて!まんまる納豆と月奴

スポンサーリンク
納豆と豆腐 お出かけグルメ
スポンサーリンク

納豆

当別と浦臼の間にある月形町。

私のイメージは刑務所のある町というくらいだったのですが、最近通過する機会が多くなって知ったのが、農業が盛んな町ということ。

お米やメロン、スイカなどはブランド農産物として売られていますが、今回おすすめするのは大豆加工品。

お豆腐と納豆をご紹介します。

スポンサーリンク

月形産大豆を使った「まんまる納豆」と「月奴」

先日通りかかった際に、あちこちに「まんまる納豆」という幟が立っているのを見て、ちょっと興味を惹かれて購入してみることにしました。

私が入ったのは町内のお豆腐店、松田とうふ店さんです。国道275号線沿いにある小さなお豆腐屋さんです。街中よりも少し札幌寄りかな?

お店の外観写真など撮れなかったのですが、「まんまる納豆」の幟が出ているのでわかるかと思います。

 

こちらのお店でまんまる納豆(120円)を1個(3パック)、そして「月奴(つきやっこ)」というお豆腐(200円くらい)を一丁購入しました。

納豆と豆腐

ちょっと画像が暗めです。月奴のイラスト、味があっていい……。

 

まんまる納豆はこちらのお豆腐屋さんで作っているのではなく、雪の聖母園という福祉施設で製造し、町内の各所に置いているのだそうです。

月形町産の大豆を使用し、時間をかけて発酵させているのが特徴とのこと……。

早速食べましょう。

材料

納豆の材料は月形町産大豆と納豆菌のみ。シンプル。

開封

「まんまる」と名付けたのがわかるくらい大豆がふっくら。かなり大きめです。

粘りはほど良いです。なぜだろう、臭みはあまりない。発酵方法の違いなのかな?

添付のからしとタレを入れて混ぜ、食べます。

豆が大きいので食べ応えがあります。そして、よく噛むので豆の美味しさを十分に味わえる!小粒を啜るように食べるのとは違った美味しさです。

ごはんにかけたり、何かと和えたりすると絶対大豆が勝っちゃうだろうな~というくらいうま味がある。これで3パック120円なら毎日食べたい。

納豆好きには絶対にたまらない味。いや、臭みが少ないので納豆嫌いでも食べられるかも!!

そして、添付の無着色カラシもすごく香りが良い。こだわっていることがわかります!

 

続いてお豆腐。こちら、申し訳ありません、手違いで画像がありません。

お店の人のご説明によると、月奴は湯豆腐や冷奴におすすめのやわらかめのお豆腐だそう。

パッケージには「木綿豆腐」と書かれているけれど、なるほどやわらかい。

 

こちらは出汁で温めて、湯豆腐として食べました。

食べた感想は、甘い!そしてやわらかいのに濃厚!でした。

しかも、大豆臭さが無いのです。近年食べたお豆腐の中で一番美味しいかも……。

こんな美味しいならもっと買えば良かった!!

 

まんまる納豆は雪の聖母園製ですが、月奴は「樺戸とうふ株式会社」というところで作られていると記載されています。

住所、電話番号が松田とうふ店さんと一致するので、こちらで製造しているのでしょう。

月奴以外のお豆腐も何種類かあったので、これらもきっと美味しいと思う。次絶対買おう……。

 

樺戸とうふ株式会社のお豆腐は、松田とうふ店さんだけではなく近郊のスーパーなどでも買えるようです。見かけたら絶対おすすめですよ!

お値段もお高くありませんしね。

道産大豆の力を感じました

まんまる納豆は月形産の大豆が使われています。

月奴は「北海道産」としか書かれていませんが、道産というだけで付加価値がある。

豆腐、納豆、豆乳などの大豆製品は、安さを求めるとどうしても輸入大豆のものになりがちですが、やっぱりたまに道産のものを食べるとすごく美味しく感じる。気分的なものもあるかもしれませんが……。

 

体に良くて美味しくて、しかも地産地消にもなる大豆は偉大な作物だ!と改めて思いました。

実は滝川市に向かう途中で結構急いでいたのですが、いやー、立ち寄ってみて良かった!!

 

ということで今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました