かき氷シーズン到来!拓北のかき氷屋さんに行って夏を楽しもう

スポンサーリンク
のれん お出かけグルメ
スポンサーリンク

宇治金時

北海道には意外とかき氷屋さんが少ないということ、ご存知でしたでしょうか。

その理由として考えられるものはいくつかあり、気温が上がらないからかき氷の売れ行きが良くないとか、こだわりのソフトクリーム店が多いからだとか、色々と言われています。

個人的には、本州のように時間をかけて凍らせる天然氷製造メーカーが少ないからじゃないかなと思っています。

北海道は名水がたくさんある上に寒いから氷もたくさんできそうなものですが、なぜでしょうね。

 

そんな北海道で、わざわざ羊蹄や北広島まで水を汲みに行って氷を作り、ふわふわのかき氷にして提供している稀少なお店があります。

その名も「かき氷屋さん」!札幌市北区、拓北駅の近くにあります。

先日の真夏日に、今年初めてのかき氷を食べに行ってまいりました。

スポンサーリンク

札幌市北区拓北、かき氷屋さん

拓北駅から徒歩2分にあるかき氷屋さん。駐車場も3~5台分あるので、車でもOK。

黄色い暖簾と、屋根のソフトクリームが目印です。

かき氷屋さん

ここは小さなお店ですが、屋外のテラス席がいくつかあるので意外と座れます。

メニューが店外に表示されているのでそれをじっくり見て、店内ではなく外に付いた小窓で注文します。

メニュー

かき氷の味だけでもかなりの種類がありますが、トッピングやアレンジメニューもたくさんあります。

お好みのトッピングを追加すれば、自分だけのかき氷が食べられます!!

 

また、こちらのお店では日替わりかき氷がお安くいただけます。お値段は普通盛り150円、大盛り200と通常価格よりも安い。この日はハワイアンブルー(ブルーハワイかな?)!

ブルーハワイ

ワーオ、日差しが強いせいで自分が写っている。

 

今回、何を食べたかというと……

日向夏

私は日向夏ソースのソフトクリームのせ(380円)。

オレンジソースよりもさっぱりして、レモンよりも酸味がきつくない日向夏ソースとフワフワ氷、そしてこだわりの養老牛放牧牛乳ソフトクリームの組み合わせ。

氷の美味しさというのは正直言うと繊細過ぎてあまりわからない。シロップをかけるとなおさら。

でも、ご家庭の氷のような冷凍庫臭や塩素臭さが全くなく、余計なことを気にせずただただ冷たさだけを満喫できる氷です。

そして削り方が素晴らしい……。お祭りのフラッペのようなジャリジャリ氷だと食べ飽きてしまうんですが、ふわっと薄く削っているおかげでいくらでも食べられそう。

そして、氷だけでは物足りないお腹だったのでソフトを添えましたが、このソフトがまたすごく美味しいんです。

濃厚で乳の風味が詰まっているという感じ。氷のシロップがたくさんかかったところと一緒に食べると、さっぱりとクリーミーを同時に味わえます。

 

ちなみに、同行者は宇治金時(370円)を注文していました。

宇治金時

氷に抹茶ソース、小豆と白玉(練乳か白玉か選べます)。

これが370円はとても安いと思う。ソースも小豆も甘いので、練乳よりも白玉添えがおすすめです。

氷に埋もれても固くならない、プルプルの白玉が美味しい。

 

お子さんからお年寄りまで、たくさんの人に愛されているお店です

今年は今回が初のかき氷屋さんでしたが、昨年の猛暑の折は何度もお世話になりました。

そのときに印象的だったのは、近所の老人施設からお年寄りがたくさん訪れていたこと。

一つの大きなかき氷を4人くらいでシェアしてとても美味しそうに食べていました。

かき氷はアイスクリームよりも吸収が良いし、体温が下がるし、熱中症対策に良さそうだなと思いました。

かき氷と言えばお子さんのおやつというイメージですが、暑い季節はお年寄りにもおすすめです。

のれん

かき氷屋さん

住所 札幌市北区拓北6条3-1-8
TEL 011-771-8246
営業時間 10:00~19:00 不定休

公式サイトはこちら

 

ということで今回はここまで。

暑さに負けず頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました