袋ごとレンチンして食べられる「神戸開花亭ハンバーグ(デミグラス、てりやき)」を食べてみた!

スポンサーリンク
パッケージ お出かけグルメ
スポンサーリンク

コーチャンフォーの食品コーナーで、常温保存できるハンバーグがあったので買ってみました。

しかも加熱はボイルではなく、袋ごとレンチンするだけで良いとか……。

これは非常食によさそうと思い買ってみました。

トップに写っているのはデミグラス味ですが、同時にてりやき味も買っています。

これら2つを食べた感想をお伝えします。

スポンサーリンク

「神戸開花亭」というのは神戸や大阪にあるお惣菜屋さんらしい

これらハンバーグ、ひとつ380円くらいだっただろうか?インスタントなハンバーグの中ではなかなかの高級路線です。

うらがわ

公式サイトを調べてみると「神戸開花亭」というのは関西にあるデパ地下お惣菜店のようですね。

本社は神戸ではなく大阪。

このハンバーグはそちらが監修しているレトルト食品シリーズのようです。

ハンバーグ以外にもカレー、ビーフシチューなどもあるみたいです。コーチャンフォーにもあったかな?

レンチンだけでOK!これは楽だね

このハンバーグ、袋ごとボイルするのではなく、袋から出してレンチンするタイプでもなく、袋ごとレンチンできるのです。

蒸気穴があり、破裂しない仕様になっているそうです。

スタンドパックになっているので、袋を立てて庫内に入れて500Wで3分。

庫内

3分後、蒸気をシューシュー言わせながらできあがりました。

袋を切るとき火傷しないように気を付けて、お皿に盛り付ける。

デミグラスとてりやきソース、頂きます

こちらはデミグラス。

デミ

マッシュルームスライスが数切れ入っているのですが、ハンバーグの下に滑り込んでしまいました。

ハンバーグは型抜きっぽい、つるっとした形です。思ったより大きめ。

食感はすり身のような……。ぷりぷり感があり、肉が細かい。つなぎが多いのでしょう。

肉は鶏肉が多いようで、あっさりめ。

ソースの味が濃い目なので、肉が負けちゃってる感じが否めない。ソースを食べる媒体だと思えばいいのか。

デミグラスソースはインスタントな味ですが、いかにもな本格洋食ソースよりもご飯に合うと思います。

値段を見ないで食べれば「まあ美味しいかな」と思える味でした。

 

次、てりやきソース。

てりやき

デミグラスより若干ソースがさらっとしている。醤油のあまじょっぱい香りが食欲をそそる。

ハンバーグ本体の食感はデミグラスの方と同じだが……。

てりやきソースがもう、激しょっぱい!ソースだけでご飯が一膳食べられるくらいの塩気です。

ハンバーグそのものにも多少味がついているので、ご飯が進んで進んですごかった。

付け合わせのサラダにもソースを絡めて、やっと中和されたくらいです。

正直に言って、素材の味がわからなくなるしょっぱさでした。

 

うーむ、てりやきはリピートはないかな。

でも、デミグラスも味濃い目ながら許容範囲だったので、こちらはまだ食べやすかったです。

北野エースのとか、伊藤ハムのは美味しかったな

これまでレトルトやチルドのハンバーグをいくつか食べ比べてきて、北野エースのハンバーグやスーパーでも買える伊藤ハムのはすごく美味しかったので、この神戸開花亭のものも期待していました。

でも、これでは高品質とは言えないな……。常温保存、袋ごとレンチンという便利さを差し引いても、もう少し改善の余地があるのでは。

 

これからも、美味しそうなハンバーグを求めて色々と食べ比べてみようと思います。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ買い食い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました