高級食パン専門店嵜本の極生ミルクバター食パンを食べてみた

スポンサーリンク
紙袋 お出かけグルメ
スポンサーリンク

高級食パンブームももう落ち着いてきたかな?という雰囲気ですが、それでも美味しいものは美味しい。

毎日食べるには高級で手が出なくても、たまに食べると「ああ美味しいなぁ」と思うんですよね。

 

最近はパンを自分で焼く方が多かったのですが、先日たまたま「高級食パン専門店 嵜本」の近くを通る機会があったので、いくつかある食パンの中から「極生ミルクバター食パン」を買って食べてみました。

スポンサーリンク

昨年札幌市に上陸した「高級食パン専門店 嵜本」

嵜本の札幌店は今は2店舗あります。先にできたのが、市電通り沿いにある南13条店の方。

昨年のオープンだったと思います。

今は大丸の中にもお店があるそうですね。

看板

今回買いに行ったのは南13条店の方。市電通りに沿って南下していくと、この看板が見えます。

駐車場は結構台数がありますね。

入口

シックでおしゃれです。高級感がある!

店前には焼き上がり時間や期間限定メニューの看板が。

焼き上がり時間

看板

時間が合えば予約なしでも&並ばなくても買えます

私が来店したのは14:00ちょうど。つまり、上の画像にある「極生ミルクバター食パン」の焼き上がり時間ちょうどだったのです。

焼き上がり時間に合わせて続々と車が駐車場に入ってきますが、予約している人ばかりではないみたい。

そして、行列ができるというほどの人数でもありません。

私も予約なし組でしたが、問題なく購入できました。

オープンからしばらくは予約しないと買えないような大人気店だったと思うのですが、落ち着いてきましたね。

確実に狙うなら予約がおすすめですが、焼き上がり時間に合わせれば予約なしで買うこともできるのはいいですよね。

 

ちなみに予約は前日14時が締め切り。お電話または店頭で予約できます。

予約時の注意点は、指定した受取時間から60分を過ぎると取り置きできなくなり、キャンセルとなってしまうことです。

 

価格はナチュラル食パンが2斤で900円、今回買ったミルクバター食パンが950円です。

その他、レーズンや黒糖など曜日で変わる食パンもあります。これらは具によって価格が変わります。

 

【店舗情報】

高級食パン専門店 嵜本 札幌南13条店

住所 札幌市中央区南13条西15丁目2-3
TEL 011-211-5454
営業時間 11:00~19:00 

お休みなどは公式サイトをご確認ください

焼きあがり直後の食パンはホッカホカ

受け取ったパンは焼き立てでほかほか。紙袋に入れられ、上が閉じられていない状態で渡されます。

袋の中身

(これは家に帰ってから撮った画像)

きれいに焼き色がついて、すごくいい香り。もう、今すぐちぎって食べたくなる。

でも我慢我慢……、車中に小麦と乳製品の甘い香りを充満させながら帰ってきました。

 

お店の方によると賞味期限は購入日を含め4日間。2斤を4日で食べきるのは難しいので、半分はスライスして冷凍します。

残りは翌朝の朝食に。

「極生」と付くくらいですから焼かずに食べるのがおすすめのようです。

が、焼いたものも用意してみました。

パン

焼いていない方はきめ細かく真っ白。焼くときれいにきつね色になります。砂糖を多く使っていることが食べる前からわかる。

 

焼いた方はふわっふわで甘い。ケーキか、と思うくらい甘いです。しょっぱいおかずとは合わなそうですが、酸味の効いたジャムなど合いそう。

嵜本はジャムもかなりの種類置いています。いろんなジャムと合わせたくなる美味しさです。

 

焼いた方は表面サクサクで中がふんわり。ややもちっとします。

熱が加わったことによってよりバターの香りが立ち、この甘さも相まってクッキーみたいな味わいになります。何も付けなくても美味しい。

 

生&焼き、どちらも違った美味しさがあります。朝食はもちろん、おやつにしてもいいような味でした。

高級食パンを名乗るだけあってリッチな味わいです。950円は伊達じゃないなと思いました。

近くにあるハレパンも食べてみたい

この日、この嵜本と、近くにある「ハレパン」という高級食パン店のどちらにするか迷ったのです。

ハレパンは最近オープンのお店で、まだ行列だったり、下手をすると売り切れの可能性もあるなと思って嵜本の方にしたのでした。

ハレパンの食パンも落ち着いたころに試してみたいです。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました