バスセンター前のパン屋さん「ア・トン・コテ」、閉店してすぐ再オープンしていた!

スポンサーリンク
入口 お出かけグルメ
スポンサーリンク

先月あたりにとある場所で小耳にはさんだ、「バスセンター前のア・トン・コテが7月中で閉店するらしいね」という噂。

えーーー!!2回くらいしか行ったことがないけど、すごく美味しくて好きなお店なのに!!と驚いたものです。

オープンした年だったかな?3年前に一度行った記事もあります。

ブーランジュリ カフェ&ブラッスリー ア トン コテに行ってきました
バスセンター前駅のすぐそば、パン屋さんとカフェが一緒になった「ア トン コテ」に行ってきました。本格フレンチの軽食と本格フレンチスタイルパンが美味しく楽しめるお店ですよ。

 

うーん残念、と思っていると、8月に入ってからインスタ経由で「パン屋さんだけ再オープンしたらしい」という新たな噂が……。

その噂を確かめるため、さっそく行ってきました。

スポンサーリンク

パン屋さんのみで再出発した、ブーランジュリ ア・トン・コテ

普段はバスセンター駅周辺にはあまり行かないのですが、この日はサッポロファクトリーとナガヤマレストに行った帰りでした。

お店の前を通りかかってみると……、外観は前に行ったときのまま。そして窓からパンが並んでいるのが見えるので、営業していることがわかります。

ただ、右側のブラッスリーは閉まっていますね。

 

他にお客さんがいないので写真を撮らせてもらいました。

店内

お店は広くはないけれど、すっきりとして取りやすい陳列。内装の色合いもきれいです。

レジ前

午後3時前くらいでしたが品揃えは良かったです。開店から2時間で売り切れるようなパン屋さんが増えているので、遅くても品物があるパン屋さんはありがたい。

あれこれ迷って、パンオルヴァン(300円)1個、クロワッサン(220円)2個、パンオショコラ(250円)1個、クリームパン(170円)1個を買います。

冷ケースの中のフルーツを使ったデニッシュも食べたかったけれど、30℃以上の猛暑日だったので持ち歩きに不安を感じて諦める。

 

合わせて1160円。会計時に、「閉店されたと聞いたのですが……」と話しかけると、母体の会社の閉業に伴い閉店したのは間違いないけれど、少し休んでからパン屋さんだけで再オープンしたとのことでした。

そうだったんですね!パン屋さんだけでも復活してくれて嬉しい。

 

ただ、ア・トン・コテはスタンプカードがあるのですが、閉店の報を聞いた時に捨ててしまっていたんですよね。

それをお伝えして新しく作ってもらおうと思ったのですが、「どれくらい押してあったか覚えていますか?」と聞かれて、正直に「いやあ、来店2回くらいなのでそんなには……」と答えると、「じゃあ5個ぐらい追加で押しておきますね~」と、今日買った分に加えてスタンプをサービスしてくれたのです。

近いうちに絶対また来る!と心に決めた瞬間でした……。

 

帰ってパンを食べますよ。

クリームパンは確か、前に記事にしたときも感想を書きましたね。

カスタードがしっかり固いタイプで、バニラビーンズが入っていて高級感のある味です。相変わらず美味しい。

クロワッサンやパンオショコラは前に記事にしたときは買ってなかった。

クロワッサン類

層が薄めで中がふわっとしたタイプのクロワッサン。バターの香り、小麦の香り、焼き色が付いた表面の香りが一体となってたまらない!

パンオショコラは同様の生地にチョコが入っているだけなのに、クロワッサンより層が浮き上がっていて軽くて、チョコの甘味渋味が広がって美味しい。大好きです。

 

ルヴァン

パンオルヴァン、天然のルヴァン酵母のパンですね。ルヴァンのパンと言えば酸っぱい味のものも多いですが、ア・トン・コテのは酸味はあまりなく、でも生地のうまみがちゃんと引き出された味です。

有塩バターがよく合う。軽く焼いて、バターを点々と置いて、溶けきってないところを食べるのがたまらなく美味しい。(塗り方ヘタですみません)

スライス

ハード系も甘い系も美味しいパン屋さんは信頼できる!

もう少し涼しくなったらデニッシュを買いに行くぞ!

【店舗情報】

ブーランジュリ ア・トン・コテ

住所 札幌市中央区大通東3丁目1-1 トルチュビル1F
TEL 011-215-1191
営業時間
ブーランジュリ 9:00~19:00(パンが無くなり次第終了)、土日祝は8:00オープン
定休日 月曜(祝日の場合は翌火曜休み)、ほか不定休

もう8月も終わりますが……、営業予定はこんな感じでした。

カレンダー

再オープンして良かったお店ナンバーワンだわ

2回ほどしか行っていないお店なのにどれも美味しかった記憶しかなくて、どの系統のパンも他人にお勧めしたいくらい上質で、憧れのパン屋さんでした。

だから閉店の話を聞いた時は心から残念に思ったものです。

それが再オープンとなって本当に嬉しかった。

この経験を忘れず、「いつでも行けるし」と思わず、機会があればなるべく立ち寄って、気になるパンを買って食べることにします。後悔したくないですしね!

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました