プリン大福が大人気!小樽のプリン専門店「アンデリス」

スポンサーリンク
アンデリス お出かけグルメ
スポンサーリンク

アンデリス

昨日、小樽の亀十パンに行った話を書きましたが、パンだけではなくスイーツも……と欲張って、これまた南樽駅近くのプリン専門店「アンデリス」にも立ち寄りました。

後で調べて知ったことですが、このお店のプリン大福が今ブレイク中だそうですね。

土日は売り切れるのが早いのだそうです。

この日は平日だったので、無事に買うことができました。もちろん定番商品のプリンも!

スポンサーリンク

小さなプリン専門店 アンデリス

思えばこのお店の場所は、昔は自家焙煎のコーヒー豆屋さんでした。

いつも聖歌が流れていて、心の中で「キリスト様の店」と呼んでいた……。

 

それがいつの間にか(10年くらい前?)プリン専門店になっていました。

坂の中腹、車が停めづらいところにあるんです。特に冬場はちゃんと除雪されていないため道幅も狭く、歩道も消滅状態……。

この日は近くの病院のお見舞いついでだったので、そこの駐車場に停めたまま、歩いて行きました。

店内

店内は小さく、冷ケースの中にプリン各種が並びます。
店内

そして、下段は全てプリン大福。なぜこんなにプリン大福が……と思いながら、こちらも2個購入。

普通のプリンも2つ買います。(復刻されたという生プリンとベルギーショコラプリン)

後で調べてみると、このプリン大福が新名物のようです。休みの日には昼過ぎに売り切れるとか!

 

帰って早速プリン大福。
大福

いわゆる大福もちではなく、プリンを薄い求肥で風呂敷包みするように包んでいます。

断面。プリンの回りに薄く生クリーム。カラメルは入っていません。

断面

食べると求肥がプリンと生クリームと同じくらいの柔らかさで、すごくなじんでいる。雪見だいふくの皮のような感じ。

これは売れるのわかるわ……とても美味しい。プリンの固さもちゃんと求肥に合わせている。生クリームも上等な味がします。

1個の値段は安くありませんが、軽くていくらでも食べられる味。2つだけじゃなくもっと買えば良かったと後悔するほどです。

 

今回はノーマルタイプのプリンもあるんだから!

生プリン

こちらは定番ではなく、開業当時の商品を復刻したもののようです。

ビーンズたっぷりの緩めのプリンにカラメル、そして上部を生クリームで満たしている。

これはプリン大福より薫り高くリッチな味です。

スイーツにうるさい人を納得させてくれそうな味。

ショコラ

ベルギーショコラプリン。(持っている手についている黒いのはコーヒー豆です……。汚れててすみません。)

ジャムのように瓶詰されています。これだけ消費期限がちょっと長かった。生クリームを後乗せしていないからかな?

中はカスタードクリームのようになめらかで、でもしっかりしていて濃厚、チョコの風味が強く感じられて、甘さの中に苦みや渋味があって大人の味。

そうだ、これは昔買って食べたことがあるぞ!うちに同じデザインの瓶があった気がする。

 

プリン大福が大人気なのもわかりますが、それ以外の商品も優れているいいお店です。もっと続いてほしい!

 

小樽のプリン専門店 アンデリス

住所 北海道小樽市住ノ江1-5-1
TEL 0134-34-1616
営業時間 10:00~18:00 売り切れ次第終了 水曜定休

ショーケースの上にはたくさんのバニラの莢が!これだけビーンズを入れていたら莢もたくさん発生しますよね。

バニラ

この坂道は危険

坂の街小樽というだけあって、アンデリスも坂道の途中にあります。

結構急な坂なのですが、なぜかこの道は昔からあまり除排雪が入らず、そのため歩道は消滅状態のところも。

下れば大きな交差点に向かう道だし、上れば快速列車も停まる駅なので車も徒歩の人も結構多いのですが……。

 

だから、この坂道を歩く際には周囲にご注意を!事故は免れても泥水をかぶったり、後ろから大きなクラクションを鳴らされたりする可能性があります!

お店に行く際には、安全第一ですよ~。

 

ということで今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました