北広島市の「うのや藤井」で豆腐その他を買ってきた(詰め放題はお休み中)

スポンサーリンク
うのや藤井 お出かけグルメ
スポンサーリンク

しばらーく前にどさんこワイドか何かで紹介されていた、油揚げの詰め放題があるというお豆腐屋さんに行ってきました。

「うのや藤井」というお豆腐屋さんで、北広島市にあります。

調べると今は新型コロナの影響で詰め放題はお休み中とのこと。

でも、お店側が用意したお徳用袋があるということです。

 

天気が良い日に遠出する機会があり、ちょっと行ってみました。

スポンサーリンク

大曲工業団地の豆腐直売所

うのや藤井さんは、大曲のジョイフルAKや三井アウトレットパークがあるあたりに直売所があります。

うのやさんという看板と、

うのや

ふじいさんという看板が一つの建物についている。

うのや藤井

正式名称は「(株)うのや藤井」さんとのこと。

 

建物前に駐車場があります。ラインなど引かれていないので、ほかの車と揃えるように、かつ通行の邪魔にならないように駐車する必要がある。

到着は11時過ぎ、店内は小さく、且つ品物も少なかった。

正面に油揚げ類、右手側に豆腐類の冷ケースがあります。

既に一組のお客さんがいたので写真許可をもらわずにただ商品を選ぶ。

レジかご代わりの竹ザルがあるので、これに商品を入れます。

道産大豆の豆腐類、油揚げやがんもなどの揚げ物類、そしてこんにゃくもありました。おからは無料サービスのようです。

目当ての500円のお得な袋は売り切れだそう。今はTV放送直後のように開店前に並ぶ人は少なくなったが、やっぱり人気なので開店直後になくなることが多いそう。ちょっと到着遅かったか。

そこまでお得ではないけれど、一袋100円のアウトレットな袋詰めもあるので、これを買うことにする。

 

買った商品は持参の保冷バッグに入れて帰る。なんてったって遠くから来ているので。

 

買ったもの。

寄せ豆腐(道産つるの子大豆使用とのこと)350円、きぬ豆腐280円、がんも4個150円、揚げの端っこの詰め合わせ100円。おからは無料サービスです。

買ったもの

寄せ豆腐は結構いいお値段。きぬはお試し価格と書かれていたような気がするので、定価よりは安いのかもしれない。

 

このうち、揚げ、おから、がんもは冷凍しました。

きぬ豆腐は湯豆腐に。

湯豆腐

今が旬のセリを入れて。

盛り付け

ポン酢だけで頂きます。

これは、絹ごしの中でもかなり緩い部類に入る。なんとか固形を保っている豆乳という感じ。

味はあっさり、薄いと言えばまあそうなのですが、水っぽい薄さではなく、淡い味です。上品。

いかにも「大豆!」という主張がない分、物足りないと思いつつも、いくらでもいける湯豆腐です。

この淡さとセリがよく合う。セリをもっとたくさん入れればよかった。セリ湯豆腐、おすすめ。

かなり好きなタイプのきぬ豆腐です。緩い豆腐とか緩い水ようかんとか好きなんです……。

 

寄せ豆腐。

寄せ豆腐

これは冷たいまま、つまり冷奴として頂く。薬味は玉ねぎカツオ、ごま油と醤油で食べる。

冷奴

でも、薬味がパンチ力高いのでまずは豆腐だけで食べる。

こちらも緩いと言えば緩いのですが、きぬよりしっかりしている。ほど良く水分が抜けています。

そしてその分大豆の味、特に甘味がよく感じられる。美味しいなぁこれ。すごく美味しい。350円は高くないぞ。

薬味と一緒でも当然美味しく、おかずにもおつまみにも満足の味でした。

 

揚げとがんもは近日煮物にしよう。その前におからを炊こう。

遠くてなかなか行けない場所ではあるけれど、いい商品があるお店でした。

きっと詰め放題が復活するのはまだまだ先だと思うけれど、その前にでも500円の詰め合わせを買いたい。次はもう少し早めに行こう。

 

【店舗情報】

(株)うのや藤井

住所 北広島市大曲工業団地8丁目 3番2号
TEL 011-377-5008
営業時間 10:00~17:00

バッテリー上がりも回避できてよかった

今回、実はバッテリー上がりを回避するための遠出なのでした。

車必須の地域に住んでいるのですが近くに一応スーパーはあり、冬は一気に乗る頻度が下がるので、いつもこれくらいの季節になるとバッテリーを回復させるために遠出をすることになる。(アイドリングストップが作動しにくくなるのが目安)

今年は特に外出自粛ムードがあり出かける回数が減ったので、バッテリーの減りが心配です。

しかし、今回は高速道路を使ってなるべくノーブレーキで走ったので、かなり回復したはず……。

 

今回はここまでにします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ 豆腐屋さん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました