マカリイズマーケットで買ったメノさんの自然卵

スポンサーリンク
パッケージ お出かけグルメ
スポンサーリンク

南円山エリアにある「マカリイズマーケット」という、とてもおしゃれなオーガニック食品のお店で卵を買ってきました。

メノビレッジ長沼という農場で生産された平飼い卵「メノさんの自然卵」です。

店員さんも「メノさんの卵美味しいですよ!」と言っていたので、さっそく食べてみます。

スポンサーリンク

おしゃれなお店に安全な食材がたくさん!マカリイズマーケット

マカリイズ

環状通沿いにあるマカリイズマーケット。

すごくおしゃれなのに、入りやすい店構えです。お店の前に駐車場が何台分かありますが、交通量の多い道路沿いなので入庫の際はご注意を。

土地柄なのか大型の高級車が多く停まっているので気を遣うわー。

 

マカリイズマーケットはオーガニックな野菜や果物だけでなく、卵やお豆腐、味噌などの日配品のほかお菓子や乾物などの加工品もあります。もちろんこれらもオーガニックなものばかり。

お値段はやや高めですが、何でも手に入りそうな品揃えです。

 

卵はメノビレッジ長沼のもののほか、ユニファームの卵もありました。こちらの方が安かったのですが、今回はせっかくなので買ったことの無い農場のものを買います。6個で420円くらいでした。

この日はユニファームの卵なら特売だったようです。次回、特売に当たったらそちらを買おう。

地域で支え合う農業を実践する「メノビレッジ長沼」の卵

メノビレッジ長沼は養鶏業だけではなく、野菜、お米、麦などを栽培し、それらの農産物を使った加工品なども生産しているようです。

また、「CSA(地域で支え合う農業)」といって生産者と消費者が直接農産物を受け渡すシステムを目指しているとのことです。

その一環の中で生産されたのが、今回購入した「メノさんの自然卵」です。

卵

茶色い卵の中は、クリーム色の黄身と新鮮な白身。画像が薄暗くてわかりにくいですね。

中身

臭みがない卵です、生食すると、コクがあって白身にも味があります。

 

生食のほかシフォンケーキにもしてみます。プレーンは飽きたのでココア味にします。

シフォン

白身はすぐに泡立ちましたが、黄身はしばらく混ぜないともったりしませんでした。

平飼い卵の黄身ってこういう現象がたまにある。なんだろう、受精して黄身の成分が変わっているとか何かなのかな。有精無精関係なく、餌の成分なのかも。

カット

ココアの風味で卵の味が分からなくなるかも?と思いましたが、そんなことはない。しっかり卵の味と香りがわかる。

ふんわり軽いのにうまみがあります。そして臭みはありません。ココアにマスキングされているとはいえ、香りのよい卵です。

 

残り、2つあるので、これは明日いいお肉のすき焼きにする予定なので、そのお供にして食べます!はー楽しみ!

今のところマカリイズマーケットでしかお見掛けしません

メノビレッジ長沼の名前は、実は少し前から知っていました。

夏に食べたチーズ工房タカラのソフトクリームの看板に「メノビレッジ長沼の卵使用」という記載があったような気がします。

でもどこで買えるかわからないので忘れかけていたところ、今回見つけてラッキーでした!

 

メノビレッジ長沼ではパンも焼いているそうです。これもいつか買って食べたいです。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました