羊蹄山眺めに喜茂別に行かないか!(2)チーズ工房タカラ

スポンサーリンク
お出かけグルメ
DSC_0259
スポンサーリンク

(1)フォレストシーンに続き、喜茂別のグルメスポットをご紹介です。

ずっと行きたかったチーズ工房タカラさん。

でも、分岐のところで支笏湖方面に向かう機会が無く、先延ばしにしていたんですよね。

やっとチャンスが巡ってきたので、立ち寄りました!

スポンサーリンク

幸せな牛のミルク 牧場・チーズ工房タカラ

この「幸せな牛のミルク」と付くのが正式名称のようです。

確かに、工房周辺の牧草地にはゆったりのんびりした牛たちをたくさん見かけました(密集しているという意味ではありませんよ!念のため)

ここは恐らく札幌から一番近いチーズ工房。

札幌から230号線をずっと進んで、喜茂別町の分岐点で276号線に進んだところにあります。

新得の共働学舎やチーズの本場フランスで修行された方が立ち上げたチーズ工房だそうです。

 

売店はおしゃれな木造りで、保冷ケースに並んだチーズをお店の人に取ってもらうシステム。

小さなお店ですが、フレッシュ、半硬質、硬質と、販売しているチーズの種類は多めです。

こだわりの牛乳から作られるチーズは本当に味が濃くて美味しい!

私は今回は「タカラのレタラ」という瓶詰になったフレッシュチーズと、「タカラのヤッコ」というホエーを煮詰めて作られるチーズを買いました。

タカラのレタラ、大瓶(380g)。561円。

恐らく、フランスのフロマージュブランと同じ製法のチーズではないかなと思います。

冷やして、いちごとミントと黒胡椒のジャム(このジャムの入手元については後日!)をかけて食べました。

食欲に負けて撮影前に食べてしまいましたので、小さめ画像でごまかします。

これがすっごい美味しい。

乳酸発酵させている(で合っているよね、多分)のでヨーグルトっぽい風味なのですが、それよりも全然濃い!濃厚!

カッテージチーズなどにもみられるフレッシュチーズのざらっと感も少しだけあるのですが、それがまた柔らかい味を作っているように感じました。

酸味は穏やかで、牛乳の美味しさが100%出ているって感じです。

何かしらの料理に使うつもりでいましたが、これはそのまま食べるよりも美味しい食べ方は無いでしょう……。

明日の朝食時に食べきってしまうと予想。瓶も素敵なので再利用しよう!

 

「タカラのヤッコ」の方はお土産にして他の人に差し上げてしまったので手元に無いのですが、これもきっと美味しいはず!

オリーブオイルをかけて食べると美味しいとアドバイスして下さったので、今度はそれを買ってとっておきのオリーブオイルをかけて食べたいです。

 

こちらのお店は牛乳やソフトクリームも販売しています。

ソフトクリームは食べたかったけれど満腹だったので断念しました。まあ、車で2時間もあれば行けるので夏のうちにまた行こう。

涼しくなった頃にはハードなチーズも食べてみたいな~!なぜか、フレッシュチーズは夏、熟成チーズは寒い季節に食べたくなりますよね。

 

チーズを購入するとこんな小冊子を付けてくれます。↓「だいたい」がキーワードのようですね。好感度大!

通販もできるようなので、遠くの方は下記のお電話番号へお問い合わせを!!(ネット通販は行っていない模様です)

 

【追記】この後、ソフトクリームも食べに行ってきました。

真っ白ではなく黄色みがかったソフトで、とても濃厚な美味しさでした。

いい牛乳はソフトクリームにしても美味しいってことがよくわかる味。是非、これからの暑い日に食べに行ってみて下さいね。

 

幸せな牛のミルク 牧場・チーズ工房タカラ

北海道虻田郡虻田郡喜茂別町 中里 2-7
TEL 0136-31-3855(工房・売店の番号です)
営業時間 11:00~17:00(水・木定休とされていますが、変わることもあるようなので出発前にFacebookなどチェックして下さい)

次回予告

やっぱりチーズ工房タカラだけでボリュームが大きな記事になってしまったので、ソーケシュ製パン×トモエコーヒーの記事は次回になってしまいます。

チーズ工房タカラからまっすぐ支笏湖方面に進むと、ほどなくしてソーケシュ製パンに辿り着きます。

なので、訪れる時は2店とも一気に回るのがおすすめ。パンとチーズは一心同体ですからね!

次回はソーケシュ製パン×トモエコーヒー!ここでも美味しいものとの出会いがありましたよ。

それでは、次回(多分明日)をお楽しみに!

スポンサーリンク
お出かけグルメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました