意外と安い?!千歳「ドレモルタオ」のソフトクリーム&パルフェ,

スポンサーリンク
パルフェ お出かけグルメ
スポンサーリンク

外観

晴れた日に、札幌からちょっと足をのばして千歳近辺まで出掛けてきました。

道の駅で軽く昼食にした後甘いものが食べたくなったので、千歳の中心部からほんの少し進んだところにある「ドレモルタオ」に立ち寄ることに。

ルタオと言えばその文字からわかる通り小樽の有名菓子店ですが、千歳のお店もなかなか人気のようですね。

スポンサーリンク

カフェとパン・スイーツ販売で棟が分かれる ドレモルタオ

ドレモルタオは二つの建物に分かれていて、向かって右側がカフェ、左側がパンと生のテイクアウトケーキ、お土産菓子とソフトクリームなどの売店になっています。

カフェ

こっちがカフェ。メニューを見ると高め。

パンケーキなどが人気のようですが、ドリンクなしでも1500円する……。

 

ランチ後だったし軽くていいか、と思いソフトクリームを買いに左の棟へ。

売店

店内、すごーく広い!天井高い!

店内1

そして箱入りのお土産菓子。おなじみのものが多いですね。

お菓子

スタッフさんがお茶とお菓子の試食を配っていましたが、もらえなかった……。

まあいい、ソフトクリームを買います。店内にイートインカウンターがあるので、ここで食べられる。

ソフト売り場

ソフトクリームは「クレームグラッセ」という名前で、ジャージーミルク(いわゆるプレーン)が333円、5種類のチーズが入った「サンクフロマージュ」、2種類のミックス「マリアージュ」が362円。

ここで作ってもらえるのはこの3種だけではなく、「パルフェフロマージュ」というものもあります。

これはソフトクリームに自慢のドゥーブルフロマージュを大胆に載せ、チョコやベリーのソースをかけたもの。556円……。意外と安いな。

最近高級ソフトや高級パフェを食べる機会が多かったので、金銭感覚が狂っているかもしれない……。

 

ということで同行者はクレームグラッセのマリアージュ(色の違いがわかりにくいですが、ちゃんと2色です)、

ソフト

私はパルフェのショコラを。

パルフェ

小さめですが、このドゥーブルフロマージュが嬉しい!

チョコはとろーりとしたソースのほか、削った固形のチョコもたっぷりかかっています。

底の方はコーンフレーク多めですが、食べ応えは十分です。

ソフトクリームとチョコは濃厚だし、なんてったってドゥーブルフロマージュが美味しい。チーズの酸味がさっぱり感じる。

 

同行者のクレームグラッセも味見させてもらいました。

これはシンプルな分チーズの味がしっかりして、コーンもメープル風味の(最近よく見るやつ)サクサクなやつで食後のおやつにちょうど良いボリュームでした。

 

【店舗情報】

ドレモルタオ (Doremo LeTAO)

住所 千歳市朝日町6-1-1
TEL 050-5570-2975
営業時間 【スイーツ&ブレッドショップ】10:00~18:00
     【カフェ】11:00~18:00(ラストオーダー17:30)

パンもかなり種類豊富です

店内2

パンコーナーはかなり大きくスペースを取っていて、主に菓子パンやチーズを使ったピザっぽいパンが多いようでした。

ややお値段は高めですが、パンもしっかりお土産に買う。

パン

パンオショコラ、チーズとコーンのパン、塩パン。塩パンは200円くらい、ほか2つは300円くらいだったろうか……。

パンオショコラは甘さ控えめで薫り高いチョコが多め、ただ粉砂糖が振ってあるのでリベイクすると焦げる。これは買ってすぐ食べるのがベストだな。

チーズとコーンのパンはパン生地が少なく、チーズソース(マヨネーズっぽい)とコーンがどっさり。コーンが甘くて、これはすごく美味しいです。

塩パンは引きが強めの生地にちゃんとした美味しいバターがじゅわっとして、カロリーを忘れて貪りたくなる味です。

どれもいい材料を使っていることがわかり、さすがお菓子屋さんのパンだなと思える味でした。

アプリ特典に注意

パルフェができるのを待っている間、「ルタオアプリをDLするとテイクアウト商品ひとつプレゼント」の看板が目に入りました。

これはお得、と思ってDLして店員さんに見せると、「当店ではクレームグラッセをプレゼントしています」とのこと……。

今買っちゃった分を差し替えることはできないようなので、またここに来るか、小樽や新千歳空港のお店で使うかしないといかん。期限は無いそうです。

(ちなみに札幌市民が行きやすい大丸札幌店、ステラプレイスのグラッシェルでは使えないそうです)

 

これからアプリをDLして特典をゲットするおつもりの方は、是非クレームグラッセを食べる前に!

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました