全国陶器まつり(発寒会場)に行ってきました

スポンサーリンク
その他お出かけ
DSC_0235
スポンサーリンク

曇天の中、全国陶器まつり発寒会場に行ってきました。

 

7/1~9まで屯田で開催されていた全国陶器まつり。

偶然立ち寄り、ぞうさんの絵柄が付いた茶碗を購入したことを数日前に書きましたが、このぞうさん茶碗がとても使い勝手が良かったので、もう一つ買い足すことにしました。

この発寒会場でもいくつか戦利品を獲得したので、それをご紹介します。

スポンサーリンク

発寒会場は7月23日まで!

HPには会場は発寒西公園横と書かれていますが、実際はその隣の区画にある「グランファーレ琴似ステーションサイド」というマンションのモデルルームの横で開催されています。

トップ画像のような黄色いアドバルーンが上がっているので遠くからでもわかりやすいですよ。

 

ただ、モデルルームの入り口(大きなアーチがあります)をくぐって入場するので、ちょっと戸惑ってしまうかも。

でも、勇気を出してアーチをくぐれば、陶器まつりの看板があるのでホッとします。

そんな発寒会場では7/23まで開催中です。焼物好きは見て回るだけでも楽しめるので、興味のある方は是非。

 

取り扱っているのは一枚数百円の小皿や小鉢から、数十万円の名工による壺まで。

また、陶器以外にも木工家具や刃物、籐細工などがあります。

普段使うお皿が欲しい、ちょっと飾れる作品が欲しいというどちらの要望も満たしてくれる価値の高いイベントだと思います。

今回の戦利品

やっぱり商品が陳列されている様は撮影しない方が良さそうだと判断したので、今回の戦利品のみご紹介します。

 

まず、中央のお茶碗。これは屯田会場で一つだけ買ったものと全く同一。1800円のものが1000円で安売りされていました。お買い得!

これ、絵柄のかわいさに惹かれたのももちろんなんですが、厚みがあって手になじむ感じで、とても使いやすいんです。

軽さが売りの食器が増えていますが、大人が使うならちょっと重さがあった方がしっくり来ますよね。

 

そして、左側の黒いものは陶器ではなく金属製の「鉄輪(かなわ)」です。

三匹の兎が輪っかを支えているデザイン。まるで落ちてくる人を布で受け止めようとする人たちみたい。

旦那が使い方を考える前に一目で気に入って買ってしまいました。

本来の使い方は火鉢に入れて五徳のように使うのだそうですが、うちではどうやって使おうかな……。火鉢無いし。

とりあえず鍋敷きとして使っています。コーヒーピッチャーが丁度はまる大きさでした。

これは1800円の値札が付いていましたが、会計時に1500円に割り引いてくれました。

 

そして最後は、右側の羊です。イイ顔でしょう?

これは実用品ではなく、完全に観賞用の置物です。

実は、屯田会場でも気になっていて、でも5000円と高かったので一度買うのを諦めているんです。

で、今回も未練がましく眺めていたら、お店の方が「3割引きの3500円でいいですよ」と言って下さったのです!

そう言われたら買うしかありませんよね~。

と、いうことで、めでたくうちの動物置物シリーズに加わることになったのです。

陶器まつりは良い食器を安く買うチャンス

いかがでしたでしょうか。

今回の戦利品は全て値引き価格で購入できたのです。

恐らく他の商品も交渉次第で値引きしてくれそうな感じなので、値札を見て「高いかな……」と思ってもすぐに諦めず、値引きできるか店員さんに尋ねてみると良いと思います。

 

再度申し上げますが、発寒会場は7/23までです。

このチャンスを逃すと札幌の陶器まつりは来年まで開催されません。

焼きもの好きの人は見るだけでも是非行ってみて下さいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。では、今回はここまで!

スポンサーリンク
その他お出かけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました