ダイエット ダイエットのたわごと 美容健康のこと

風邪を引いたら体重落ちた!風邪はダイエットになるのか?!

投稿日:2017年6月15日 更新日:

まだ完治はしていないのですが、ここ数日の間、数年ぶりの重症の風邪にやられていました。(しっかり記事を更新する元気はありましたが)

そして寝込むこと3日、体重が3kg落ちておりました。私にうつしたうちの旦那も2kgくらい痩せたらしい(彼はしっかり3食食べていたので落ち率が低い)。

風邪やインフルエンザにかかるたびに思うのですが、病気って痩せますよね。

今回は、風邪を引くとなぜ痩せるか?について考えてみました。

実体験によるものです。医学的な根拠は薄いものなので、たわ言と思ってお聞きください!

広告

風邪で痩せる理由は……?

まず、風邪によって体重が落ちる理由を色々考えてみます。

単純に食べる量が減る

風邪を引くと単純に食欲が落ちますよね。寝込んでばかりなので3食は食べられず、朝~昼は薬を飲むためにクッキーをつまむ程度、もしくはお腹に優しい汁物メインの食生活、そして夕食は普通食ですが量は半分くらい。

夕食のメニューも普段のようなガッツリ飯ではなく、油を使わない煮物などの汁たくさんの料理でした。これでは少ない量でお腹が膨れて当然です。

つまり、カロリーの摂取量が普段に比べて激減したということですから、例え3日間でも痩せるのは当然ですね。プチ断食というものもあるくらいですし……。

発汗によって体内の水分が抜ける

身体はウイルスに対抗するためにどんどん発熱して発汗していくので、身体は必然的に水分を欲するようになります。でも、寝込んでいると水を飲むためにキッチンに向かうのもつらいんですよね。

しかし脱水症状が怖いので、トイレに立つたび水をコップ一杯飲むというように心がけていました。(思えばトイレの回数が多かったように思います。これは、飲んでいた風邪薬に無水カフェインが入っていたからでしょうか?)

ですが、これでは尿の分は補給できても発汗で出た分は補給しきれていない計算になります。

よって、身体の水分が抜けた分、減量したと考えられます。

急に便通が良くなり宿便が出た

下痢ではないのですが、風邪を引いている間はなぜか急に便通が良くなったように思います。

普段から便秘気味なのですが、風邪薬のせいなのか、それとも緊張感のない寝込み暮らしが腸をリラックスさせたのか、風邪の間は毎日適切な量かそれ以上の排便がありました。

水分は不足しているはずなのに、不思議ですね。

考えられるのは、極端に食べる量が少なくなったせいで身体がプチ断食状態になったということでしょうか。

プチ断食って胃腸が休まって宿便が出ると言われていますよね。

逆に考えると、普段は胃腸を過剰に働かせているから便秘気味なのかもしれません。

そう言えば、普段は帰りが遅い旦那に付き合って夜10時に夕食食べてすぐ寝るとかが多かった……。風邪の間は旦那の帰りも早かったんですが。(旦那も風邪を引いていたから)

風邪の苦しみがあるとはいえ、これは良い効果ですね。

咳や発熱によってカロリーの消費量が増えた

カロリーとは、身体の熱を作る燃料です。つまり、風邪の時の発熱はカロリーを消費して行われているということになりますよね。

また、咳は腹筋を使いますから、何度も咳をしていると腹筋が鍛えられると言われています。

これらの効果により、同じく寝ているだけでも健康な時とは比べ物にならないカロリーを消費していると考えられます。

実際に咳をしまくった結果、現在腹筋が筋肉痛です。確実に腹筋を使っていますね。さすがに割れるほどではないですが……。

発熱も38℃弱ですがありました。最近体温が低めなので、この程度でもグッタリしてしまうんですよね。

3日間何もせず寝込んでいるように見えても、身体の中ではウイルスと戦うという重労働が行われている証拠ですね。

ちなみに、私より2日ほど前に発熱した旦那(同じく38℃弱)は、夜中にパジャマを3回取り換えるほどの発汗がありました。

私はちょっとだけ発汗しましたが、衣類が濡れるほどではなかった。この違いは筋肉量の違いなんでしょうか?

とにかく、カロリーを消費して風邪を治すということは確かだと思います。

以上のことから考えられるのは……リバウンドしやすいということ!

以上のことから、痩せた理由は摂取カロリーの極端な減少、水分不足、宿便の排出、カロリー消費量の急増ということがわかります。

宿便はともかくとして、摂取カロリーを過剰に抑えて消費カロリーを上げるダイエットは短期的に効果が出やすいですがリバウンドしやすいと言われています。

それは、一日の基礎代謝量を下回るカロリー摂取量だと脂肪ではなく筋肉を燃やして熱を作るように身体が働いてしまい、その後のカロリー消費量が下がってしまうからです。

つまり、この風邪によって筋肉が落ち(腹筋は付いたかもしれませんが)、今後のカロリー消費量が下がると考えられます。

しかも、抜けた水分も適切に水を飲んでいればじきに戻りますから、減った分の体重はすぐに元通り、それどころか増えてしまう可能性が高いです。

風邪ダイエットは一時的には痩せますが、やっぱり健康的なものではないようですね。

リバウンドしないためには……?

でも、リバウンドはやっぱりしたくない。

風邪ダイエットの後にリバウンド対策としてできることは、やっぱり筋トレでしょうね。

寝込んでいる間にエネルギー源として使われた筋肉を取り戻すために、毎日少しずつ筋トレしていこうと思っています。

本当は、風邪の真っ只中でもちゃんとカロリー摂取できる食生活を送るのが一番なのですが、やっぱり病気だと食欲が沸かないですよね。

今はまだ病み上がりでムリはできませんが、もう少し回復したら筋トレを取り入れようと思っています!

もちろん、たんぱく質をしっかり摂るのも忘れないようにします。

 

今回はダイエットにまつわるたわ言をお話しさせて頂きました!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

広告

広告

-ダイエット, ダイエットのたわごと, 美容健康のこと
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

600kcal以下ダイエット夕食レシピ(13)★れんこん挟み焼きほか

※これはイメージ画像です! れんこんが好きです!根菜の中では一番と言っていいくらいですね。 そんなれんこんにカロリー低めの鶏ひき肉を挟んだ挟み焼きは、噛み応えがあって満足感があります。 本当は揚げた方 …

600kcal以下ダイエット夕食レシピ(11)きのこご飯と鮭の味噌漬け焼き

今回からタイトルに「600kcal以下」と入れて、ちょっとアピール強めにしてみました。 さて、今回の献立は、もらった生鮭を味噌漬けにしておいたものと作り置きのきゅうり漬け、そしてきのこの炊き込みご飯で …

やせない

貧血のせいでダイエット効果が出にくい理由とは

「貧血の人」と言えば、顔は青白く、ほっそりした人を思い浮かべる人も多いはず…… 実はそうとも限りません!貧血の人は太りやすく、ダイエット効果が出にくいという説もあるのです! 実際十代の頃から月経過多に …

あれもこれもPMS症状?生理前に起こる不調と対処法

「PMS(月経前症候群)」とか、「PMDD(月経前気分不快障害)」とか、女性の生理周期によって起こる不調がよく知られるようになってきました。 昔は「生理中はイライラする」なんて言われていたものですが、 …

おでん

橋本病向けの昆布を使わない練り物たっぷりおでん!

冬に美味しい料理のひとつ、おでん! 一般的な作り方だと、昆布だしを使い、具にも結び昆布を入れることが多いですね。 でも、それでは私のように甲状腺が悪くヨード制限がある人間が食べるには抵抗があります。 …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930