鉄フード食べ比べ「ケロッグ 五穀のサクサクカカオ」

スポンサーリンク
五穀のサクサクカカオ 美容健康のこと
スポンサーリンク

巷に出回るシリアル類の中で、鉄分が多いもの(概ね1食の鉄量4.5mg以上のもの)を色々と買いあさり、食べ比べています。

今で回っているシリアルは栄養強化されているものがほとんどで、しかも鉄を強化していても味に影響がないものが多く、貧血気味の私にはありがたいことです。

 

今日は、ケロッグの「五穀のサクサクカカオ」というシリアルを食べてみました。

スポンサーリンク

ケロッグ 五穀のサクサクカカオ

ケロッグと言えば、「コーンフレークやないかい!」の彼らが公式サポーターに就任している、あのコーンフロスティを作っている会社です。

今はあんなに多数のシリアルがスーパーに並んでいますが、昔はコーンフロスティ(当時、コーンフロストという名前だった気が)か、日新シスコのシスコーンしかなかった印象です。

子供の頃はコーンフロスティが私的朝食の最高峰だった……。(田舎者)

それから大人になり、オールブランにハマったこともありました。

 

これほど身近なケロッグの商品ですから、きっと五穀のサクサクカカオも私の心を動かしてくれるはず!

「五穀」というのは、コーン、小麦、オーツ麦、米、大麦とのこと。こう並べてみると、それほど雑穀感はないな。アワとかヒエとかが入っているわけではないんですね。

裏

原産国は韓国で、加工は群馬県高崎。

これは、材料が韓国産ということ?それともシリアルにしてから輸入してパッキングだけ日本で行うとかそんな感じ?

まあ、国産ではないシリアルなんて今は珍しくないので、気にしません。

一袋140g入りで、298円でした。3食半。少ないな。コスパは良くないか。

 

肝心の栄養成分。

栄養

鉄が5.1mg。多いですね。

食物繊維は1.1g、オールブラン等に比べるとこれは少ない方だと思う。

それ以外、目立って豊富な栄養素は無いようです。逆に、鉄分だけこんなに入っているのはなぜだろう。

40gは意外と多い

一食分は40g、計量したらこれくらい。

40g

意外と多い。サッポロポテトバーベキュー味みたいな網状で、中が空洞になっています。

チョコは空洞に詰められているのではなく、このアミアミにコーティングされているようですね。

牛乳をかけて頂きます。

牛乳

牛乳をかけてすぐはサクサクを保っています。穀物の香りが強くて香ばしい。マクビティビスケットの風味をもっと強くしたような……。

穀物が強く、チョコがやや負け気味。

少し放っておくと牛乳をあっという間に吸って、しっとりしてしまいます。

なので、サクサクが好きな人は急いで食べるか、牛乳を張った器にシリアルを足しながら食べるかした方がよさそう。

 

なお、腹持ちはグラノーラ系よりも良くなくて、割と早くお腹がすきます。

消化が良いとも言えるか。

毎日は飽きるので、ちょっとつまむおやつの方が向く

最初の1食目は香ばしくて美味しいと思えたのですが、毎日食べていて、ある日「穀物の香りが強すぎるな……」と思ってしまいました。

つまり、飽きる。

一粒の密度が低いせいか、40gぽっちと思っても量が多いんですよね。

そして、香ばしすぎて気持ちの面で腹いっぱいになってしまうのです。

 

だから、後半はおやつとして少量をポリポリつまんで食べる方にシフトしました。

牛乳をかけない方がふやけないし、香ばしくて数粒でも満足感があるしメリットが大きい。

 

ということで、この商品のおすすめポイントは……、

  • 朝食よりもおやつとして食べて美味しい
  • 重量のわりに嵩が多い
  • 香ばしいので全粒粉のパンやお菓子が好きな人におすすめ

というあたりでしょうか。

 

一袋の量が少ないので、ネットでまとめ買いしておくと便利かもしれません。

朝食シリアルライフがかなり定着してきた

牛乳の消費を目的に積極的にシリアル朝食を摂るようにしているのですが、朝が断然楽ですね。

パン焼いてのせるものを用意して、の手間がなく、シリアル袋と牛乳をテーブルに出しておけば食べる人が自分の適量を盛り付けて勝手に食べるんですから。

栄養面だけでなく、朝食をシリアルにする人が多い理由がわかりますね。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました