さくらんぼを食べ過ぎると下痢をするのはなぜなの?!

スポンサーリンク
さくらんぼ 美容健康のこと
スポンサーリンク

さくらんぼ

さくらんぼが美味しい季節ですね!

通りかかった農産物直売所で安く売られていたりすると、つい買って、モリモリ食べて……。

そして下痢をする!

 

さくらんぼって、食べ過ぎるとお腹を下しますよね……。

その理由はなぜなんでしょう?考えてみました。

スポンサーリンク

さくらんぼに含まれる糖アルコール「ソルビトール」の仕業

私は子供の頃、毎年のようにさくらんぼを大量に食べてはお腹を下していました。

親には「種ごと食べたんじゃないの?」とか言われていましたが、お腹を下す理由は種なんかではありません。

さくらんぼそのものにたくさん含まれる糖アルコール、「ソルビトール」という成分がお腹を刺激するのです。

 

ソルビトールは糖の中でも消化が悪いのですが、清涼感のある甘味料として食品にも使われています。

このことからわかる通り、ソルビトールは別に毒物というわけではありません。

しかし何事も過ぎたるは及ばざるが如しで、大量に摂取すると下痢するということですね。

 

さくらんぼって、それだけでたくさん食べることが多いですもんね。

どれくらいの量で下痢するかというのは個人差があるようで、私のように下痢しやすい人から、何パックも食べなければ平気だという人も。

不意のタイミングでお腹を壊さない為にも、自分の適量を把握しておくのがいいですね。

皮ごと食べるので消化不良になる

皮ごと

さくらんぼで下痢をする理由はソルビトールだけではありません。

小さくても果物を皮ごと食べるのですから消化は当然悪いです。

りんご、梨ほど厚みのある皮ではありませんが、それでも果肉より固く繊維質ですから、何粒も食べると胃腸に負担をかけてしまうのは想像がつきますよね。

さくらんぼの皮をむいて食べる人はいないと思うので、下痢予防のためにはやっぱり食べる個数をセーブするしかないのでしょうね……。

逆に考えると、便秘解消に役立つ

下痢

食べ過ぎると下痢するということは、食べ過ぎにならない程度に食べればお通じが良くなって便秘解消に繋がるということ。

ソルビトールには塩分や脂肪分を排出する効果があるそうなので、ダイエットにも良いと言われています。

もちろん適量を食べる前提ですが……。

 

さくらんぼの出回り時期はあまり長くありませんし、産地でなければそれほど安いわけでもありません。

でも、この季節のデザートはさくらんぼを積極的に食べるように(食べ過ぎないように)すれば、スッキリお通じが維持できるかもしれません。

さくらんぼ狩りに注意

サクランボ狩り

入場料を払えば食べ放題のさくらんぼ狩りには要注意です。

元を取ろうとついつい食べ過ぎてしまうと、帰り道でお腹がギュルギュル言うことになるかも……。

しかも大規模なさくらんぼ畑があるような地域は街中から遠いので、途中で立ち寄れるトイレがなかなか見つからないことも……。

 

北海道ではまださくらんぼ狩りができますが、くれぐれも食べ過ぎにはご注意を!

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
美容健康のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました