パンとお菓子 料理とレシピ

今年の冬至はあんこから煮てみない?粒あんを煮てかぼちゃ団子にかける

投稿日:2018年12月22日 更新日:

かぼちゃと小豆

本日は冬至。一年で夜が最も長くなる日です。

この日は風邪や中気を予防するためにかぼちゃと小豆を食べる風習がありますが、一般的に食べられているかぼちゃ汁粉やいとこ煮はもう飽きた……。

昨年はドライかぼちゃと甘納豆を入れたグラノーラに牛乳をかけて汁粉っぽく頂きました。

今年は、もう汁粉から離れてかぼちゃ団子にあんこをかけて食べようと思います……。

毎年汁粉を作っても、食べきれずに団子が汁の中でのびてしまい、無理して食べる感じになるのですよ。それを避けるため、あん団子にするのです。

広告

かぼちゃ団子に小豆つぶあんをかけておやつ感覚に

かぼちゃ団子は北海道の郷土料理、いもだんご(いももち)と同じように作ります。

こちらはレシピと言うほどではないですが、一応後半に書いています。

 

ということで、まずはあんこを煮るところから。

私は実はこしあん派なのですが、今日は時間をかけたくないのでつぶあんで行きます。

家に小豆があるから煮るというだけなので、ここはお好みの小豆あんを買ったっていいと思います。

ただ、小豆は前日から戻さなくてもあんこが作れるので、これから小豆を買ってきて作ってもそんなに難しくはありません。

自分で炊いたあんこはすごくおいしいよ!

あんこの材料(作りやすい量)

 

小豆 350g(350g入りの1袋)
上白糖 300~350
塩 小さじ1

作り方

  1. 小豆を洗い、たっぷりの水と共に鍋に入れ、強火で沸騰させる。
    あずき
  2. 沸騰した鍋に300ml(カップ1.5)の水を入れ、一気に水温を下げる。火は強火のまま。(びっくり水と言って、豆の皮を裂けさせて煮やすくする作業です)
    びっくり水
  3. 再沸騰させ2~3分後、豆をザルにあげて煮汁を捨て、豆を流水で洗う。
    洗う
  4. 新しいたっぷりの水と共に鍋に入れ、1~3の動作を2~3回繰り返す。(渋切りと言って、豆のアクを抜く作業です)
  5. 再度、新しいたっぷりの水と豆を鍋に入れ、豆が柔らかくなるまで中弱火でコトコトと煮る。30分~40分かかります。途中足し水する。
    小豆を煮る
    これはちょっと火が強すぎ。
  6. 豆が柔らかくなったら砂糖を一気に加えて強火にし、水分を飛ばすように煮る。(この時点でひたひたくらいの水が残っているのが理想)
    砂糖を入れる
  7. ここからは火傷に注意です。焦げやすいので木べらで底をはがすように混ぜながら煮て、艶が出て鍋底が見えるくらいの濃度になったら塩を加えて混ぜ、火からおろす。砂糖を入れてからここまでで10分かかりませんでした。
    煮上り
  8. バットなどにあんこを薄く広げ、ラップなどして冷まして出来上がり。
    冷ます

※豆が柔らかくなる前に砂糖を入れてしまうと、固い豆のあんこになってしまいます。煮崩れても気にせず、やわやわになるまで水で煮ましょう。

【水分について】

汁粉にするなら、6の段階で砂糖を入れたら一煮立ちしてできあがりです。

お菓子やパンに使う場合、結構固めにしたくなるのですが、煮詰め過ぎないように注意が必要です。

冷めると結構固くなるので、トロリとしているくらいで加熱をやめるのがポイント。(今回は煮詰め過ぎた)

 

残ったあんこは冷凍できます。保存期間は一週間くらいだそうです。

これくらい作っても、あんぱんを作ったり、トーストに塗ったり、汁粉にしたりして結構あっという間に食べきれます。

かぼちゃ団子の材料(作りやすい量)

かぼちゃ 適量
片栗粉 適量

作り方

  1. かぼちゃは種を取り、大き目に切る。
  2. 蒸し器で竹串がスッと通るくらいまで蒸す。(少量ならラップを巻いて電子レンジでも可)
  3. 蒸しあがったら、スプーンでこそげるように皮と身を分ける。皮は捨てる。
    身をはがす
  4. 3をすりこ木などで潰し、かぼちゃと同量くらいの片栗粉を入れる。それでもべたつくようなら、手につかなくなるくらいまで片栗粉を追加する。(この状態でラップで巻いて冷凍すれば、長期保存が可能です)
    つぶす
  5. 4を小判型にまとめ、油を引いたフライパンで焼いてできあがり。弱火でじっくり、中まで火が通るように焼きます。

そしてあんこをかけて食べる!

あんかけ

これは味見用に作った小型タイプ。冬至本番はもっとたくさん作って、たらふく食べます。

 

これは冬至のおやつとして作りましたが、当然ながらいつ食べても美味しいです。

あんことかぼちゃ団子を両方ストックしておけば、いつでも食べられるのがいい。

今回は焼きましたが、ゆでてお汁粉にしても美味しいです。というか、汁粉の方がメジャーでしょうね。

冬至はおめでたい日らしい

古代では冬至は、一度弱まった太陽が生まれ変わるという解釈で、北半球の多くの国で一年の始まりとされていたそうです。

そのため、世界的に見てもイベントやお祝いが多いのだとか。

 

日本では質素にかぼちゃ、小豆、ゆず湯程度のイベントですが、盛大にパーティーを開くところも多いそうですよ。

クリスマスパーティーもいいですが、たまには冬至パーティーというのも楽しそうですね。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

広告

-パンとお菓子, 料理とレシピ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自家製ベーコンを作っています#3

自家製ベーコンシリーズ#1、2に続き、ついに燻煙の#3です。前回はこちら 上の写真のようにピチットシートで巻いて水分を抜くところまでが前回のお話でした。   ここでは、燻煙前の準備~燻煙完了 …

チョコ

ガーナ産カカオ豆を自家焙煎してビーントゥバーチョコを作る

ビーントゥバーチョコ、再び! 少し前にキットを買って作ってみた(こちらの記事でお話ししています)のですが、カカオ豆と砂糖があれば、わざわざキットを買わなくても作れるレシピでした。 ということでカカオ豆 …

よだれ鶏

その名前、どうなの!!と思う食べ物たち

世間には、「そのネーミング、どうなんですか……」というかわいそうな食べ物たちが意外とたくさんあります。 せっかく美味しいものなのに、食欲が失せる一方の名前のせいで損しているような気がしますね。 &nb …

盛り付け

自家製にんにく醤油でスペアリブの醤油煮込みを作る

なんか瓶が薄汚れていますが……。 夏に収穫したにんにくを生のまま醤油に漬け込んで作ったにんにく醤油です。 ちょいちょいと使っては醤油をつぎ足したりしていたのですが、今回作ったスペアリブの煮込みがとても …

スキレット

ハンバーグを美味しく作るコツ!これでお店の味になる!

自分で言いますが、うちのハンバーグの美味しさには定評があります。 友人に「どのお店よりもあんたのハンバーグが一番美味しい」と言わせた味です。 10代からアラフォーの今までずっと料理をしてきて、美味しい …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930