流行りから少し遅れてレモンケーキを焼く

スポンサーリンク
型 パンとお菓子
スポンサーリンク

レモンケーキ型を友人から誕生日に頂きました。

この型、ずっと欲しかったんですよ。買ってくれた人、ありがとう。

レモンケーキ型はレモンケーキにしか使えない贅沢品。なんせレモンの形ですからね……。

レモンスイーツは今年の春夏にすごく流行った印象があります。今は少し落ち着き気味?

でも国産レモンの旬は秋冬なんですよね。そんな国産レモンを使って、今日はレモンケーキを焼きます。

スポンサーリンク

むしろ安っぽいレモンケーキを目指す

レモン型で、安っぽい黄色のチョコがかかっていて、黄色い袋に包まれたレモンケーキ。

私の地元(かなりの田舎)の、和洋折衷なお菓子屋さんでも売っていました。

すごく甘くて、パサパサなので飲み物が必須で、香料がきつくて、ずいぶんと日持ちして……というのが、私が子供の頃に食べていたレモンケーキ。

あれ、どう作るんでしょう。とりあえず、バターケーキタイプでも卵泡立てタイプでもなく、ベーキングパウダーで膨らませるマドレーヌみたいなタイプを作ります。

材料 レモンケーキ型6個分+マフィン型6個分

材料

薄力粉 180g
ベーキングパウダー 6g
卵 3個(150g)
グラニュー糖 150g
食塩不使用バター 100g
牛乳 60g
レモンの皮 2個分(すりおろす)
レモン汁 大さじ1
塩 ひとつまみ

コーティング用ホワイトチョコレート

型用バター、 強力粉 少々

レモンケーキ型が1枚しかなく、生地が余りそうなのでマフィン型も出動させました。

作り方

  1. 生地用バターは湯煎または電子レンジで溶かしておく。型に型用バターを塗り、強力粉を薄くはたいて冷蔵庫で冷やしておく。
  2. ベーキングパウダーと薄力粉を合わせてふるう。
  3. ボウルに卵を溶きほぐし、グラニュー糖を入れて泡立て器で溶けるまで混ぜる。
    砂糖を混ぜる
  4. ふるった粉類を入れて泡立て器のままぐるぐる混ぜる。
    粉混ぜる
  5. 牛乳を加え混ぜ、むらなく混ざったらレモンの皮をおろしながら加えさらに混ぜる。
    皮入れる
  6. 溶かしバターを加えてむらなく混ぜ、ボウルにラップをして冷蔵庫で3~6時間寝かせる。
    バター
    いつもマドレーヌを作るときは6時間寝かせてましたが、それより短くてもいけると思います。ただ、最低3時間は寝かせた方が、レモン皮の香りが生地に出て美味しいです。
  7. 寝かせた生地を冷蔵庫から出す直前、オーブンを190℃に予熱しておく。
  8. 寝かせた生地を冷蔵庫から出し、レモン汁を加えて混ぜる。レモン汁、結構多めに入るので、焼く直前に入れないと生地が分離する気がして……。
    混ぜる
  9. 型の8分目まで注いで170℃に下げたオーブンで20分前後焼く。
    ブリキのレモン型は20分できれいな焼き色が付きましたが、スチール+シリコンのマフィン型は色づきが悪い……。
    焼き上がり
  10. レモン型がいい感じに焼けたので、ここで焼き終了にします。焼き上がった生地はすぐに型から外して冷ます。
    冷ます
    左端の2つ、焼き色がほとんどついていない。中まで火は通っているんですよ。オーブンの熱ムラの問題か、型が薄手ということが関係しているのか……。
  11. 生地が完全に冷めたらコーティング用チョコで上面を覆って固め、できあがり。刻みピスタチオもあったのでちょこっと載せてみました。
    チョコつける
    こんな感じでドプッとケーキを浸してチョコを付ける。固める
    裏面のコブのせいで座りが悪い。

固まったら完成です。

黄色いチョコじゃないけどレモンケーキができた

これは出来立てよりも翌日以降が美味しいお菓子なので、タッパーに入れて冷蔵庫に置いて寝かせてから食べます。

翌日。

盛り付け

着色料がないので普通のホワイトチョココーティングですが、ちゃんとレモンケーキができました。

断面

縁はしっかりしているのに割るとほわっと柔らかく、レモンの皮の香りぷんぷん。

とても甘く、ほのかに感じるレモン汁の酸味が美味しいレモンケーキです。ホワイトチョコのコクのある甘味がまたレモンの香りに合う。

飲み物が欲しくなるほどパサパサ……とはいきませんでしたが、コーヒーや紅茶にぴったりですよ。

外は雪がちらついていますが、夏の味です。暖房が効いたお部屋で食べるのが何だか不思議な感じですね。

見栄えが良いし日持ちするので贈り物にも!

このレモンケーキは簡単だというだけではなく、それほど手にべとつかないし、日持ちするし、持ち運びしやすいし、一つのサイズがちょうどいいしで、贈り物に向く焼菓子です。見た目もかわいいですしね。

しかもパウンドケーキなどよりも使うバターが少ないのでコスパもよし。上のチョコはアイシングに差し替えたっていいんです。

クッキーよりも特別感があって、でもパウンドケーキよりも気軽に作れるお菓子だと思うので、機会があれば是非作ってみて下さい。レモン型でなくても、マフィン型があれば作れます。

 

今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク
パンとお菓子料理とレシピ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました