コーヒーソーダ&コーヒーレモネードは本当に美味しいのか

スポンサーリンク
2種 家飲みコーヒー
スポンサーリンク

最近、個人経営のカフェでも大手コーヒーチェーンでも見かける「コーヒーソーダ」とか「コーヒーフィズ」、あるいは「コーヒーレモネード」などの飲料。

これらは果たして美味しいんだろうか……?

 

お店に行って飲んでみればよい話ですが、もし美味しくなくて持て余すようなら勿体ない。(この手のアレンジコーヒーを出しているお店は大抵単価が高めだし)

 

これ、単純にコーヒーを炭酸水やレモネードで割ればよいだけのようなので、家で作って味見してみることにしました。

スポンサーリンク

コーヒーソーダとコーヒーレモネードを自作してみる

使う材料。

材料

アイスコーヒー。これはもともとカフェオレ用に濃い目に作っておいたものをそのまま使います。豆は自家焙煎のシティローストです。

そして炭酸水はサツドラ超炭酸水。炭酸強めが良いとかなんとか。

レモネード用には、自家製のレモンはちみつ漬けを使います。

あとは氷を適量。

 

では作っていきます。

グラスに氷をたっぷり入れ、片方にはレモンはちみつ漬けを汁ごと入れる。普段のレモネード1杯分くらいの量です。

そして炭酸水をグラスの半分くらいまで注ぐ。

炭酸注ぐ

コーヒーレモネードはレモンはちみつ漬け+コーヒーでもよかったかもしれないな、と思いながら作る。

しかし、今回の主題は炭酸とコーヒーの組み合わせを検証することなので、これでいいかと気を取り直す。

上からコーヒーを注ぐ。

コーヒー注ぐ

レモネードの方はシロップが沈んで、その上に炭酸、そしてさらにその上にコーヒーが浮く感じになる。

炭酸水のみの方は、コーヒーを注いだそばから混ざり合う。

 

こうして完成した2種のドリンク。

2種

まず、炭酸割り「コーヒーソーダ」から。

コーヒーソーダ

もともと濃い目に淹れたコーヒーで割っているので、色は普通のアイスコーヒー。

飲むと弾ける炭酸と同時にコーヒーの焦げ臭と酸味がくる。

そしてシュワっとしたあと口の中にえぐみが残る……。

この豆、すごく上手に焙煎できて、アイスでもホットでも香り良く美味しく飲めるはずなのに……。

炭酸のせいで台無しになってしまった。

結論!美味しくない!

 

続いて「コーヒーレモネード(炭酸入り)」。

混ぜる

底にシロップが溜まっているので混ぜる。

炭酸とともに立ち上る香りはコーヒーよりもレモンの方が強い。

一口目、レモネードの甘酸っぱさにコーヒーの苦みを足したスッキリ味。ただの炭酸割りよりも断然飲みやすい。

甘さが入っているせいもあるだろうか。

苦いと感じる以外のコーヒーの味はあまりしない。香りはちょっとあるかな。

全体的な味はレモンが主体なんですが、なんだかどこかで飲んだ(食べた?)ことのある味……。

よくよーく思い出して見ると、レモン味ののど飴に似てるんだ……。そんな味です、コーヒーレモネード。はちみつが入っているせいもあるかも。

コーヒーソーダに比べると飲みやすいですが、ただのアイスコーヒーより上かというとそうではないな。

両方「イマイチ」……。

両ドリンクとも、残すとまではいかないが、いまひとつ……という結果になりました。

コーヒーレモネードの方がいくらか飲みやすいという程度で、普通のアイスコーヒーを上回る、そこまでではなくても、たまにアレンジして飲んでみようと思える味ではなかったです。

お店で出しているのはもっと美味しくなるように工夫しているのかもしれませんが、単純にコーヒーを炭酸やレモネードで割っただけのものは美味しくないと思います。

もちろん個人の好みもあるでしょう。でも、コーヒーの美味しさが生かせる飲み方ではないので、コーヒー好きさんにはおすすめできません……。

 

残念な結果に終わりましたが、今回はここまでになります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
家飲みコーヒー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました