低温調理

低温調理

3分おきに温泉卵の固まり具合を見る(65℃で24分、27分、30分、33分)

温泉卵の固まり具合って、何分くらいがベストなんだろう?ということを知りたくて、65℃にキープしたお湯で24分、27分、30分、33分と4通りの加熱で変化を比べてみました。前にも同様の実験をしてみたことがありますが、前回と違い今回は温度管理を厳密にできる低温調理器を使用します。
低温調理

低温調理器でやわらか煮豚を作る【63℃4時間半】

安売りの豚もも肉を使って、低温調理のジューシー煮豚を作ります。63℃という低温ですが4時間半も加熱すればちゃんと中まで火が通ります。出来上がった煮豚は柔らかく、味もしみてとても美味しいです。
低温調理

低温調理器「Felio」で牡蠣のコンフィを作ってみる!【70℃20分】

牡蠣が安かったので、低温調理器「Felio」を使って牡蠣のコンフィを作ります。低温調理器でなければ難しい 70℃という温度で加熱し、牡蠣の半生食感を楽しめるものにしました。一緒に入れた根菜類もうまみを吸って美味しくなります!
スポンサーリンク
低温調理

低温調理器Felioを使って鶏ハムを作る!【60℃2時間】(プレーン、塩レモンバジル)

低温調理器「Felio」を使って、低温調理の定番「鶏ハム」を作ります。ガス火と鍋で作ると失敗ばかりだった鶏ハムが、こんなに手軽に、しかも美味しく作れるなんて!と、感動するほどの作りやすさでした。安くて低カロリー高たんぱくの鶏むね肉を美味しく食べる方法を、また一つ学びました。
低温調理

秋なので低温調理器でサンマのコンフィを作る【80℃3時間】

低温調理器「Felio」を使って、今が旬のサンマのコンフィを作ります。80℃で3時間、オイルの中で加熱し続けることで、骨までほろっと崩れる美味しいコンフィができあがります。難しい温度管理も低温調理器に任せれば放置するだけで完成です。
低温調理

低温調理器を使ってとろとろプリンを作る!【80℃90分】

低温調理器でとろとろの半熟プリンが作れると聞き、さっそく作ってみました。手順は昔ながらのプリンと同じなのですが、低温調理器で加熱する際のセッティングが大変……。それをなんとかクリアすると、まるでお菓子屋さんで買うようなプリンが作れました。
ベーコン

自家製ベーコンのボイルに低温調理器を使ってみる

今年も燻製が楽しい季節になりました。我が家も半年分のベーコンをまとめて作ります。燻製後のベーコンは中まで熱を通すために低温でボイルするのですが、これが鍋とガス火でやると結構な手間なんです。その手間を省くため、今年は低温調理器という便利アイテムを使ってみました!
低温調理

またまた低温調理器でクロテッドクリームを作る(大きな容器で大量生産)

生クリームを長時間低温加熱すると容器の上部に脂肪分が浮いてきます。これを冷やし固めるとスコーンに付き物のクロテッドクリームになるのですが、どうやらできる量は容器の大きさに比例するようなのです。だから、今回は水面の面積が大きい容器に生クリームを浅く張り、加熱してみることにしました。
低温調理

低温調理器で生クリームからクロテッドクリームを自作する!リベンジ二番煎じ編

昨日は低温調理器で生クリームからクロテッドクリームを作りました。が、あまり量が取れなかったので、残った液体を再度加熱して二番クロテッドクリームを作ろうとしています。温度を高めにして、容器も広口のものに変更して作りますが、結果はどうなるでしょうか。
低温調理

低温調理器で生クリームからクロテッドクリームを自作する!!

街中まで出て買うしかないと思っていたクロテッドクリームが、低温調理器で作れるらしいのです。材料もスーパーにある生クリームだけ。とても時間がかかるようですが、せっかく美味しいスコーンがあるのでそれと合せるべく作ってみることにしました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました