スポンサーリンク
アンチョビ

マイワシを内臓ごと漬けてアンチョビを作る(1)

イタリアンに欠かせないアンチョビ作りをします。内臓ごと漬け込んで、本格風の味になるようにやってみています。本来カタクチイワシで作るアンチョビですが、手に入らないのでそれより大きめのマイワシを使ってチャレンジします。
お出かけグルメ

どさんこプラザで買ったきのとやユートピアファーム(新冠町)のおいしい地玉子(有精卵)

札幌駅構内の道産品セレクトショップ、どさんこプラザで買った「きのとやユートピアファーム」という養鶏場の卵でシフォンケーキを作り食べてみます。「きのとや」と付く通り、札幌の大手洋菓子店「きのとや」の系列養鶏場で生産されているそうです。
スペルト小麦

スペルト小麦でパンを焼く(11)スペルト小麦×ライ麦粉のミッシュブロート

スペルト小麦を使ってライ麦パンを焼きます。今回は小麦粉とライ麦粉を半々に混ぜたドイツパン、ミッシュブロートにしてみました。スペルト小麦もライ麦粉も香りが強い粉ですが、混ぜるとどちらも引き立て合ってとても美味しいパンが焼けました。
手打ち麺

北海道産パスタ用小麦粉「ルルロッソ」で生パスタを打ってみよう

北海道産小麦を愛しています。パンやお菓子だけではなく、パスタ用の小麦も生産されていると聞き、早速買って家で生パスタを打ってみました!作る際にとても扱いやすいだけではなく、風味豊かで食感も良い生パスタが出来上がりましたよ!
家庭菜園

日光に当ててパプリカを追熟させる 木で熟させるよりも早いかも?!

家庭菜園のパプリカがいつまでも色づかないので、半分くらい着色したところで収穫し、日光に当てて追熟させます。完熟パプリカよりも味は落ちますが、少ない日数できれいに色づきました。一日ごとに写真を撮って観察しています。
お出かけグルメ

豊平区美園のリーズナブルな本格中華!「唐韻(とういん)」

豊平区にある本格中華のお店「唐韻(とういん)」でランチしてきました。このお店は安くて美味しくて、本場の味で満足感が高い。点心もデザートも美味しくて、席同士の距離も遠くてとても居心地がいいんです。駐車場もありますし、地下鉄駅も近い。おすすめです!
料理とレシピ

青トマトの活用法!コーン粉とパン粉でフライドグリーントマトを作ってみる

今日は珍しく漫画飯ネタ。 「違国日記」(「異」ではなく「違」)という漫画に最近ハマっています。 姉妹の折り合いが悪いとか、主人公が激しくコミュ障(という言葉は使われていないけど)とか、個人的に色々考えさせられる設定で、読...
暮らし

冷蔵庫を買い替えたのに調子が悪い←業者の対応も悪い

しばらく前の話になりますが、冷蔵庫が壊れて買い替える流れになりました。(その時の話はこちら) 急遽必要になったので20~40万もするようなお高いハイスペック機種は買えず、しかし国産メーカーというのは譲れないということで、15万...
パンとお菓子

卵と粉が多め、バター少なめのカサカサッとしたクラシカルなマドレーヌを焼く

焼き菓子の代表格、マドレーヌを焼きます。今流行りのバター多めのリッチなものではなく、卵と粉を多くしたレシピでカサッとした食感のものを作ります。現地フランスでは、少し乾いたものの方が主流だそうな。函館トラピスチヌ修道院で売られている「マダレナケーキ」にも近い、素朴なマドレーヌが焼き上がりました。
パンとお菓子

昨年発売されたヴァンドゥノールという強力小麦粉を買って食パンを焼いてみる

いつも行くお店の小麦粉売り場で「ヴァンドゥノール」という新しい小麦粉を発見しました。ネットなどで調べてみると、お菓子のようなパンが焼けるとのこと。早速買って普段通りに食パンを焼いたところ、確かにお菓子のように香ばしく、噛むと甘味とうま味が滲み出るような食パンになりました!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました