徳光珈琲(石狩市)のアイスコーヒーはお値段に値する美味しさでした

スポンサーリンク
看板 お出かけグルメ
スポンサーリンク

かなり前に、石狩市役所の近くに徳光珈琲直営のカフェがあると書いたことがあります。

残念ながらこちらは既に閉店しています。しかし、そこからそう遠くない花川の住宅街にも徳光珈琲のお店があります。

こちらは本店だったと思うのですが、公式サイトでは「石狩店」とされています。

豆の販売が中心となり、ほかに少しのイートイン席とテイクアウトコーヒーも取り扱っています。

 

今回、こちらでアイスコーヒーを頂いてきました。

スポンサーリンク

600円の価値ある!と唸る徳光珈琲のアイスコーヒー

昨日記事にした「soup to BREAD」というパン屋さんの帰りに、せっかく焼き立てで買えたパンを今すぐ食べたいねという話になり、せっかくだからコーヒーも……と思い立ち寄ったのがこちらの徳光珈琲本店。

コンビニかどこかで済ませれば安いのですが、ちょっと贅沢したくてこちらを利用することにしました。

歩道と車道の区切りもないような、地方の雰囲気漂う住宅街にあるお店です。

外観

店内は狭く、コーヒー豆とコーヒー用品、コーヒーギフト、リキッドのコーヒーなどが並んでいます。

イートインスペースも少しありますが、ほかで買ったパンを食べるのでテイクアウトにします。

テイクアウトメニュー^

テイクアウトメニューは多くはありません。そしてお値段お高め。

ドリップコーヒーを冷やしたタイプのアイスコーヒーは無く、「カフェフレッド」という、エスプレッソを急冷したもののみ。こちらを注文します。(ミルクとガムシロップの有無を聞かれます)

テイクアウトと伝えると、車まで持ってきてくれるとのこと。いつも行っているサービスなのか、それとも店内の密を避けるために最近始まったことなのかはわかりませんが、ありがたい。

ほどなく運ばれてきたカフェフレッド。

カフェフレッド

エスプレッソというからもっと濃くて少ないかと思いましたが、よくあるテイクアウトアイスコーヒーのMサイズくらいある。そして濃さもドリップコーヒーと同じくらい。

これ、コーヒーの香りと酸味がしっかりしていて、でもよくあるエスプレッソのように焦げ臭くなく、苦くなく飲みやすい。

ドリンクバーなどでエスプレッソマシンで淹れるアイスコーヒーがありますが、そういうのとは全く別物。豆が違うだけでこんなに変わります?ってくらい違う。いや、豆だけでなく淹れる機械も違うのかも……。

 

ミルクとガムシロップを念のためもらったはいいが、必要ないな……と思ったら!

スジャータプレミアム

ミルクがスジャータプレミアム!!

知ってますか?よくある植物性のコーヒーフレッシュではなく、乳脂肪の生クリーム(厳密には違うけど)をポーションに分けたものなのです。

要冷蔵で、しかも植物性フレッシュよりも日持ちしないので、よほどこだわっているお店でないと使っていないものです。

600円のアイスコーヒーに相応しい……。

これ、せっかくなので入れて飲みます(ガムシロップは入れなかった)。

ミルク入り

あー、当然のごとく美味しい。

ブラックとはまた違う、クリームのコクによって生まれる美味しさ。

二度おいしいアイスコーヒー。

 

コンビニコーヒーのクオリティも侮れない時代になってきましたが、やっぱり専門店はその上を行くのですね。

改めて、ちゃんとしたコーヒー専門店の実力を見た気がしました。

 

【店舗情報】

徳光珈琲 石狩店

住所 石狩市花川南2条3丁目185番地
TEL 0133-62-8030
営業時間 10:00~18:00 毎週水曜、第二火曜定休

駐車場が8台分ほどあります。

住宅街の奥まったところにあるので、ナビなしでたどり着くのはちょっと大変かもしれません。

ダンクタイプのコーヒーバッグが気になる

大手のコーヒー専門店では必ず取り扱っている1杯分のコーヒーバッグ。

コーヒーカップの縁に引っ掛けてドリップするタイプが一般的ですが、徳光珈琲ではダンクタイプ、つまりティーバッグのようにお湯にドボッと浸して抽出するタイプのものを取り扱っています。

このダンクタイプのコーヒー、ドリップでは出ない複雑な味になって好きなんですよね……。

徳光珈琲のはまだ飲んだことがありません。きっと美味しいのでしょう……。

今回は買いませんでしたが、次行ったとき、買ってみようかな。

 

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました