レトルトカレー感想「ベル食品 北海道産豚肉のスパイスポーク黒カレー」

スポンサーリンク
箱 お出かけグルメ
スポンサーリンク

今日はレトルトカレーを食べてその感想を述べていきます。

今日食べるのは、北海道が誇る食品(というかジンタレ)メーカー、ベル食品のレトルトカレーです!

サツドラの食品売り場で300円台くらいで売られていました。

 

先に言っておきます、これすっごく美味しかった!

スポンサーリンク

北海道産豚肉のスパイスポーク黒カレー

北海道産豚肉、スパイス、ポーク、黒、カレーと、色々な要素がそのネーミングに込められています。

北海道産豚肉カレーとか、スパイス黒カレーとかでは説明がつかない味わいなのだろうと想像します。

裏書には商品説明はあまりなく、調理方法と原材料表示がメイン。

裏

加藤産業株式会社北海道支社との共同開発と書かれている。

加藤産業株式会社というのは食料品卸を主力とする商社のようです。

あまりその方面の企業に詳しくはないのですが、ベル食品なら知っています!北海道民なら知らない人はいないくらいの、「べ~ルベルベルベル食品♪」のCMでおなじみですよね。

さて、カレーを食べていきましょう。裏書通り沸騰湯で5分ボイル。

ボイル

そして白いご飯にかける。ルーが180gとのことですが、意外と多かったです。

盛り付け

さらっとして黒っぽいルー、肉は3切れほど。ほかに固形の具は見当たりません。

香りはとってもスパイシー。きっと辛いんだろうな。

ひとくち

ルーとご飯だけで食べてみます。

おー辛い。じんわり来る辛さ。

そしてにんにくのパンチと、玉ねぎりんごの甘味。たまに粗挽きスパイスの粒がカリッと歯にあたる。

かなり前に食べたレトルトのデリーカシミールカレーに似た味わいで、それよりも辛さを抑えて甘さを出して、ご飯に合うように作られているカレーです。

数少ないお肉は固くなっていて、ここはちょっと残念。

でも、ルーだけでとても美味しいので、肉はなくてもいいような気もする。もしくは、カシミールカレーみたく自分で肉やじゃがいもを足して食べるスタイルにするとか……。

 

食べ終わった頃にはじんわり汗ばむような辛さ。唐辛子だけでなく、胡椒や生姜などの辛みが複雑に組み合わさって生まれる味だと思いました。

これは、カレーにはうるさいという人も満足できる味なのではないでしょうか!

レトルトカレーで、しかもそこらのドラッグストアで買えて、お値段も高級路線よりは安めなのに、こんなに専門店風の味というのがすごいですね。リピートします。

 

ちなみに、盛りつけ時のご飯の量ではルーが余り気味になりました。

しょっぱいというほどではないのですが、一袋のカレーで、結構たくさんのご飯が食べられます。

ベル食品はカレーをたくさん発売している

ベル食品のサイトを見てみると、意外とレトルトカレー商品がたくさんあるようです。

ベル食品と言えばジンギスカンのタレや冷やしラーメンのタレ、ラーメンスープなどが有名ですが、カレーの方もかなり力を入れているのがわかります。

そういえば、「スープカレーの作り方(という商品名)」、前に食べてみたら美味しかった記憶がある。

これ、北海道の出張土産などとして人気らしいです。道外では買えないんですね。

1瓶で4皿分できるし、かさばらないし、日持ちするし、レトルトカレーと併せておすすめです。

 

ベル食品のレトルトカレー、他にもいくつかレトルトカレー売り場に並んでいたと思うので、次はまた別な味のものを買って試してみようと思います。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました