ラーメンと丼専門店「大衆食堂 中華そばとおコメの店メシケン。」に行きました

スポンサーリンク
外観 お出かけグルメ
スポンサーリンク

下手稲通りと追分通りが交差するところに、「メシケン。」というお店ができていました。

多分結構前からあると思うのですが、外食するときにこのへんで探すことがあまり無いので、見落としていたようです。

先日この近辺で買い物した後、ちょっと遅い昼食のタイミングだったので、立ち寄って食べてみることにしました。

スポンサーリンク

店内で製麺している、誰でも入りやすいお店

お店に入ると、もう3時近くということもありお客さんは少ない。

サラリーマン風の一人客、小さな子を連れた家族連れの二組でした。

でも、サラリーマンもファミリーも利用できるお店というのはいいかもしれない。

 

入口の横には25kgの大きな小麦粉の袋が積まれています。

どうやら、ラーメンの麺は店内で打っているようです。大衆食堂と銘打っていますが、こだわってるんですね!

 

メニューは少なく、ラーメン類と丼類がメイン。

メニュー2

主力は一番安い「中華そば」なのかな?

まかない味噌、辛味噌などのほか、ワンタン麺もあるのか。惹かれる……。

メニュー1

丼物はザンギ丼や鶏そぼろ丼、カレーもある。でも安くはないですね。

 

私はザンギ丼をオーダーしました。

揚げ物やラーメンを作っているのは奥の方ですが、ご飯やみそ汁は表のカウンターのところで盛り付けているみたい。

ザンギ丼

ザンギ丼。漬物とみそ汁が付きます。量は多すぎず少なすぎず。

野菜などがなく、ザンギがのっただけの丼で600円はちょっと高いと感じてしまう。サイドメニュー感がある……。

ザンギは衣ザクザクタイプで、それだけ食べると味がしっかり付いて美味しいです。

が、若干パサパサしていて、ご飯と一緒だとちょっと水分が足りない感じがするかな?

一応タレがかかっているんですが、控えめ。

ご飯そのものは美味しく炊けています。

うーん、美味しいんだけどリピートしないかも。

 

同行した者はワンタン麺(醤油)。

ワンタン麺

メンマ、ネギ、ニラ、薄切りチャーシューのほか、ワンタンが多めにのっている。

麺は自家製の全粒粉麺で、細すぎず太すぎず、中くらいの太さのストレート麺。この麺がチュルチュルで美味しい。

スープは見た目の通りあっさりしていて、油っこくありません。まさに昔ながらの中華そばって感じです。

ワンタンはよく煮えていて伸び気味なものの、つるんとして優しい美味しさでした。

ワンタン麺って外で食べる機会がなかなかないので、余計に美味しく感じた。

 

しかし、同行者(働き盛りの男性)にはちょっと物足りなかったようです。

確かに、今主流となっている背油たっぷり、こってり味のラーメンとは全く違う食べ物です。

が、あっさりしたラーメンが欲しいときはいい味加減だと思います。

 

今回チョイスの2品はどちらも思ったのと違いました。

次行くときはまた違うものを注文してみようと思います。

 

【店舗情報】

大衆食堂 中華そばラーメンとおコメの店 メシケン。(。がつくのが正式名称らしい)

住所 札幌市手稲区新発寒4条1丁目1−55
TEL 011-663-1383
営業時間 11:00 21:00 不定休

この近くは美味しいラーメン屋さん多いもんね

この周辺はラーメン激戦区で、隣には初代があるし、少し移動すれば山岡家、逆方向には追風丸。

下手稲通りにはてつやもあるしかとうらーめんもある。

特別心に残るメニューがないと、厳しいかもしれませんね。

 

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ中華
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました