成城石井「ルビーチョコレートのポルボローネ」を買って食べてみた

スポンサーリンク
パッケージ お出かけグルメ
スポンサーリンク

少し前から、成城石井でルビーチョコレートを使用したスイーツが販売されているようですね。

数年前に誕生し、第4のチョコレートと言われているルビーチョコレート。

それを使ったスイーツをお菓子専門店ではなく、スーパーマーケット(成城石井はスーパーマーケットでいいんだよね?)でも買える時代になったとは。

稀少ゆえなかなか手に入らないものと思っていましたが、それももう昔の話のようです。

 

北海道に成城石井の直営店舗はありませんが、大型書店「コーチャンフォー新川」の中に成城石井商品を多く揃えたフード売り場があり、そこでもルビーチョコレートを使ったお菓子を見かけたので早速買って食べてみました。

スポンサーリンク

人気のポルボローネシリーズのルビーチョコレートがけ

成城石井の「和三盆のポルボローネ」は、ずっと昔から人気のお菓子。

私も北海道で買えない頃から知っていて、道外に旅行するたび買っていました。

 

あのサクッとホロッとした繊細な焼き菓子を、甘酸っぱいルビーチョコレートでコーティングしたお菓子なんて、美味しいに決まっている!

お値段は一袋450円で、大体10粒くらい入っています。大手菓子メーカーの袋菓子よりは高めですね。当然か。

表面

ちゃんとルビーチョコレート使用と明記されている。原材料表示ではスイートもミルクもルビーも「チョコレート」で統一されてしまうみたいです。

中身はこんな。結構大き目。

中身

粉糖がまぶしてありますが、和三盆のポルボローネより多すぎない。

断面。

断面

チョコは厚すぎず、クッキー部分がメイン。

食べると、チョコが甘酸っぱく溶けて、クッキー部分にしみていきます。

しかし、この甘酸っぱさ、ルビーチョコレートではなく、もっと知っている味のような……。

ベリーの味がする。

いや、ルビーチョコレートそのものがベリーっぽい味だということは知っているんですが、それよりもあからさまなラズベリー味。

袋の裏を見ると、

原材料

フランボワーズパウダーと乾燥ラズベリーが入っています。フランボワーズもラズベリーも同じ果物。

ベリー味を入れたらルビーチョコレートかどうかわからなくなってしまうのでは……。

少なくとも私の大雑把な舌では、ラズベリーを混ぜたホワイトチョコだと言われても気付かなそう。

 

いやいや、このお菓子自体は完成されたものだと思います。

ルビーチョコレートの味を知るためのものではなく、ポルボローネとして美味しく食べることを追求した結果、この配合になったのでしょうね。

ルビーチョコレートだけを味わいたければタブレット状になったものを買って、それだけ味わえばいいわけだし!

成城石井のポルボローネが美味しいのは皆さんご存知の通りですが、このルビーチョコレートのポルボローネもとても美味しいですよ。

和三盆やメープルシュガーのポルボローネだと口が乾いた感じになる(そこをお茶で流し込むのが美味しいんだけど)のですが、ルビーチョコレートがかかっていると、その酸味で唾液が出るし、チョコの油脂分のおかげで口どけなめらかになるのでとても食べやすいです。

 

成城石井のポルボローネはどれも美味しく、それに恥じない為にルビーチョコレートのポルボローネもかなり力を入れて開発したことでしょう。

 

札幌市内ではコーチャンフォー新川(ローソンにもあるかも)などで買えますが、やっぱり置いている種類が少ない。

色々食べたいという人はいっそネット通販がおすすめです。

他にもルビーチョコレート商品があるみたい

成城石井のルビーチョコレート商品はポルボローネだけではなく、チョコそのもののタブレット、チョコ掛けポップコーン、フレッシュなタイプのケーキなどなどかなり種類豊富なようです。

札幌では手に入らず、通販もできないものがあるのが惜しい。

 

今度関東の方に旅行するときに食べる機会があるといいな!

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました