初期費用0円賃貸住宅のデメリットとは?本当にお金がかからないの?

スポンサーリンク
住まい探し
スポンサーリンク

初期費用0円!」と謳われているお部屋って、どうなっているのでしょう。

本当に1円も払わずに部屋を契約できるの?それが本当なら超お得じゃない?と安易に飛びつくのはちょっと待って下さい。

実は、初期費用0円のお部屋には、大きな落とし穴があるのです……。

※札幌のお話です!違う地域の場合は異なる部分があるかもしれません。

スポンサーリンク

初期費用がかからない部屋ってどういうこと?

初期費用0円とは、契約時にかかるお金を最小限に抑えたお部屋のこと。(本来かかるはずの費用に関しては、「賃貸住宅の初期費用、内訳は?平均でどれくらいかかる?(札幌圏の場合)」の記事を見てみてね!)

でも、どんな安いお部屋を契約しても、通常10万円以上は必ずかかるような初期費用をどうやって0円にしているのでしょうか。

初期費用0円の内訳

初期費用0円物件とは、最初に支払うお金が最低限で済むように敷金・礼金(北海道はそもそも0円が多いけど)・前家賃・仲介手数料・清掃費用がかからないお部屋です。

敷金、清掃費用は本来かかるお金ですが「契約時には」発生しません。このトリックについては後ほど。

礼金は貸主に払うお礼のお金なので、取らなければ取らなくても問題ないお金です。また、前家賃についてはフリーレントと言って初月のみ無料で住めるというサービスが適用となり、仲介手数料は貸主が仲介業者に払う(正確には「広告料」というお金を割り当てることになりますが、仲介手数料と広告料についてはこちらをご覧ください。)ため、借主が払う必要が無くなります。

ただ、支払い方にもよりますが、火災保険は必ずかかります。初期費用として請求されずに月払いとか入居時に支払うというところもあり、そんな物件の場合は「初期費用」という名前のお金はかかりません。言葉のマジックってやつですね。

初期費用0円のお部屋ってどんな部屋?

格安で貸し出すのですから、ピカピカの新築や好立地の人気物件を期待してはいけません。初期費用0円で貸せるような部屋は、基本的に「古い」「駅から遠い」「人気が無い」などのお部屋です。

普通の貸し方では借り手が付かないからこそ、こんなに条件を下げているということです。初期費用0円のお部屋を狙うならこれくらいは覚悟しておきましょう。

安かろう悪かろうとは言い切れませんが、何かしら借り手が付かない事情があるお部屋が勢揃いしていると見た方が良いですね。

初期費用0円のメリット

これは言うまでも無く、引っ越し時の出費を抑えられるというところにメリットがあります。

貯金が無いのに今のお部屋を出なければいけなくなったなんて時に助け舟となるシステムです。お金の問題で引っ越したくても引っ越せないという人にとっては本当にありがたいですよね。

このシステムがメジャーになってから、貯金も無いのに引っ越ししようと思い立つ人が増えているようです。

初期費用0円のデメリットとは?知っておかないと痛い目に遭う!

ただ、この初期費用0円部屋には落とし穴があります。それは、本来は入居時に払うべき清掃費用が後払いになることと、借主が不注意で部屋を汚したり壊したりした時に発生する退去時の修繕費用を敷金と相殺できず、退去時の出費が大きくなってしまうということ。

※修繕費は通常の契約の場合、経年劣化(長年住んでいて自然に傷んでくる)の部分については借主が支払う義務はありません。

敷金はそもそも「支払う」お金ではなく、貸主に「預ける」お金で、家賃の滞納時や退去時に発生する修繕費用をそこで賄うようになっているのです。もちろん部屋の修繕の必要が無い等で残ったら返ってくるお金です。

それを預けないわけですから、何かあったら自分のお財布から出さねばならなくなるのは当然ですね。

あと、専門的な話ですが、賃貸住宅を契約して2年以内に退去した場合、「中途解約違約金」というものが発生します。携帯電話の二年縛りみたい。(半年や一年未満など、極めて短期で出る場合は「短期解約違約金」という費用がさらに上乗せされる場合も!)

通常はこの違約金は敷金で相殺するシステムなのですが、その相殺するべきお金が無いので、このときは敷金相当の現金を払った上で退去することになるのです。それに加えて清掃費は必ずかかりますし、修繕する場所があれば修繕費も実費で支払うことになるということです。

つまり、入る時にお金を払うか、出る時にお金を払うかの違いで、清掃費用と敷金に相当する金額は必ず必要になるお金だと思った方が良いでしょう。

こう見ると、結果的に「浮いた」とされるお金は前家賃のみということですよね。それだったら初期費用はかかるけれど「フリーレント」で貸してくれる部屋を探した方が出る時に楽かもしれません。だって、出る時にかかる費用だけではなく、次の部屋も賃貸住宅ならそちらの初期費用もかかるんですよ。

うまい話って無いもんですね~。

退去時の費用、こんなに怖いこともあるかもしれない

これまでの説明で「入居時にかかるお金が後払いになるだけでしょ?」と思った人もいるでしょう。確かにそれで済むお部屋もありますが、貸主によっては契約条件に相場よりも高いクリーニング代を払うことを条件づけていることもあるのです。

本来なら過失によって壊したところのみ修繕すれば良いのに、部屋全体のクリーニング代を全額借主が負担しなければいけない契約になっていたり。

つまり、入居時に払っておくよりも、結局かかる費用が高くなってしまうこともあり得るということですね。

なので、初期費用0円物件は必ずしもお得とは言い切れないのです。

 

お引越し、住宅購入を考えているなら、CMでもおなじみのSUUMOのサイトが便利です。

ここではおすすめしていない初期費用0円物件ですが、このサイトではそんなお部屋もたくさん見つけることができます。

背に腹は代えられないという人は、こんな総合サイトでお部屋探しをすることをおすすめします。

お部屋の契約にかかる費用はある程度必要と考えていますが、引っ越し費用は業者や荷物の量でかなり変動があるものです。

自分の条件で一番安く引っ越すならどこに頼めばいいの?と思っている方は、引っ越し見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

こちらの「ズバット引っ越し比較」は、自分の住んでいる地域の業者を一括見積できます。

なるべく安く済ませたいという人にとって、とても便利なサイトです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

初期費用0円物件の恐怖についてお伝えしました。

入る時の費用だけを考えて安易に飛びつくと、出る時に痛い目に遭います。出る時にお金がかかり過ぎて、次のお部屋も初期費用0円でなければ借りられないという負のスパイラルに陥る人も少なくないようです。

お金は無いけれどすぐに引っ越さなければいけないという事情があるならまだしも、「10万円浮かせて欲しいものを買おう」というくらいの動機でなら利用しない方が身のためです。堅実にお金を貯めてから引っ越ししましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました