賃貸住宅の初期費用、内訳は?平均でどれくらいかかる?(札幌圏の場合)

スポンサーリンク
住まい探し
スポンサーリンク

引っ越しは大きな出費になることが一般的です。お部屋を借りる初期費用、引っ越し料金、家具や家電の処分・買い足しなどなど、一気に数十万のお金が飛んでいくことが珍しくありませんよね。

引っ越しは身内だけで、家具や家電は手持ちのものを使うとしても、誰かから部屋を借りる以上は必ず初期費用というものが発生します。

今回は、部屋を借りる際に発生する費用について、知っておいた方が良いことをお話しします。

スポンサーリンク

はじめに

最初にお伝えしたいのは、ここでお話しするのは札幌圏内のお話だということです。ごめんなさい。

私は北海道生まれ北海道育ち、引っ越し経験は多い方ですが全て小樽~札幌市内。そして現役で不動産業に従事している知り合いも全て札幌にお勤めなんです。

なので、全国区のルールとは少し異なる部分があると思います。

ちなみに、旭川や函館などの大きめの市だと札幌とほぼ同じルールと考えて良いですが、もっと小ぢんまりした市だと、地域に密着した不動産屋さんの独占商売になっていることが多く、独自ルールが定着している場合もあるようです。

これから札幌市内を動く方、市外から札幌に引っ越してくる方の参考になればと思います。どうか、この点だけご注意を。

引っ越しにかかる初期費用とは

初期費用っていくらくらいかかるか知っていますか?

引っ越しにかかる費用は一般的に予算としている家賃の4倍を用意するべきと言われています。

つまり、5万円のお部屋に住むつもりなら20万円程度ということですね。

初期費用4か月分の内訳

初期費用の内訳は、

  • 前家賃 1ヶ月分
  • 敷金 1ヶ月分
  • 仲介手数料 上限1ヶ月分
  • 火災保険や清掃料を合わせて1ヶ月分くらいの金額

です。

家賃は基本的に翌月分を前もって払うので、契約時に入居直後から1ヶ月分の家賃を払う必要があります。これが「前家賃」というものです。

敷金は正確には預り金なので、一定の条件を満たしていれば退去時に返却されるお金です。なので、これから出るお部屋に入居した時に敷金を払っていれば、敷金が戻って来るかもしれませんよ。(過去に家賃を滞納していない、修繕費用がかからない、2年以内の退去ではないなどの条件があります。)

北海道では「礼金」というものは基本的に発生しません。ただ、新築や戸建て、分譲マンションのリース契約では礼金をとるところもあるらしいです。これらの場合は+1ヶ月分かかります。

仲介手数料は仲介業者に支払うお金。これは宅建業法上必ず取らなければいけないお金なので、基本かかるものと思った方が良いでしょう。(別記事に書きますが、仲介手数料がかからないケースもあります。が、必ず発生しないようにできるというものでもありません。)

また、このほかペットを飼う場合は「ペット礼金」という費用が家賃の1ヶ月分かかります。(もちろんペット可のお部屋ね)ペット可のお部屋でもペットを飼わないのなら、ペット礼金はかかりません。

ちなみに、ペット可の部屋だからとペットがいることを申告せずに勝手に飼うのは違法です!

ペット礼金を払わず黙ってペットを飼うことを「黙ぺ(ダマペ」と言いますが、このお話は今回の本筋からずれてしまうので、私の親戚の話を交えてまたの機会にお話しします。

連帯保証人がいない場合は保証会社に支払うお金も発生する

これ以外にかかる費用としては、連帯保証人がいない場合にのみ、代わりに保証してくれる「保証会社」というところに支払う費用が発生します。

これは会社によって異なりますが、大体家賃(管理費込み)の50%~100%かかることになります。

※連帯保証人とは、借主が家賃を払えないときに代わりに払う義務を負う人のこと。三親等以内の親族(一般的にはおじおばまで。ひ孫になってもらう人はいませんよね?)になってもらう必要があります。普通は兄弟、親、息子や娘になってもらうことが多いです。

ですが、一人っ子の上に親が高齢だったりすると保証能力がないと見なされ、連帯保証人になれないことがあります。そんな人でもお部屋を借りられるように保証を代行してくれるのが保証会社というわけですね。

今では連帯保証人を立てずに保証会社と契約することを必須条件とするお部屋も増えています。

 

これらがマックスでかかると考えると、6~7カ月分は初期費用として用意しなければいけないということになりますね。結構厳しい金額かも!

さいごに

いかがでしたでしょうか。部屋を借りる際に発生するお金のこと、それに付随する細かなことについてお伝えしました。

ざっくり計算してもかなりかかりますね。家賃そのものが格安の物件ならそれだけ初期費用も低くなりますが、万単位のお金が飛んでいくのは覚悟しておく必要があります。

 

このほかに「初期費用0円物件(6/4 こちらの記事、完成しました)」「仲介手数料(6/5完成しました)」というものにスポットを当てた記事も準備中です。

完成したらリンクを貼りますので、よろしければそちらも見てみてね!

引っ越しは大きな買い物ですから、前もって知識を身に着けておくに越したことはありませんよね!

これからもちょっとしたお部屋探し情報を発信していきますね!

 

もし、近日お引越し、住宅購入を考えているならこちらのSUUMOのサイトがおすすめです。

さすが大手、痒いところに手が届く細やかな検索条件や、サイト全体の見やすさに優れていると思います。

 

お部屋が決まったら次は引っ越し業者!

でも、物件探しと違って、引っ越し業者はどこがお得なのかなかなか知る機会がありませんよね。

そんな時は引っ越し一括見積サイトを利用してみるのが便利です。

こちらの「ズバット引っ越し比較」は、自分の住んでいる地域の業者を一括見積できます。

では、今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました