知るともっとお部屋探しがスムーズに?家賃や支払いに関する小ネタ

スポンサーリンク
住まい探し
スポンサーリンク

部屋を見て雰囲気や使い勝手を確認するのはインスピレーションでどうにかなりますが、書類の手続きやお金のことはイマイチわからないという人は少なくないですよね。家賃をいくらに設定すればいいのか、どうやって支払うのか……。

そこで今回は、部屋探しのお金にまつわる小ネタをいくつか紹介します。参考にして下さいね!

※毎度のことながら、こちらは札幌圏に限定したネタです。それ以外の地域はまた違うかもしれませんのでご注意を!

スポンサーリンク

部屋探し、お金にまつわる小ネタ

ではでは、気になる家賃、値引きや支払いに関する小ネタについてお話ししますね。

これらは実際の現場の声です。ので、ちょっと腹黒い話も出てくるかもしれません。

「家賃の相場は?」って聞くのは無意味らしい

不動産屋さんがよくぼやいているのが、「この地域の家賃の相場は?」と聞いてくる人が多いということ。

そんなこと聞いたってあなたが払える家賃は変わらないじゃないですか、と思うのだそう。

恐らく、相場より安い物件に住んでお得感を感じたいとか、相場より高い物件に住んでセレブ感を感じたいとかの理由で聞いて来ていると想像しますが、実は相場なんてものは存在しないに等しいのです。

そもそも、そのエリアの地価の高低はあれど、同じ1DKでも古くて設備が乏しければ安いし、新しくて最先端の設備なら高くなるため、それこそピンキリなのです。

だから、そう聞いても「○万円くらいが相場ですね~」という返事はできないんですと。

また、相場を聞いてから家賃設定をしようという人もいるようですが、不動産屋さんはお客さんの家計まで相談に乗れるわけではないので、「○万くらい払わないと住めませんよ」とか、「家賃をもう○万円上げた方が良いですよ」とは言えないんです。

どちらかと言えば、「○万円が予算なら、ココとココの条件を削った方がいいですね」という提案をします。下手に「部屋にもっとお金をかけなさい」とアドバイスして、その人が滞納することになる方が大問題ですからね。

家賃設定は「人それぞれ」としか言えない

では、これから部屋を探す人はどんなふうに家賃設定をすれば良いのでしょうか。今までと同条件ならそのままでも良いでしょう。前の部屋の入居時より収入が上がっているなら家賃も上げて大丈夫。でも、独立、または結婚などでがらりとライフスタイルが変わる場合は?

こんな時の家賃の決め方は……、結論から言うと「人それぞれ」!

一般論として収入の1/3~1/4という説はありますが、それだって子供の数や車の有無、そして貯金の目標額によって払える家賃は変わりますよね。月に50万稼いでいるからと独り身なのに12万5000円の部屋に住む必要は無いという考えの人だっているはずです。

逆に、恵まれた環境にいて生活費があまりかからないから、家賃は高くても家計に余裕があるという人もいますよね。

つまり、家賃はその家の家計をじっくり見つめ直して、「いくらだったら生活できるか」という金額を割り出すのが一番なのです。

自分と同じ家族構成や収入の人が住んでいる部屋と同じ金額にすればいいかと安易に考えない方が安全ですね。

割ける家賃が低ければその分狭くて部屋数が少ない物件ばかりになりますし、設備も乏しくなります。地理的な不便が出るかもしれません。

ただ、これだけは言えるのが、身の丈に合った家賃とは何かを考えてから部屋探しに乗り出した方が迷走せずに済むということです。

家賃の値引きは現実的に1000~2000円が限度

家賃の値引きって、交渉次第で5000円も一万円もしてもらえると思っている人が意外と多いようです。

実際はそんなこと、まずありません。してもらえないことの方が多いですが、引けたとしても1000~2000円がいいところでしょう。3000円引いてもらったら、凄く優秀な営業マンか仏のような大家さんに当たったと思って喜んでください。(そんな仏のような大家さん、個人オーナーならばたまにいます)

元の家賃が高値なら5000円くらい引けるんじゃないの!と思われがちですが、高価格帯のマンションに住む人は家賃の値引きなんてしないセレブばかりですよ……。50万とか80万のマンションに住む人が5000円や1万円でごちゃごちゃ言わないですよね。

また、万が一ダメもとで営業マンが「1万円引いてほしいとおっしゃってるんですが……」と管理会社に打診しようものなら、

世間知らずが!( ゚д゚)、ペッ

という顔をされてしまうので、事前に「無理だと思いますよ……」と丁重にお断りするのだとか。

あとは極まれに、運良く老朽化に伴う家賃の見直しのタイミングに当たった場合は大幅に安くなることもあるようです。極まれにですが……。

なので、家賃を決める際には値引きしてもらうことを前提に考えない方が良いです。引いてもらえないことの方が圧倒的に多いんですよ!

事故物件は満室らしい

事故物件とは、一般的には殺人や自殺などが起こって家賃を他の部屋よりも下げて貸し出しているお部屋を指します。

最近TVで「事故物件が狙い目」的な情報をよく放送していますよね。そのせいか、現在は札幌の事故物件は人気で品薄の傾向にあります。

細かいことを気にしない大らかな人や、お金が無くて背に腹は代えられない人、そして一人暮らしは寂しいから常に誰かの気配を感じていたい人(?)ってたくさんいるんですよね。

そして、そんな人たちは一度事故物件に入ったら最後、広くて安い部屋の良さに憑りつかれてしまっているのでまず出ません

だって今まで3万のところに住んでいたのに、次は全く同じ条件で6万のところに住めないですよね。

ということで、事故物件はずっと空かないのです。

しかも、事故物件に誰かが入って生きたまま退去してしまうと、そこはもう事故物件扱いをしなくなる大家さんもいます。つまり家賃の優遇も無くなってしまうということ。これでは事故物件は減るばかりですよね。

つまり、今や事故物件は供給よりも需要の方が圧倒的に多い人気物件なのです。

カード払いはどの不動産屋でもできるわけではない

ひと昔前はお部屋の契約にかかる費用は振込ばかりでしたが、最近ではクレジットカード対応をしている不動産屋さんも増えています

しかもネット上の決済で、お店に出向かなくてもカードを切れるという便利なところもあります。また、一部の大手が管理しているお部屋は毎月の家賃もカード払いできるようです。

カードが使えるとポイントは付くし支払いは翌~翌々月後だし、良いことずくめですよね!

でも、やっぱりまだカード対応ができない不動産屋さんもあるようです。カード対応って、お店側にすごい手間とコストがかかるんですよね。

なので、カードを使うつもりなら、お店を訪れた最初のうちに「カード使えますか」と尋ねた方が良いでしょう

探すだけ探してカードが使えなかったら他の業者に行くさ~♪と思っている人は要注意。

実際にあったケースなので詳細は言えないのですが、こんな話を聞きました。

カード払いできない業者で契約寸前まで手続きを進めてからカード払いができる業者に乗り換えようとしたら、結局その部屋は最初に案内した業者の持ち物件だったために、他業者を通して後から申し込んだのにお断りされてしまった…という話があります。

もちろんそのお部屋はいつも他業者からの申し込みを断っているお部屋ではありません。その人は結局希望の部屋には住めず、また仕切り直して別な部屋を探したそうです。

こんな残念なことになる可能性もあるので、カード払いしかできない人は、最初からカード払い可能なお店に行った方が安全ですよ!

さいごに

いかがでしたでしょうか。お部屋を契約するときのお金についてあれこれと書きました。今後は退去するときのお金についても書きたいなと思っています。

ところで、料理やグルメブログとして始めたこのブログに不動産ネタがもう4つもアップされたことになります。

しかも、他にもペットのことやシェアハウスのことなど書きたいことはたくさんあるんですよね。私は不動産業者ではありませんが、回し者と呼ばれても仕方がないかもしれない。

でも、どこか特定の不動産屋さんを贔屓にしているとか、そこの売り上げを上げたいとかの営利目的ではではありません。

むしろ、不動産探しなら特定の仲介業者さんのサイトよりも、こちらのSUUMOのような総合サイトの方が便利だと思います。

色々な条件で検索できますし、情報に偏りがありません。おすすめです。

また、引っ越し業者の選定も一括見積して比較してみるのが手っ取り早いですよ。

こちらの「ズバット引っ越し比較」は、自分の住んでいる地域の業者を一括見積できます。

引っ越し費用を抑えたい、という人は一度見積もりを取ってみてはいかがでしょう。

 

こんな記事を書いた動機としては、身内の不動産トラブルや知り合いの仕事ぶりを見ていると、こんなこともあるんだとたくさんの人に知ってほしいと強く思ったためです。

部屋探しをする際に知識として知っておいて損はありませんよ。

 

ということで今回はここまでです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました