皮膚かぶれ2019!今年の犯人は……「ウルシ」だ!!(2)

スポンサーリンク
2回目 ダニ
スポンサーリンク

処置

数日前、山菜採りでウルシかぶれになり、皮膚科の診察を受けるに至った話を書きました。

その後、2度目、3度目と通院したので、その経過と処置についてお話しします。

 

ウルシかぶれと診察されるまでの経緯はこちら

これまでの虫刺され・かぶれの記録はこちら

スポンサーリンク

ステロイド飲み薬のせいで食欲旺盛になる

最初の通院で出された飲み薬にはステロイド系の「デカドロン」というものが含まれていて、これは皮膚炎だけではなく関節リウマチやがん治療にも用いられることがあるそうな……。もちろん用量は大きく違ってくると思いますが。

 

ステロイド飲み薬の中には、副作用として食欲増進するものがある、と、その類の薬を使用していた友人に聞いたことがあります。

しかも脂質の代謝が落ち、顔が丸くなる「ムーンフェイス」という症状が出ると……。

まだ飲み始めて数日なので見るからに顔かたちは変わっていませんが、食欲が増したのははっきりとわかります……。

何を見ても美味しそう、食後でも何か食べたい。結構食べたつもりでも満腹感があまりない。

精神的に何か作用しているのかはわかりませんが、出先での買い食い衝動が抑えられないこともありました。

こりゃ……、太るな……。

 

こんな症状もステロイドを飲まなくなったら無くなる、と思い、ほどほどに食べ(どうしても我慢できない)、薬が終わったらダイエットしようと心に決めます。

4日後、2度目の通院

初回の通院から4日後にまた来るように指示されていたので、午前中に皮膚科へ。

2回目

この時点では赤いところが渋い色合いになってきていて、湿疹の中央部がちょっと黄色みがかっているか……?という感じ。

患部が広がっているようには思いませんが、わき腹に一か所、右足に2か所痒いポチポチが出ているのが気になる。飛び火したか?

とびひ

最初にやられた部分、痒さはまだあります。でも、飲み薬が効いている間は気にならない。

次の薬を飲むタイミング、つまり食事の前くらいになると痒さを覚えるという感じです。

 

皮膚科では「良くなっている」とのことですが、まだ薬はやめたらダメとのこと。

患部の中央部(最初にウルシに触れたところ)は治ってきているけれど、その周囲(ウルシに触れてから数日後に痒くなったところ)はまだ活発なので治療をやめない方が良いのだそうです。

今後も飲み薬、軟膏+ラップ+包帯は続けることになります。

 

ということで前回と同じ種類、3日分の薬を出されて帰ります。治療費は3割負担で800円くらい。

次回は3日後にまた行くことになりました……。いつ終わるの!!

3回目の通院

3回目

前回から3日しか経っていないので、良くなっている感じはしない。

それどころか、飛び火してできた新しい湿疹がちょっと大きくなっている気がする……。

飛び火

これ以上飲み薬を続けることになったら嫌だなー、と思いながら皮膚科へ向かいます。

ステロイド飲み薬が強いから、これから減らしたりしていくんだろうか。食欲どうにかして欲しい。ご飯が美味しい……。

 

皮膚科で包帯を外し見てもらうと、「もう飲み薬は必要ないですね」とのこと。良かった!

ただ、軟膏+ラップ+包帯はまだ続ける必要がある……。しかも新たな飛び火も大きくなっているので、ここも軟膏だけではなくラップ包帯をすることになりました。両足か……。

 

飲み薬の必要が無くなったので通院はこの日で終了になりました。軟膏も1本残っているし、これを使い切っても良くならなければまたおいで、と言われました。

通院の必要が無くなっただけでも嬉しい!治療費は数百円でした。

それからは2か所軟膏ラップ包帯を続けています

3回目の通院から3日経過した今でも、軟膏ラップ包帯を続行中。

最初に湿疹が出たところはかなり痒さが無くなってきました。

3日後

皮膚がカサついている感じがわかりますでしょうか。

恐らくここから少しずつ痣がきれいになっていくのだと思います。去年の虫刺されのときもそうでした。

飛び火してできた新たな患部はまだ赤く腫れている……。ここ、飲み薬なしで治るのかな?!

 

ということで、通院の必要は無くなりましたが、まだまだ完治とは言えない状態です。

患部がきれいになったら、または悪化などしたらまたこちらで報告したいと思います。

 

山歩きが気持ちよい季節になってきましたので、皆さんもウルシかぶれにはご注意を!

スポンサーリンク
ダニ美容健康のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました