手芸する人に気軽に頼みごとをするな、という話

スポンサーリンク
ミシン 手芸
スポンサーリンク

今日は手芸を愛好する方々なら共感してもらえるかもしれない、愚痴のようなお話です。

ざっくり言うと、「手芸が趣味」と言うと気軽に頼み事する人なんなの?!という話。

 

私は編み物、刺繍、裁縫などのいわゆる「手芸」と呼ばれるジャンルのあれこれを趣味としています。

でもそれは「自分が作りたいものを作る」というだけであって、なんでもいいから手仕事をしたいわけではないのです。

 

それなのに、何かのきっかけで「手芸が趣味」と知られると、「じゃああれやって」「これ直して」と気軽に言う奴いますよね。

あれ、本当に困ります。

今回、そんなふうに頼まれて困ってしまった事案をあれこれ書いていきます。

これから出てくるケースは全て「手芸に興味ない人が手芸する奴に無茶振りした事案」という前提です。手芸の手間や大変さを知っている人からの依頼ではないことをご了承ください。

スポンサーリンク

簡単な裁縫でも、やれる人にばかりやらせる奴

男女問わず、手芸に興味がなくたって、手縫いで並縫いくらいはできると思うんです。一例としては雑巾縫うくらい。大体、一枚縫えば縫い方くらい覚えるでしょう。

でも、やったことが無いから無理と決めつけて、経験がある人に全てやらせようとする人いますよね。

私、昔の職場で、「裁縫好きなんでしょ?雑巾くらい楽勝だよね?連休中に雑巾10枚縫ってきて」と言われてやらされたことがあります。(同期全員ではなく、手芸を嗜む私だけに押し付けた)これは今でいえば持ち帰り残業、パワハラなのでは……と思う案件。でもきっと指示した側は悪気無いんですよね。裁縫好きだから楽しんでやれるでしょ、という感覚。

「うっ、つまらなそう……」と思いつつも先輩からの指示なので断れず、連休一杯使って何とか仕上げましたが、当時ミシンも持っておらず、全て手縫い。指が変形するほどの激務でした。

依頼内容の手間がわかってない奴

昔、「チャチャっとやってくれればいいから」みたいなハンドメイド依頼をしてくる奴について愚痴るスレッドを大型掲示板で見たことがあります。

すごく手間がかかる作業を「チャチャッとやって」と言ってくる人いますよね。

昔、「セーターの袖が長かったから〇cmくらい詰めて、ゴム編みを付けて」と言われ、断れない相手だからとりあえず持ち帰ったのですが、中身を見たら機械編みの極細毛糸のセーター!おそらく適合する針は1.5mm棒針、手編みでやるもんじゃないという細さです。

その細さですから編んでも編んでも進まない。しかも見づらい色の毛糸で、目を落としたらもう大変なことになるという代物で、安請け合いした自分を何度恨んだことか……。

 

なんとか完成させて頼んだ相手に納品すると、「思ったより短くなっちゃったね」だと!こちらは言われた長さをちゃんと測って仕上げたんですが……。

文句言うならもう頼むなよ!

失礼な依頼をする奴

編み物

私も最近編み物が上達して、セーターくらいなら編めるようになりました。

でも人に贈るほどではないので自分で着て歩くくらいなのですが、その手編みのセーターを着て会った人の言葉にカチンときてしまった。

相手「それ自分で編んだの?」←多分あまり上手じゃないから気付いたのだろう

私「そうです」

相手「へえ、うちの犬のセーターも編んでくれない?」←お世辞も言わず、いきなり犬の話を持ち出す

私「(ちょっとイラっとして)犬、手編みのセーターじゃないとダメですか」

相手「別に買ったっていいんだけど、編むの好きなんでしょ?だから編んでよ!どうせ暇でしょ(余計)」

 

……みたいな。

うまく言えませんが、お前の技術では犬に着せるのが妥当だと言われたような気がして、いい気持ちはしませんでした。犬に着せるということは、大事には使いませんよね。すぐボロボロになると想像できる。

少し考えて、「編み物だと爪が引っかかるから市販品の方がいいですよ」と言って断りました。

本心は「お前の犬のために無駄な労力割きたくねぇわ」。

要求がやたらと具体的な奴

セーターとか、小物とか、本心から「上手だね!」「いいね!」と言ってくれる人もいるのですが、そこから「私にも作ってよ!」に発展して面倒なことになる場合もあります。

うちの孫用のマフラーを編んでもらいたいというところまではいいが、「長さは何cmくらいで、緑系の地色に黒系の模様を編みこんで、今小学生だけど中学くらいまでは使えるデザインで……」と、依頼内容が具体的過ぎて、ただ頼まれた通りに作るので精一杯だったことがあります。

しかも、その方の孫3人分編んださ……。(さすがにこれはお代金を頂いた)

ここまで欲しいものがはっきりしてるなら、自分で作ったらいいのでは……?と思うほどに具体的だった。

作る側としては、要求が具体的だと材料も選ばなければいけないし、相手の想像から外れてはいけないと神経を使うので大変でした。

上記全てにおいて、完成品に難癖をつける奴

これまで出てきた例全てに言えることなのですが、こんな無茶振りな依頼をふっかけといて、完成したら難癖付ける奴も結構います。

袖詰めの「思ったより短い」もですし、簡単な作業でも大量に頼んどいて「もっと早くできると思ったけど」とか、無理難題押し付けて「できないならできないって言ってくれた方が良かった」とか……。

 

作る側の手間が想像できない人は、他人に何かを依頼する権利はないと思うんですが……。

少なくとも、自分ができないことをやってもらっているという謙虚な心は持ってほしいですよ。

ボタン付けくらいはします

ボタン

結論から言うと、私程度の技術の人間に、気軽にハンドメイド依頼をするなということです。

この程度の技術だからお金もとれないし、時間もかかるし、完成度も保証できないんです。

 

安請け合いできるのはボタン付けまでかな……と思っております。

 

今日はここまでです。

共感した人、いましたか?いないかも……。

でも、これまで気軽に頼んでいたという人は、頼む前に一度考えて頂きたい、作業の手間というものを……。

そして、どうしても他人に頼まざるを得ない場合は、どんな仕上がりになっても文句は言わないでね……。

特に、素人に頼む場合は、ね。

スポンサーリンク
手芸
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

  1. ちゃちゃまる より:

    こんにちは!気持ちすごーーーく分かります…
    私もパンとかお菓子を作るのが好きで、インスタグラムに記録がてら投稿していました。するとそれを見た友人(そこまで仲良くない)が、子供用に卵を使ってないパンとクッキーを作って!と言ってきました。
    アレルギーを気にする人に気軽に作れるわけもなく断ると、いいじゃん、文句言わないし作るの好きなんでしょ?
    って、え〜…かなり困りました。結局無理!とゴリ押しで断りました。
    長くなってすみません、でも何かを作り出す趣味を持つと、たかり屋が結構来ますよね。イライラするの分かります。

    • yurukurashi より:

      ちゃちゃまるさん

      わかります?このムカッとくる感じ!この記事を書いた数日後も、自分用に編んだマフラーを人(たかり常習犯)にとられました。
      断ったら「じゃあ新しいの編んでくれてもいいけど」とか言いやがるから、面倒なのでその場で外してくれてやりました。これが良くないのかな……。
      言葉汚くてすみません。共感者がいるだけで救いになります……。

      手芸もパンもお菓子も、それだけじゃなく運転とかも、できる人にタダで技術(と物資)を提供させるのが当たり前の人、どういう神経してるんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました