「マカベアリスの刺繍物語」の図案からクッションカバーを作る

スポンサーリンク
材料 刺繍
スポンサーリンク

新しい刺繍本を買ったので、そちらの図案を参考に刺繍クッションカバーを作ろうとしています。

参考図書はマカベアリス先生の「マカベアリスの刺繍物語ー自然界の贈りものー」という本。

今年の春に刺繍にハマってから、色々な作家先生の刺繍本を買い集めては、グッときた図案を刺して

楽しんでいます。

 

今回は、こちらの書籍の「野原のサンプラー」の図案を大きくして、クッションカバーにします。

スポンサーリンク

マカベアリス先生の作品は、緊張せずに刺せるのがいい

マカベ先生の刺繍は、線が太いイラストのような絵本の絵のような図案が多く、色彩もはっきりとしていて、のんびりと刺したいときにちょうどいい感じです。

今、色々あって集中力が途切れがちなもので……。

 

最初に手にした刺繍本は蓬莱和歌子先生のもので、1mm針がずれてもいけないような、糸のねじれも許されないような精密な図案が多かったです。

その分仕上がりがとても美しく、集中して刺せば初心者でも贈り物にできるような見栄えにすることができました。

 

今、その精密作業に費やす余裕がないのだけれど、刺繍からは離れたくない。

そんな自分にマカベアリス先生の図案がぴったりだったのです。

布と糸は指定外を使いました

使用する布は、書籍では「生地の森」の洗いこまれたベルギーリネン、サックスブルーを使うと記載があります。

 

が、手持ちの布の消費も兼ねたいので、家にあるブルーのリネン布。

これ、1mで1000円しないという格安品だったのですが、ちょっと私の知っているリネン布とは様子が違う……。まあいいか。

これをクッションカバーサイズに切って、接着芯を貼ります。

接着芯を貼る

接着芯を貼った後、ほつれ防止に縁をミシンでかがりました。

図案は書籍を1.41倍(A4→A3)に拡大コピーして、刺繍用の転写シートで写します。

そしたら図案が縦長で、正方形の布だと両端が余る。もっと広範囲に刺したいと思ったので、ひとまず左寄せで写してから、空いた右側に追加して絵柄を入れました。

転写後

ちょっとわかりにくいですね?なんでピンク色の転写シート買っちゃったんだろう。白で良かったのに……。

結局転写シートの色だけだと薄すぎて、その上からアイロンで消えるフリクションカラーペンでなぞり書きしています。

線が太いが、この図案は3本取りアウトラインステッチが多いので、糸で隠れるでしょう……。

 

準備ができたところで刺し始めます。

刺繍糸は書籍ではオリムパス指定ですが、家に大量にあるDMCの似た色を使います。

布の色もちょっと違うので、糸だけ厳密にしたところで片手落ちかなと。言い訳です。

 

使用糸が多そうなところから刺し始めます。

書籍ではオリムパス2015番というところをDMCの935番で刺す。
935

オリムパス841番をDMCのECRUで刺す。

ECRU

布がどんどんくしゃくしゃに……。

オリムパス288番をDMC3011番で。

途中

 

あとはもう少量ずつしか使わないお花の部分ばかりなので、それぞれ似た色を探して刺しました。

刺繍完了

これで刺繍部分は刺し終わり。毎日ではないけれど一日1時間くらい時間をとって、一か月くらいかけました。

細部を見ると、まあ雑なところが多い。線が太いからいいかと思いながら、かなり適当に刺したところが目立つ……。

洗って干して仕立てる

布がもうくしゃくしゃだし、下絵も見えているので洗濯します。ぬるま湯で優しーく洗ったら干してアイロンをかける。

洗う

そしてクッション(43cm角)に合うように、45cm角くらいで縫い合わせる。

1辺にはファスナーも付けます。ところで最近40cmのファスナー、見かけなくなりましたよね……。なんでだろ。

完成

完成しました。縫製が下手糞なのをごまかすように、さっさと中身を入れてしまおう。

下絵もちゃんと落ちました。やっぱりリネンはアイロンをかけるとピシッとしていいですね。

アイロンが強すぎて刺繍が寝てしまっているところもあるが、まあいいでしょう……。

ニトリの一般的なクッションカバーに合うように作っています。

 

ソファ

うちのおんぼろソファに置いてみる。白いソファより茶色いソファの方が映えると思ったので。

ダラダラ刺していたので刺繍が粗いところもありますが、全体的な雰囲気としては良しとしたい。

ウール糸の刺繍もチャレンジしたい

今回手本とした書籍には、クルーエル刺繍糸(ウールの糸)で刺す図案も掲載されています。

糸が太い分、刺繍された場所がふっくらしてなんとも暖かみがあるのです。これからの季節にピッタリ!私もチャレンジしたい。

クルーエル刺繍糸はなかなか売っているお店が見つからないので、自分で紡いでみるか?極細毛糸よりさらに細く紡ぐ必要があるが……。

どうせ刺すならこれからに向けて、クリスマスっぽい色合いがいいなぁ。

マカベ先生のInstagramで、赤(深紅ではなくワインレッドとか、ラズベリー寄りの色)の布にベージュなどの糸で刺しているのをお見掛けして、こんな感じのものを私も作りたくなってしまいました。

 

刺繍はかなりの遅ペースなので、クリスマスまでに完成するかわかりませんがね~。

 

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
刺繍 手芸
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました