コーヒーでお腹を壊すのはなぜ?!

スポンサーリンク
美容健康のこと
スポンサーリンク

腹痛

さんざんコーヒー愛を語るブログを書いているくせに、コーヒーでお腹を壊す体質です。

胃痛、腹痛、そして下痢と、消化器官全般が不調になってしまうことがあるんですよね。

その原因を改めて考えてみました。そしたら、見えてきたのが「鮮度の問題」ということ。

コーヒーでお腹を壊す人は、もしかしたら当てはまることもあるかもしれません。

スポンサーリンク

コーヒーでお腹を壊す原因は!!

まず、一般的に言われているコーヒーによる腹痛の原因について考えてみましょう。

コーヒーアレルギー

そもそも、コーヒーにアレルギーを持つ体質が存在するそうです。

一般的に見られる食物アレルギーのように皮膚や呼吸器に症状が出るのではなく、下痢や吐き気の他、手が震えたり頭痛がしたりするとのことです。

 

コーヒーアレルギーを持つ人は、浅煎りの豆、深煎りの豆、ミルク入り・無し関わらず症状が出るようですね。

こんな体質の人は、無理してコーヒーを飲まない方が良いでしょう。

タンニンやカフェインの刺激

ブラックだとお腹が痛くなるけど、カフェオレだといくらか平気だという人は、タンニンやカフェインが刺激になって胃腸が痛くなる可能性が高いです。

タンニンは渋味を出す成分でポリフェノールの一種ですが、胃腸粘膜を刺激してしまうのだそうです。

また、カフェインも刺激物として知られていますね。

胃袋

カフェオレはそもそもコーヒーの量が少なくなりますし、乳の成分が胃腸への刺激を和らげるとも言われています。

ただ、刺激は和らぐとしてもカフェインの摂取量は変わらないので、妊婦さんはカフェオレであっても節制した方が良いようです。

それ以外の含有物質の刺激

タンニン、カフェオレ以外の成分によってお腹を痛めてしまうこともあります。

例えば、ダイエット効果や糖尿病予防効果があると知られているクロロゲン酸。

この成分は身体に良いとされていますが、受け付けない体質もあるようですね。

浅煎りのコーヒーだとお腹を壊す、という人は、クロロゲン酸が合わないのかもしれません。(クロロゲン酸は熱に弱く、浅煎りの方が含有量が多くなる)

 

また、それ以外の微量な成分による体調不良も考えられます。

タンニンを含む赤ワインも平気、紅茶や緑茶のカフェインも平気なのにコーヒーだけはダメ、という人は、コーヒー特有の物質が原因かもしれません。

豆が古い

結論から言うと、私の腹痛の原因はこちらでした。

 

コーヒー豆は焙煎し終わった瞬間から酸化し続けているのだそうです。

そのため、古くなったコーヒー豆は、浅煎りでもないのに酸っぱくなったりしますよね。

この酸化した成分が胃腸を刺激し、痛みを引き起こすのです。

新しい豆なら平気だけど、古い豆だとお腹を壊すという人はこれに該当します。

抽出

また、淹れた後のコーヒーも、ずっと保温していると酸化しやすいです。淹れて時間が経ったコーヒーを飲むとお腹が……という人は、飲みたい時にその都度淹れるか、淹れたらすぐに冷蔵するかした方が良いと思います。そろそろアイスコーヒーも美味しい季節ですしね!

私の体験談

以前に書いたことがありますが、私はコーヒーを自家焙煎しています。

それは、安上がりというだけではなく、体感的に、自家焙煎の豆の方がお腹を壊しにくいと思っていたからです。

 

でも、自家焙煎の豆でも古くなるとお腹を壊すという現象が先日起こったのです。

通常、一度の焙煎で2週間分のコーヒー豆ができますが、事情があって1ヶ月以上飲み切れずに置いてしまったことがあったんですよね。

ある時から、その豆で淹れたコーヒーを飲むたびお腹を壊し、下痢するようになってしまいました。

これはやっぱり鮮度の問題だと確信したものです。同じ品種の豆でも新しいか古いかでかなり体調が変わるもんですね。香りも少しは落ちますが、それよりも顕著でした。

 

恐らく、今まで市販のコーヒーでお腹を壊していたのは、成分の問題ではなく、鮮度の問題だと考えられます。

焙煎してから何日かけて、どんなルートで流通しているかわかりませんもんね。

自家焙煎は面倒だけど最高だ

自家焙煎は原価は安いし、うまく焙煎できれば香りも良いし、おまけに身体にも優しいとなると、やめられませんよね。

室内焙煎するしかない冬場は室内が香ばしくなってしまうというデメリットがありますが……。

 

今後も自分の身体のために自家焙煎を続けたいと思います。

 

ということで、今回はここまでになります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
美容健康のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました