作り置きと保存食 料理とレシピ

新生姜でさわやか美味しいガリを作ろう!しっかりピンク色にするコツも

投稿日:2019年7月9日 更新日:

新生姜

届きました!今年の新生姜が!

今年はネット通販を利用して、たっぷり4kg買いました。

もちろん紅生姜にするためですが、4kg全てを紅生姜にするわけではありません。

一部はガリにして、もう一部はジンジャーエールの素となる生姜ジャムを作ります。

 

ということで今日はガリを作りますよ!

紅生姜の作り方をお探しの方はこちら!

広告

今年はネットで新生姜をたくさん買ったよ

まず、今年買った新生姜。4kgで4980円(送料無料)ですが、北海道は送料として+1000円かかる。1kg当たり1500円くらいとなり、つまり100g150円くらい。

今年色々なスーパーを見て回って、新生姜は195円/100g程度が多く、それより安いものは品質が悪い感じを受けました。

これならネットで買った方が安心だし安い!ということで、4kgの大量買いに踏み切ったのです。

ネットで買うときは「くらし快援隊」というお店で買っています。こちら、割ときれいなものが届くし、親切だと思います。(口コミを見ると買う時期にもよるのかな)

ピンク色になる部分をピックアップして作るガリ

ではでは、ガリを作っていきます。

到着してすぐ、新鮮なうちに処理していきましょう!

たくさんある新生姜の中から、先端が赤くなっている部分をひとかけずつ切り取っていきます。

この赤い部分をたくさん含んでいた方が発色が良く、あのよく見るピンク色のガリになるのです。

この赤い部分、紅生姜を作る時は取り除くんですよ。梅酢にこの部分を入れると漬けている間に溶けてドロドロになってしまうのです。

ガリには必要な部分で、紅生姜には余計な部分。なら、全てガリにしてやろうじゃないの!

赤いところは傷みやすいので、届いたらすぐに作るのがコツなのです。(すでに傷んでいるところは除去する)

計量

という感じで先端ばかりを集めて900g。

残った部分は紅生姜とジンジャーエールの素にします。

残り

まだ少し汚いところがありますが、ここを後でさらに切り取ってジンジャーエールに。

 

さあ、ガリの作業に戻ります。

赤いところを縦に切るようにして全てスライスします。

最初は包丁で頑張りましたが……

スライス

量が量なので結局スライサーを活用。手を切らぬよう……。

薄さは向こうが透けるほど薄くなくて大丈夫。どうせ塩で揉んで湯通しして酢に漬けるので、ちょっとくらい厚くてもしんなりします。

塩もみ

900gの4%、つまり36gの食塩を全体にまぶして揉み、1時間くらい放置。新生姜は水分が多いので、すぐに水が出てきます。

 

生姜を放置している間に甘酢を作ります。ここでは酢と砂糖だけで作ります。

レシピによっては水で割ったり、昆布を入れたりしますが、今回はシンプルに。

酢3カップと上白糖2カップを鍋に入れ、一度沸騰させて冷ましておきます。これで900gの生姜が全て浸るくらいになります。(1kgでもいけると思います)

冷めたらガリを保存するためのタッパーに入れておく。

甘酢

さて、甘酢が冷めた頃に生姜から十分水が出ていると思います。

ここで大き目の鍋にたっぷり湯を沸かします。

 

塩もみした生姜を一掴みずつ沸騰した湯に放ち、さっとかき混ぜて網ですくう。

ガリに塩気を加えたくない場合は、湯通しする前に一度サッと水で洗っておきましょう。今回はそのままいきますよ。

ゆでる

そして、水気をほどほどに切って、熱いうちにタッパーに入れておいた甘酢に投入!

甘酢に投入

甘酢に水を加えなかったのは、この生姜のゆで汁が多少入るからです。これでちょうど良く薄まる。

このまま次々生姜をゆでますが、作る量が多い時は途中でお湯を替えて下さい。(500~600gごとに1回くらい)

今回は無理やり900gを一回のお湯でゆでましたが、最後の方はお湯がしょっぱい&ドロドロになってしまいました(生姜に含まれるでんぷん質が溶け出ている)

 

こんな感じでどんどん生姜をゆでて酢に入れていくと、全て入れ終わる頃には甘酢が赤く発色してきれいなピンク色に!

発色

このまま置いて、粗熱が取れたら冷蔵庫に保管します。

完成

甘酢が冷めた頃に食べられますが、一ヶ月くらい置いた方が味がなじんで美味しいです。

密閉して取り出す際の衛生に気を付ければ、一年はもちます。長持ちさせたい場合はタッパーではなく瓶の方がいいかな。

ガリ

3日も置けばこんなにきれいなピンク色に染まります。この頃になると甘酢そのものもかなり濃いめのピンク色に。

着色料を使っていないとは思えない。新生姜の先端の赤いところを入れなければこの色は得られないのです。

 

このガリはお寿司や生魚に添えるだけではなく、きゅうりやなすの漬物と和えたり、刻んでいなりずしの酢飯に混ぜたりすると美味しいですよ!

そして意外なところですが、コーヒーのお茶請けにも合います。お試しを。

学生の頃を思い出しながら作った

私が初めてガリを作ったのは、調理師学校のお寿司の授業でした。

最初の授業で、それ以降に使うための一年分のガリを作るのです。(これが漬かるまでは先輩が作ったガリの残りを利用)

もちろんスライサーは許されず、慣れない片刃の和包丁で、半端ない量の生姜をスライスしましたよ……。

しかも年度の最初ということは4月の授業ですから、柔らかな新生姜ではなくゴリゴリのひね生姜です。固かったわ~。

今は自分用に作るだけなので、スライサーをうまく活用してやっています。でも、懐かしいなぁ。もう20年近く前か……。

 

このガリが漬かったら生ちらし寿司でもやろうかな!握りも一応できるけど、下手くそだしネタを揃えるのに金がかかる。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

広告

-作り置きと保存食, 料理とレシピ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

スコーン

フードプロセッサーで手軽にスコーンを作ろう!

クロテッドクリームがお安く買えたので、大好きなスコーンを作りました! ジャムとクリームたっぷりのスコーンは本当に贅沢なおやつです。 スコーンはそれほど手間がかかるお菓子ではありませんが、フードプロセッ …

本

ミニレディー百科シリーズ「世界のおかし作り」を図書館で借りてきた

私のお菓子作りのルーツとも言えよう本が、こちらの「ミニレディー百科シリーズ 世界のおかし作り」でございます。 私が生まれた頃に出版された本で、買ったのは幼稚園児くらいの頃でしょうか。 児童書ですから成 …

じゃがいもの大量消費に!バター醤油コロッケのレシピ

我が家の家庭菜園、今年はじゃがいもが豊作です。 しかも、親戚から頂いたじゃがいももあるので大量消費せねばと毎日躍起になっております。 これまで、いももちレシピとアレンジ、じゃがいもパンのレシピをご紹介 …

トマトの追熟方法は?青っぽいトマトも美味しく食べられる!

ずらりと並んだトマト。追熟中です。 道の駅で買ったトマトの色が薄く、味も青っぽかったので追熟して食べることにしたのです。 道の駅に限らず、スーパーのトマトの中にも青っぽいものがありますよね。 そういう …

ササゲ(モロッコインゲン)の大量消費レシピ!カロリー付き

北海道では「ささげ」と呼ばれている野菜、正式名称では「モロッコインゲン」。 多少土が悪くても、手入れが適当でもたくさん収穫できるので家庭菜園で植えている人が多い野菜です。 我が家でも毎年2株程度植えま …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031