北菓楼の砂川本店限定「夢くりむ」を頂きました!しっとりなめらか!

スポンサーリンク
夢くりむ お出かけグルメ
スポンサーリンク

北菓楼のバウムクーヘン、北海道ではかなりの認知度ですよね。

「祝」などのおめでたい焼き印を入れるサービスなどもあり、贈り物としても人気です。

この定番タイプのバウムクーヘンのほかに、砂川本店限定の特別なバウムクーヘンもあるのをご存知ですか?

その名も「夢くりむ」!色白お肌のしっとり美味しいバウムクーヘンでした。

スポンサーリンク

砂川本店限定「夢くりむ」

夢くりむは、北菓楼の砂川本店でしか買うことができません。

この外出自粛中にわざわざ買いに行った……のではなく、そちらに住んでいる友人が送ってくれたのでした!

いやあ嬉しいな。遠出しにくいこのときに、現地の限定品が食べられるのは本当にありがたいです。

今年の3月に新発売された商品だそうですよ。

 

箱を開けるとこだわりの説明書きが。

説明

夢くりむの「くりむ」はクリームのことで、北菓楼の人気のシュークリームに使用している生クリームをたっぷり練りこんだバウムクーヘンだからこの名前だそう。

クリームだけでなく、チョコレート(色からしてホワイトチョコでしょう)なども入っています。

リッチな味わいが期待できます!

原材料

せっかく頂いたのですから早速いただきます。

箱の中には輪切りのバウムクーヘン。白い!

そして、画像からはわかりませんが、持つと袋の上からでもフワフワ感が伝わってきます。

バウム

焼き色が薄いので見えにくいですが、よーく見るとちゃんと年輪があります。

こちらをカットして頂きます!

バウムクーヘンはそぎ切りが一番美味しく食べられる切り方らしい……。

カットバウム

すごく柔らかいんだけどスッと切れます。ぼそぼそとか、モロモロと崩れることはない。

切り方があまり上手ではないのですが、うっすら見える年輪とエッジが立った切り口。

up

一口食べると、しっとりほどける。とろけるというよりも「ほどける」。

バターではなくクリームを使っているからか、まろやかで優しいコクが広がります。

飲み物なしでも食べられる喉越しの良さ。でもコーヒーがバッチリ合う。優しい味わいなので紅茶もきっと合います。

これはなんて美味しいバウムクーヘンなんでしょう!よくある、茶色い年輪がはっきり見えるバウムクーヘンとは全く違った美味しさを持つ特別な味がしました。

 

北菓楼はオンラインストアも充実していますが、この夢くりむは本店限定です。

近くにお住いの方はぜひ!遠くにお住まいの方は、いつになるかわかりませんが、心置きなく外出できる時が来たら本店へどうぞ。

しっとりバウムは高齢者にも食べやすそう

どちらかと言えばしっかり焼かれたタイプが好きだと自認していましたが、こんなふうに焼き色薄めでふんわりしたバウムも捨てがたい美味しさがあります。

年齢のせいか唾液の減少が気になるこの頃、今回食べた夢くりむは滑らかに喉を通って食べやすかったです。

がっしりどっしり、またはサックリハラハラした焼菓子は喉に詰まりそうという高齢世代の方にも受け入れられる焼菓子だと思いますので、敬老の日(まだまだ先ですが)の贈り物などにも向きそうですね。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました