週末だけのお菓子屋さん「焼菓子ガブリ」(新篠津)のスコーンサンドが美味しい

スポンサーリンク
看板 お出かけグルメ
スポンサーリンク

「焼菓子」という単語にときめいてしまいます。

クッキーやマドレーヌはもちろん、ブラウニー、フィナンシェ、スコーン、マフィン……どれも大好きです。

 

さて、そんな焼菓子好きの私の心にヒットした、「焼菓子ガブリ」というお店に行ってきました。

ここで、素朴で心にしみる美味しいスコーンを買ってきました!

スポンサーリンク

行商スタイルから店舗で販売へ「焼菓子ガブリ」

ご存知の方もいるかもしれませんが、焼菓子ガブリは以前はお店を持たずに行商で販売するスタイルでした。

私も行商時代に大通か札幌駅あたりで見かけたことはありますが、買う機会には恵まれず……。

そして今年の3月、新篠津村に店舗を持つに至ったそうです。

営業は週末のみで、基本的には土日、たまに金曜もお店を開けているとのことです。

 

本当は、レモンケーキとマフィンを販売している6月までのうちに行きたかったお店ですが、なかなかタイミングが合わず、7月になってしまいました。

でも、7月はスコーンにジャムなど挟んだスコーンサンドが新発売とのこと。それを楽しみにします。

 

札幌から新篠津は1時間かかるか、かからないかという距離ですが、この日はいい天気!ドライブも兼ねてお店に向かいます。

カーナビだとたどり着けないことがあるようなので、googleのナビを使用します。

でも、目的地近くなると、周りに何もなくなる……。道、合ってる?!

砂利道だし、道幅が狭いので、大型車や車高が低い車は大変かも。

道中

どうやらあの赤い屋根のおうちがお店のよう。遠くから、ほかの車が吸い込まれていくのが見えました。

入口

周りに自然がいっぱいで、素敵なお店。ただの古民家ではなく、ドアや看板などにこだわりを感じます。

駐車場は4~5台くらいは停められる広さです。

が、コロナ対策のため、混雑時は一度に入店せず、店の前や、売り場の前にある前室のような部屋で先のお客さんの買い物が済むのを待つ必要があります。

張り紙

この前室に、行商時代のリヤカーが。

リヤカー

前のお客さんが出たところで入店します。写真撮影、快く許可を頂きました……が……。

スコーン

7月から始まったというスコーンサンド、売り切れ……。

尋ねると、持ち歩けるように包装したものは売り切れですが、すぐ食べる用に今具を挟んで渡すことはできるとのこと。ホッ。

スコーンサンドを目当てに出向いたので、買えてよかった。嬉しいな。

スコーンの他には日持ちしそうな焼菓子類、

焼菓子

オリジナルエコバッグもありました。

雑貨

この日はキャラメルといちごルバーブジャムのスコーンサンド300円、サンドしてないスコーン250円(全粒粉とチョコチップ)、ブラウニー350円を買いました。スコーンサンドは挟みたてのを奥から持ってきてくれて、手渡し。

買い物を終えて店を出て、スコーンサンドはすぐに車で食べてしまいます。

キャラメル

こっちがキャラメル。甘苦のキャラメルソースのほか、バターも挟まっています。

スコーンの熱のせいか、バターが柔らかくなっていて生地にしみて、美味しい。

スコーン本体はさっくりとふんわりの間くらい。軽い食感で、小麦粉の味がよくわかります。

全粒粉のツブツブが香ばしく、たまに感じる塩気がキャラメルソースとよく合う。

いちごルバーブ

これはいちごルバーブ。やっぱりバター付き。

ルバーブ入りだといちごだけのジャムよりも酸味がある。でも、バターの脂肪分とスコーンの粉気や甘さがその酸味を受け止めていて、食が進む。

ルバーブだけだとまた物足りなかったと思う、いちごの華やかな香りが重要ですね。

やっぱりスコーンにはいちごが合うな!と再認識しました。

 

そしてもう一つ、私はスコーンというものが大好きなんだということも再認識しました。

自分でもしょっちゅう作るほどの好きっぷり。

スコーンは砂糖やバターがほかの焼き菓子より少ないせいか、小麦粉の美味しさを十分に味わえるところがいいんですよね。

お腹がすいているところだったので、炭水化物が心(脳)にガツンと来た!

車で「美味しい!」「美味しい!」と叫びまくっていました……。外に聞こえたかな。

 

帰宅後、改めて買ったものを食べる。

スコーンとブラウニー

全粒粉スコーンとチョコチップスコーンはリベイクすると外側サクッと、中はほわっと温まって、いい香りになります。

朝食にするには小さいので、おやつに。バターやジャムなしでも美味しかったです。

ブラウニーは木の実がいっぱいで、中はしっとりもちっと、チョコのビターな風味と、上に振られた雪塩の塩気が大人の味。塩のおかげで甘さもよくわかるというスイカ的現象を楽しめます。

ちょっとお高いブラウニーだったけど、満足感は高いです。

 

営業カレンダー

営業日、7月はこのようになっています。

 

 

【店舗情報】

焼菓子ガブリ

住所 石狩郡新篠津村第37線南11番地←カーナビではなく、スマホの地図アプリの方が確実にたどり着けます
営業時間 11:00~17:00まで(平日営業日は18:00まで)
営業日 毎週土日祝、たまに金曜日

 

営業時間、17時までとなっていますが、商品の残り具合によって延長されることもあるようです。

インスタで随時更新されているので、要チェックです。

近隣には羊さんがいますが、素通りすべし

焼菓子ガブリに行く途中にある住宅では、羊を飼育されているようです。

ついつい車を停めて写真を撮りたくなってしまいますが、動物が驚いてしまうのでそれはご遠慮くださいとガブリの公式サイトに注意書きがあります。

観光地ではないので、都会からたくさんの人が来るだけでも動物にとってはストレスだと思います。

車を停めず、横目で見つつ素通りするのが大人のマナーですね。

お店の前

これは前に並んだお客さんの買い物を待つ間に撮った、店舗前の畑の様子。心まで広くなりそう。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました