成城石井のチルドハンバーグ(和風)を食べてみた!

スポンサーリンク
ハンバーグ お出かけグルメ

成城石井

今日は一人飯!

ということで、チルドハンバーグを食べることにします。

これまで伊藤ハム、北野エースなどの高級チルドハンバーグを食べた感想を書いてきましたが、今回は成城石井のハンバーグの感想です。

スポンサーリンク

コーチャンフォー新川店で買える成城石井のハンバーグ

北海道には成城石井の実店舗は無いのですが、コーチャンフォー新川店の「コーチャンフォーマルシェ」に行けば結構な種類の成城石井商品を買うことができます。

チルド商品やデザート類はほんの少しなのですが、ハンバーグは常にある気がします。

ソースの味はプレーン、ペッパー、チーズなどもあるようですが、私は和風しか見たことがありません。

ということで和風ハンバーグを買います。お値段は税抜き400円くらいでした。

 

これは袋から出してレンチンするか、袋ごとボイルするかして食べるのですが、やっぱり雰囲気的にボイルだよね!

ボイル

ボイルの場合は10分かかるそうです。

ソースも袋ごとボイルせよと書いているので、売っている状態のままお湯に入れ込んでいますが、これで合っているんだろうか。

ソースは小袋を別にしてゆでるべきだった?

 

10分経過したのでお皿に盛り付け、ソースをかけます。

この日は付け合わせを用意する余裕がありませんでした。別盛りのサラダもあるし、いいか。

ハンバーグ

ソースはダシが効いたポン酢の香りがします。多少入っているモロモロしたものは大根おろしかな?

断面からは肉汁ジュワー……とまではいきませんでした。熱々なので加熱不足ということではないです。

断面

パッケージに「豆腐入り」と書かれていたのでふわふわした触感を予想していましたが、意外としっかり肉感がある。

そして細かすぎない玉ねぎの存在感もいいね!

色が白っぽいのは豚と鶏ひき肉だからですね。どうやら、和風のみ豚鶏合い挽きで、それ以外の味は和牛と豚の合い挽きらしい……。そっちも食べたかった。

でも、豚と鶏のおかげでくどさが少なく、ちょっと酸味のある和風ソースによく合っています。このソースがとても美味しくて、さすが成城石井と言わざるを得ない!

ハンバーグの大きさは120gだそうで、女性のお腹にちょうど良いボリュームでした。

 

見た目がとても手作りっぽいので、手作りと言われて食べたら騙されるかも……と思いました。

家庭的な感じでとても美味しいです。400円って、今主流になっている高級チルドハンバーグの中ではお安い方の価格だと思います。

自分で作るのは嫌だけどどうしても家でハンバーグが食べたい!という時に打ってつけの商品ですね。

ただし、近くに成城石井があれば、ですが……。

今度は違う味付けのハンバーグを食べてみます

今のところコーチャンフォーマルシェでは和風ハンバーグしか見かけていませんが、ペッパーやプレーン、チーズなどを見かけたら即買いして食べてみようと思います!

和牛と豚の合い挽き、とても気になる!

 

ということで今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました