袋小路の奥の奥!窓口だけのパン屋さん「よしぱん」

スポンサーリンク
よしぱん お出かけグルメ
スポンサーリンク

今年の3月に出たポロコのパン屋さん特集に掲載されていた、「よしぱん」というパン屋さんがずっと気になっていました。

でも、家からは遠く、しかもちょっとわかりにくい位置にありそう……ということで、半年たった今までなかなか行けずにおりました。

 

先日用事で山鼻方面に行くことがあったので、やっと立ち寄ることができました。

スポンサーリンク

袋小路の奥、アパートの1階にある「よしぱん」

よしぱんは地図アプリで見ると、鉤状の袋小路の奥にあると表示されます。

その通りに進むと、こんな看板が……。行き止り!!

行き止まり

不安!

でも、その手前をよくよく見ると、小さな幟が立っています。

のぼり

どんなパン屋さんなんだろう?とわくわくしながら見ると、アパートの一部を改装してパン屋さんにしているみたいです。

よしぱん

窓口から注文してパンを受け取るスタイル。札幌では珍しい感じ。アパートの黄色い壁に青い枠、すごくかわいい!

陳列も素敵なセンス。

窓の奥に立派な石窯オーブンがあります。これでパンを焼いているのね。

 

午後でしたが品揃えは豊富でした。

陳列

どれも小さめで、お値段はサイズの割には高めかもしれない。でも、どれも美味しそうです。

素材にもこだわっているとのこと。

黒板

すごく悩んで、以下の3つのパンを買いました。

よしぱ

クロワッサンと塩バターパン、あんぱん(赤)。

「ゆめぴり山」というゆめぴりかを使っているらしい食パンも気になりましたが、食欲が向いたのはこれらのオイリーなパン!

 

よしぱんではコーヒー類も販売していて、注文するとマシンで豆から淹れてくれます。ホットコーヒー100円、アイスコーヒー120円。すごく安い……。しかもアイスコーヒーを注文すると、ちゃんとしたロックアイスを入れてくれます。採算が心配……。

まず、このコーヒーが美味しかった。こんな美味しいコーヒーがあるのに、イートインが無いのがもったいないくらい。

 

パンの食べ歩きは喉に詰まるので、コーヒーだけすぐに飲み、パンは持ち帰る。

あんぱん

あんぱん(赤)。

小豆のつぶあんがたっぷり入っていて、生地はお餅のようにモチモチ生地。和菓子みたいなパンです。

つぶあんは田舎風の豆風味が強いやつで、塩がきいている。それがもっちり生地によく合っています。

 

クロワッサン

クロワッサンの断面。層が厚いタイプなんですね。

リベイクしたので表面のサクサク感はありますが、中はやっぱりもっちり。バターの風味がじゅわっとしてきます。

 

塩バターぱんはふわふわしている。でも、やっぱり噛むとどこかもっちり感もある。

よくあるバターをジョブジョブに染み込ませた塩バターパンではなく、ふんわりした生地の中にバターの風味が活かされたパンでした。

塩味はしますが、優しい。一口目で「しょっぱ!」と言いたくなる今時の塩バターパンと違って、食べやすいです。

 

道産小麦を使っているからか、もちもちした生地が多いと思いました。

もちもちかふわふわかは好みの問題ですが、どっしり腹に溜まるパンが好きな人ならハマる味だと思います。

安心材料を使っているのも、おすすめポイントの一つです。

 

お店は行きにくい場所ではありますが、見つけたときに嬉しい。小路の奥に隠し部屋を発見したような、RPG的な楽しさがありました。

このあたりを歩くことがあったら、是非行ってみて!

 

【店舗情報】

よしぱん

住所 札幌市中央区南10条西9丁目2−20
TEL 011-551-2244
営業時間 10:00~なくなり次第終了 火曜水曜定休

袋小路の行き止まりにあるため車ではとても行きにくいです。徒歩推奨!

わんちゃん用のパンもあります

陳列されているパンの中に、「わんぱん」というパンもありました。恐らく、ワンちゃん用のパンなんでしょうね。

店内に入らなくてもパンが買えるお店なので、犬の散歩がてら立ち寄ったりするのも楽しそうです。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ 中華
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました