北海道名物料理 料理とレシピ

栄養満点鹿肉でハンバーグを作る!意外と癖が無く美味しい!

投稿日:2019年3月10日 更新日:

鹿肉

ある日訪れた北海市場で、鹿肉が売っている……。

珍しいなと思い、ついついたくさん買ってしまいました。合計500g程度ですが……。

100gで198円は、豚や輸入牛に比べるとちょっとお高めですが、ジビエだと考えるとかなりリーズナブル。

さて、どう料理してくれようか……と考えた末、ハンバーグにすることにしました!

広告

鹿肉でハンバーグ作ろうぜ!

買ったのはスライス肉なのですが、これをフードプロセッサーで細かくして自家製ひき肉を作ります。粗挽き食感が美味しいですよ!

包丁で叩いてもできます。

玉ねぎは生のまま入れた方がジューシーになり美味しいと思います。

臭み消しのために生姜を入れていますが、これは無くても良かったかも。

材料(4~6人分)

材料

鹿肉 500g
玉ねぎ 1.5個(今回は小さめ3個)
生姜 2かけ
卵 1個(画像の卵は双子卵でした)
パン粉 カップ3/4
牛乳 カップ1/2

塩、こしょう 少々
ナツメグ 少々

サラダ油 大さじ1

エッグバーグにする場合は、卵を人数分

市販のデミグラスソース 適量
お好みの付け合わせ 適量

作り方

  1. 鹿肉はフードプロセッサーでひき肉くらいの細かさにする。玉ねぎはみじん切り、生姜はすりおろす。パン粉は牛乳に浸しておく。
    ひき肉
  2. 鹿肉、玉ねぎ、生姜、卵、パン粉牛乳、塩こしょうとナツメグを全て合わせ、粘りが出るまで混ぜ合わせる。
    混ぜる前

    こね上り
    あんなに真っ赤だった肉が白っぽくなります。豊富な鉄分が変色したのですね。
  3. お好みの形に成形する。うちは大き目に4つ分。定番の小判型のほか、ドーナツ型のを2つ作ります。
    成形後時間に余裕があれば、成形後に少し冷凍庫に入れておくと焼きやすくなります。
  4. あとはお好みの焼き方で加熱して出来上がりますが、今回はドーナツ型の方をスキレットでオーブン焼きします。焼き始める前にオーブンを200℃に予熱しておきましょう。
    熱したスキレットにサラダ油を引き、種を入れます。そして中央のくぼみに生卵を入れる!
    バーグ
  5. 底が焦げないうちにオーブンに入れ、200℃で17分焼きます。中央が空洞なので、小判型よりも火通りが早いです。
    ソースをかける
    そして焼き上がりにソースをかけてできあがり!

付け合わせが無く殺風景ですが、別盛りでゆでブロッコリーとホウレンソウがあります。スキレットにのせておくと焼けちゃうので……。

断面

断面。ちょっと卵に火が入りすぎました。(上のものは20分焼いています。17分ならもっと半熟になるはず!)

鹿ハンバーグは癖が無く、肉感があって美味しい

使用した鹿肉はバラ肉なのですが、豚や牛のバラよりも脂肪分は少なめ。

なので、噛むと肉のうまみがギュッと詰まっている感じがします。脂肪が少ないことで胃にもたれることも無さそうなのが嬉しいですね。

そして、臭みではなく山の香りというか、草の香りというか、ハーブっぽいような香りがします。

むしろ乳臭さが強い牛肉よりも食べやすいとも思う。

こんなに食べやすいならもっと普及すればいいのにな……、野生動物だから難しいか。

鹿カレー、鹿シチューも美味しいらしいので、次はスーパーに並ぶのを待たずにネットで買おうかなとも思う。

 

道内なら送料もそれほど高くない。道外の方も是非どうぞ!

とにかく鹿肉は美味しいので、見かけたら是非チャレンジしてみてくださいね。

鹿肉は低脂肪、鉄分豊富

鹿肉は豚、牛よりも低脂肪。ということは重さ当たりのたんぱく質が多いということになります。

また、家畜と違い山を駆け回っているため赤身が発達し、鉄分が豊富です。

つまり、鹿は低脂肪高たんぱく鉄分豊富、健康的な食材なのです。

 

鹿肉で元気を補給して、頑張ろう!

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

広告

広告

-北海道名物料理, 料理とレシピ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自家製ベーコンを作っています#1

  5月に入るとベーコンを作り始めます。 なぜ5月かというと、5時間以上もの外作業に耐えられる気温であること、近隣がまだ窓を全開にしていない季節だということ、そして洗濯物の外干しをしているご …

何もしたくないときの料理(4)電子レンジつくねの手抜きレシピ献立

しばらく間が開いてしまいましたが、久しぶりに手抜きレシピ献立をご紹介しようかなと。 ルールはこれまでよりもちょっと緩めて、 包丁を使わない(キッチンばさみやスライサー、おろし金は可) 汁物以外にガス火 …

食べ物界の2大勢力あれこれ!あなたはどっち?

いついかなる時も、人と人は対立するもの。 それは食べ物の好みだって同じで、親しいはずの人と言い争いになることも珍しくありません。   今回はそんな、食べ物の好みの2大勢力を集めてみました。 …

生麺から焼きそばを作るにはどうすればいいのか

ラーメン用の生麺で焼きそばを作ってみた記録と結果発表です。 ラーメンはスープ、具などの専用食材が必要ですが、焼きそばはちょっとのお肉(ハムでもいいね!)と常備している野菜、あとはオタフクソースがあれば …

ごま豆腐箸入れ

丁寧に丁寧に作るごま豆腐(濃いめ)!美味しくて栄養満点!

精進料理の定番、ごま豆腐。 スーパーでも出来合いのものが買えますが、自分で作ると味は格別です。 調理師学校時代に作った記憶を頼りに、手間暇かけて作ってみました。 広告 Contents1 ごま豆腐を作 …

【運営者】yurukurashi

【職業】フリーライター兼業主婦

料理、食べ物、北海道情報をメインとしたブログを運営しています。

詳しい運営者情報はこちら

※当ブログの文章、画像の無断転載を固くお断りします。見つけた場合は法的な措置を取らせて頂きますのでご了承ください。

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031