バレンタインの苦い思い出を聞いてくれ

スポンサーリンク
ケーキ 料理・食べ物考
スポンサーリンク

今日はバレンタイン!本命、義理、自分チョコ、友チョコなどなど、この日に行き交うチョコレートの種類も増えてきました。

今では自分チョコがメインで、その他のチョコとは縁が遠くなってしまいましたが(本命チョコはどうした)、昔はいろいろなチョコのやり取りをしていたものです。

 

今日は、そんなバレンタインの思い出の中から、いくつか苦いものをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

義理に混ぜて本命チョコを渡したら本命のお返しだけ無かった

昔々、まだ小学生くらいかな?好きな男子に本命チョコをあげるなんて恥ずかしくてできなかった頃の話です。

誰かに見られたら恥ずかしい、でもチョコを渡したい……という思いから考えた作戦が、本命男子とその他の仲のいい男子、全員一緒くたにして義理っぽく見えるチョコレートを配布するという方法。

包装は同じですが、本命男子にのみちょっとだけいい(高い)チョコが入っているんです。まだまだウブで、ラブレターを仕込むとか、本命だと匂わせることは全くできませんでした。

 

で、渡すところまではうまく渡せたんですが、いざホワイトデーになったとき!

その他大勢の男子はみんなお返し(義理チョコに相当するクッキーとかね)をくれたのですが、本命男子だけお返しがなかったさ……。

なけなしの勇気を出した分、あれは結構ショックだったなー。告白してもないのに振られた気分。

あとで知りましたが、ほかにも彼にあげた女子が数人いて、その全員にお返しが無かったそうな。

そういう主義の人だったんですね。(親御さんの方針かな?)

片思い男子への本命チョコのお返しを母経由で受け取る

赤い箱

さて、ここから数年進んで中学生の頃のこと。

告白やらはまだできないものの、片思い中の男子にだけチョコを渡す、ということくらいはできるようになりました。(小学生の頃の話とは別な男子です)

当日、スムーズに渡せたところで私はもう満足だったのですが、問題はそのあと!

ホワイトデーに一応お返しをくれたのですが、それが彼母→うちの母経由できたのだ!(届けにきてくれたそうだが、私は塾に行っていて不在)

 

親には本命チョコの用意自体隠していたので、「えー○○君のこと好きなんだー」などと、そのあと冷やかされてすごーく恥ずかしかったです。思春期真っ盛りですからね。

本命の彼のことも、親にお返しを託すあいつもどうなんだ、と思って、ホワイトデー以降あまり意識しなくなりました。

彼氏にあげた本命チョコのお返しが義理のお返しと同じ

時間はグッと進んで、社会人になってからの話です。

 

彼氏に当然チョコをあげ、お返しをもらうのですが、そのお返しが義理チョコをくれた人と全く同じと知って、それはそれは怒りましたよね。

当時は職場恋愛で付き合っていることを隠していたので、私が奴の彼女だと知らない他の女子社員(既婚者なので当然義理チョコ)が「○○君からはロイズのバトンクッキーだったわー」と、普通に言ってきて発覚。

しかも、種類だけでなく容量も同じときた。ロイズのバトンクッキーって、いっぱい入って安いよね……。

特別なものが欲しいとまでは言わないが、値段が同じでもせめて別なものを買えよ!と、お説教をした苦い思い出です。。

他人の本命チョコに口を出す友人と縁が切れた

チョコ

最後は、相手の男性との苦い思い出ではなく、友達関係です。

私も他人のことは言えないが、他人の彼氏へのプレゼントとか口出ししたがる人、いますよね~。

 

私の友人(知人か)にもそういう人がいて、私が彼氏に何をあげるのかしつこく聞いてきて、「作ろうと思っている」と答えると、「今時そういう幼稚なことやめたら?大人なんだから海外の高いチョコとかにした方がいいよ!」などと言って来る。

いやそういう価値観の人もいるかもしれないけど、うちの彼氏は違うと思うよと言うと、「中途半端な手作りとかより高級品でセンスあるところ見せた方がいい」とか、ゴリゴリ押してくる。

手作りと言っても中途半端にするつもりはないし、私の彼氏(前述のロイズバトンクッキー君)は高級品がわかる男とも思えないんだけど……。自分が誰かにあげたい気持ちを私に押し付けてない?

彼女はいつもこんな見当外れなアドバイスばかりでなんか話噛み合わないし、それ以降も問題ある言動が多かったので、今では縁が切れています。

変な人っているもんだね。

苦いばっかりじゃないバレンタインの思い出

青

こんなふうに、今まで経験したバレンタインデーには苦い思い出もたくさん。(というかホワイトデー関連の話でしたね)

結婚して相手が固定となった今、苦い思いをすることもなくなりましたが、ちょっとあの頃に戻りたいなと思うこともあります。

結果は苦くても、そこに至るまでの準備から楽しいものですしね。

時に苦いことがあっても、バレンタインデーは楽しいことの方が数倍多い!

本命チョコも自分チョコも友チョコも、お店で選んだり手作り派ならレシピを考えたり、ウキウキすることばかりです。

 

そんな思い出話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました