冬以外はタイヤ屋さん?!新川西の住宅街にある「石焼きいも 金」

スポンサーリンク
外観 お出かけグルメ
スポンサーリンク

金

先日、焼きいも好きな友人の強い要望で訪れたお店。

北区と手稲区の境目あたりに焼きいも屋さんがある、という情報を入手し、ずっと行く機会を窺っていたのだそう。

今回たまたま近くを通ることがあったので、やっと入ることができました。

スポンサーリンク

住宅街にある焼きいも専門店「石焼きいも 金」

数年前にできた手稲に続く道路、富岡通沿いにある石焼きいも 金。

いつもあまり意識していませんでしたが、今日改めて見ると、焼きいも屋さんぽい幟が立っている。

外観

お店の入口には「営業中」の札が!

冬以外はやっていないという噂があり、もう3月だし営業していないかも……という心配は吹き飛びました。

 

店内は焼きいも屋さんっぽくなく、ご店主の趣味なのかたくさんの置物やミニカーが飾られています。(なんか怖気づいてしまい、店内の撮影許可を取るのを忘れてしまいました)

手前のテーブルに座っていた男性がご店主らしく、「初めてですか?」と声をかけてくれました。

そうですと答えると、今日売られているお芋の説明をしてくれました。

 

今日は3種類のさつまいもを焼いているそう。

一つは有名どころ、安納芋。ねっとり蜜が多いのが特徴だそう。

もう一つはシルクスイート、比較的ホクホクしているタイプ。

最後は紅はるかという、シルクスイートよりいくぶん細身のさつまいも。これはねっとり系のようです。

 

友人と1本ずつ買おうということで、安納芋とシルクスイートをチョイス。どういう内訳かわかりませんが、2本で1200円でした。

袋

高いような気もしますが、焼きいもは時間と設備投資が必要ですもんね。これくらいしてもおかしくはない……。

ちなみに1時間半以上かけて、たまにひっくり返しながら低温でじっくり焼くのだそうです。オーブンではこうはなりませんね。

 

安納芋は、割るとオレンジで蜜たっぷり。あんこのようななめらかな質感と強い甘み。

安納

芋特有の味なのか、ちょっと酸味がある感じがしました。

水分が多いのでかぶりついて食べるのは大変、スプーンでほじります。小さめなのであっという間に食べ終わる。

 

もう一方、シルクスイートはホックリ系と言われましたが、それでも蜜がある。縁のあたりはねっとり感があります。

シルク

中央は白くホクホクした食感で、甘すぎず丁度いい味加減。

私は安納芋よりこっちの方が好きかも。

 

どちらも自宅で焼くのでは出ない甘みと香ばしさがあって、さすが専門店の味!という感じでした。

ケーキや和菓子よりもお高めなので頻繁には食べられませんが、季節の味を楽しめて良かったです。

 

【店舗情報】

石焼きいも 金

住所 札幌市北区新川西3条5丁目6−20
TEL 090-8372-3761
営業時間 11:00~19:00

今年は3/20まで休みなく営業だそう。それ以降は日曜のみ営業とおっしゃってました。

ただ、大手クチコミサイトによると冬季以外閉業という情報もあるので、行く際には店舗に確認をお願いします。

本業はタイヤ屋さんだそうです

焼きいもを包装してもらっている時にちらりと聞いたのですが、焼きいも屋さんは副業だそうです。

では本業は……と尋ねると、タイヤ屋さんなんですって。

冬季は暇なので焼きいもを売っているとのこと。副業なのに専門的な石焼き機を入れて、こんなに美味しく焼けるなんてすごい!

今季はもう行く機会がないかもしれませんが、また来年近くを通ることがあれば行きたいです。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク
お出かけグルメ スイーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました