PASEOにできたアマノフリーズドライステーション!フリーズドライもここまで来たか……

スポンサーリンク
看板 お出かけグルメ
スポンサーリンク

看板

パセオイーストに「アマノフリーズドライステーション」というお店ができていました。

ファッションやコスメのお店が並ぶ中、やや異色な店構えなので気になって入ってみると、フリーズドライ味噌汁で有名なアマノのアンテナショップでした。

スポンサーリンク

味噌汁だけじゃない!フリーズドライの汁物全般から、素材まで!

アマノフリーズドライステーションは3月1日にオープンしたばかりのようです。

ちらし

ゆえに店内にはたくさんの人がいて、写真撮影の許可を頂くどころではありませんでした。

中にはずらりとフリーズドライ食品が並んでいて、定番のお味噌汁はもちろん、お吸い物、洋風・中華風のスープも。

それだけではなカレーや中華丼、親子丼などから、ご飯ごとフリーズドライにした雑炊やおかゆなども!!

また、野菜をフリーズドライにしたものは、乾物のように保存しておける食材として重宝しそうです。

 

店内をじっくり見て回り、興味があるものをいくつか買ってきました。

フリーズドライ

なめこやなすの味噌汁は定番人気商品ですから、食べたことがある人も多いと思います。

松茸のお吸い物は香りが良く、つるんとした食感を残した松茸スライスが入っています。インスタントの松茸風味お吸い物とは違った高級な味がしました。

 

カレーと中華丼はまだ食べていません。災害時などを考えると、一気に食べてしまうのは勿体ない気がしまして……。

 

一番興味があったのは、右側のフリーズドライのなす!

カット済みの揚げなすをそのままフリーズドライしているそうで、熱い調味液に浸して戻すだけで一品できあがってしまうという便利食材です。

フリーズドライなすをめんつゆで戻して食べてみる

なすのお味噌汁が美味しいのですから、味が付いていないものも絶対美味しいはず!

ということで、戻して食べてみましょう。

なす

30g入りで350円くらいだったと思います。結構お高め。いや、戻したら結構な量になるのか?

裏

原材料はなすと油と塩。そして酸化防止剤。

中には軽ーい質感のなすチップスが。

中身

袋の裏にはこの商品の調理例が書かれています。

今回はこの調理例の通りに作ってみましょう。

まず、めんつゆを沸かす。かけうどんの汁くらいの濃さにしてみました。

めんつゆ

沸騰したら火を止めてなすを投入。20g入れました。

入れた直後

60秒後↓

戻った後

なんと、これで完成。

小鉢に盛り頂きます。汁が多く、盛り付けがおかしいですが気にしないでください。

小鉢

20gで2人分いけるか?と思いましたが、やっぱり少ないです。また、結構汁が余る。

ただ、食感はトロトロで、生のなすを揚げて煮込んだものと同じ感じ。言われなければフリーズドライだと気付かないかも。

皮は生なすよりも柔らかいかな。

 

味は油のコクとなすのトロトロ食感が美味しい。麺つゆがよくしみていて、歯応えは乏しいものの一つのおかずとして成立しています。

何もしたくない時の副菜にいいと思います!

 

便利さ、美味しさは大したものですが、やっぱり量が少ないのと、その割に価格がお高めなのが気になるかな。

でも、麺つゆだけではなく甘酢ダレやトマトスープに入れたりすると、かなり味の幅が広がりそうです。一人暮らしの人が常備するにはぴったりかもしれない。

うちでも災害時に備えて、もう一袋くらい買っておきたいなと思いました。

他のフリーズドライ商品も気になる

今回買った以外にも、麺がもう入ったパスタや旨みの濃さを重視したシリーズなど、気になる商品がたくさんありました。

札幌駅を利用したついでにまた立ち寄って、新たなフリーズドライ食品を試してみようと思います。

毎日汁物を作る余裕がない方、そうでなくてもお弁当に添える汁物にもこだわりたい方などは、一度行ってみて下さいね。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ買い食い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました