クロックのカレーは好みが分かれる!あなたはどっち?

スポンサーリンク
びーふ お出かけグルメ
スポンサーリンク

クロック

札幌でも老舗の部類に入る欧風カレー屋さん、クロック。

札幌と言えばスープカレーと思っている人が多いでしょうが、ルーカレー(この言葉自体全国的ではないらしいが)が美味しいお店だってたくさんあるのです。

今回、ある話をきっかけに「行ってみようか!」ということになり、訪問しました。

スポンサーリンク

「好き派」「苦手派」二分されるクロック

行くきっかけになった話とは……。

旦那が会社でカレーについて話していると、「クロックのカレーすっごく好き!」という人と、「クロックはちょっと苦手かな」という人、真っ二つに分かれたんだそうです。

面白いことに、好きな理由も、苦手な理由も、みんな「味が濃いから」と言うのです。

濃いめ好き、薄味好きの違いなのかもしれません。

 

そんな話を持ち帰ってきた旦那が、自分はどちら派か確かめるべく「今度行こうぜ」と誘ってきたのでした。

クロックは山の上にあるお店

クロックはルーカレーの中でも有名店で、ファンが多いことで知られます。車でないとちょっと厳しい場所にありますが、それ前提で駐車場も多めに設置されているようです。

駐車場

到着すると、店前の駐車場はいっぱい!かろうじて一台分あいていたので、そちらに入れます。

店内に入ると、満席ではないもののお客さんが多い。カップルやグループ客だけでなくおひとりさまも結構いる。

おひとりさまはリピーターっぽいオーダーのしかたをする人が多い。リピーターの多さからわかるのは、好き派になるとかなりハマってしまうということですね。

メニューはこんな感じ、ちなみにランチカレーは今日はポークでした。

メニュー

ランチカレーはドリンクが付いてちょっとお得になるようです。

が、私は単品のビーフカレー。普通盛り。辛さは4段階のうち、「辛い」を選択。

びーふ

ご飯の真ん中に煮込んだ牛肉、ルーは別皿にてお好みの量かけながら頂きます。

ちなみに旦那は大盛りランチカレー。同じく「辛い」。

ポーク

同じくルーは別添え。結構ご飯多い。でもルーも多い。

 

さて、どんな味か……と食べてみると、欧風カレーらしくワインやトマトの酸味が先にきて、あとからうま味と塩気が来る。そして最後にスパイスの辛さという感じ。

確かに……味が、濃い!!ほんのちょっとのルーでご飯がたくさん食べられるカレー。

塩が多いというよりも、うま味塩味甘味酸味その他が凝縮されたカレーという感じです。美味しくはある。ただ、普通盛りではご飯が足りない。

ちなみに、濃い味好きを自認する旦那の方も、大盛りにしたにも関わらずご飯が足りなくなっていました。

ご飯だけを追加することもできるようですが、生憎満腹でできなかった……。

 

総評として、ルーそのものは味が濃いながらすごく美味しい。でも、「普通盛り」はご飯とのバランスに問題がある。

ルーだけ持ち帰って、好きなだけご飯を用意して食べたいと思いました。次回はお店で食べずに、ルーを持ち帰ろう……。

持ち帰りする方も多いみたいですよ。

 

【店舗情報】

クロック

住所 札幌市中央区円山西町9丁目2−25
TEL 011-642-2678
営業時間 11:30~22:00(月曜定休) 

結局どちら派だったのか

実食して、私たちがどちら派に付いたのかというと……。

旦那は「リピートなし」と言っていたので苦手派なのかな?

私は、ご飯をたっぷり用意して食べられるなら、きっと大好きな味だと思いました。つまり好き派ってことですねー。

あなたはどっち派でしょうか?

 

ということで、今回はここまでです!

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました