札幌市内のきんつば置いてるお店まとめ きんつばは意外に入手困難

スポンサーリンク
榮太樓 お出かけグルメ
スポンサーリンク

今、きんつばがマイブームです。

あんこを固めて表面に衣を付けて焼いただけの、シンプルな和菓子。

刀の鍔に似ているということから金鍔という名前が付いたという伝統菓子です。

 

きんつばって美味しいなぁと最近思うようになり、ではどこかで買って来るか……と思って市内の和菓子屋さんを探したところ……。

意外と置いているお店、少ない!定番和菓子だと思っていたのですが……。

そんな中でも色々探して、現時点で買うことができたお店を感想付きでまとめました。

スポンサーリンク

もち工房みやび(札幌市北区)

みやび

この外観画像は数年前のもので、しかも肝心のきんつばの画像も撮り忘れているのですが……。

最初にきんつばを買って「美味しい!」と思ったのがこちらのみやびさん。

「もち工房」とあるように、大福などの餅菓子が美味しいお店なのですが、中に詰まったあんこも美味しい。

だから、きんつばも当然美味しい!

大福のついでに買ったきんつばが美味しくてハマってしまいました。大福よりも日持ちする点もありがたい。

御菓子舗 田島庵(札幌市豊平区)

外観画像は無いのですが、住宅街に存在する隠れ家のような和菓子屋さんです。

売っているお菓子の種類は少ないですが、昔ながらの和菓子が多くていい感じのお店でした。

お会計もわかりやすい感じです。

田島庵

田島庵でお菓子を買うと、こんなフードパックに入れてくれる。ね、いかにも地域に愛される和菓子屋さんって感じでしょう。

開封直後はちょっとべとついた感じなのですが、

焼く

トースターで表面が乾く程度に焼くと食べやすくなるし、あんこの香りも立ってとっても美味しい!

消費期限などは書かれていませんが、小さなお店の手作りだからきっと日持ちしない。

でも、その分あんこがフレッシュな感じでよかったです。

 

田島庵さんはきんつばだけでなく、豆大福も美味しいです。餠であんこを包み込んだ一般的なものではなく、薄く延ばしたお餅であんこをくるっと巻いたもので見た目もかわいい。

シャトレーゼ

シャトレーゼ

札幌市内にもたくさんお店がある、シャトレーゼでもきんつばが買えます。日持ちするし、しかも安い。

シャトレーゼと言えば洋菓子のイメージですが、和菓子も評判が良いですよね。

シャトレーゼきんつば

表面を焼くとパリッとして美味しいです。

あんこは小豆の粒感がしっかり残ったもので、羊羹のように寒天が強いものではありません。

値段の割に高品質だなぁと感心してしまいました。

榮太樓總本舗

榮太樓

榮太樓総本舗と言えば、創業200年以上の老舗。札幌市に店舗はありませんが、デパ地下の全国各地のお菓子売り場で榮太樓総本舗のお菓子をよく見かけます。こちらは三越地下で買いました。

私は勝手な印象で飴菓子が代表商品と思っていたのですが、それと同じくらいきんつばも有名なんですね。

ご覧の通り円盤型のきんつば。珍しいですね。

一般的なきんつばのように薄く水で溶いた小麦粉や白玉粉を付けて焼くのではなく、粉を練ったものを薄く延ばしてあんこを包み込んで表面を焼いています。これには高い技術が必要なのだそうですよ。

味はとっても甘い!甘さ控えめ和菓子が多い今、この脳にガツンと来る甘さがたまらないです。

ほかにもきんつばを探し歩いています

3月末くらいからきんつばを求めて歩き、現在までに食べることができたのがこの4つです。

和菓子屋さんってけっこうある割に、きんつばを常に置いているお店って意外と少ないんですよね……。日持ちしないからかな?

現時点で、売っていそうなお店を2、3店は押さえているので、それらを食べることができたらまた感想を載せていきます。

 

ということで今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました