JAKEORGANIC(ジェイクオーガニック)の有機平飼い卵を買って食べてみた

スポンサーリンク
パック お出かけグルメ
スポンサーリンク

久しぶりに初めて見る養鶏家さんの卵を見つけたので、買ってみました。

コープさっぽろのご近所野菜コーナーに並んでいました。

 

6個入りでお値段600円、1個100円の卵……。

これまで買った平飼い卵の中では最高値かもしれない。

 

今日はこちらの卵のご紹介と、味の感想を書いていきますね。

スポンサーリンク

JAKEORGANIC(ジェイクオーガニック)は岩見沢にある有機農場

ジェイクオーガニックさん、初めて聞く生産者です。

調べてみると、岩見沢にある有機農法の農場だそう。

公式サイトが2020年にできていることから、まだ歴史の若い農場のようです。

取り扱い商品は今回買った鶏卵のほか、それを使用したプリン、リーフレタスがあります。

 

卵が主力商品のようで、「子どものことを日本一考えぬいた卵」と書かれています。安心して食べさせられるという意味?

公式サイトもまだ新しく、情報が少ない部分はありますが、とにかく安心安全な食品づくりに尽力されているということで、是非応援したいと思います。

卵はオムレツにして食べる

実は、ここ最近はずっとスーパーの安い卵を食べてばかりでした。

元々、卵の味がダイレクトに出る料理やお菓子には美味しくて癖のない平飼い卵を使うように心がけていたのですが、最近はそういう機会も減っていまして……。

先日、安い卵の白身で作った「雲パン」にとても卵臭さを感じて、改めて丁寧に生産された卵の価値を思い知ったというわけです。

たまご

パックの中身は茶玉。大きいものと小さいものが混ざって入っています。

今回はこちらの卵は、シンプルなプレーンオムレツにして頂きたいと思います。

割った中身は平飼い卵に多いレモン色ではなく、オレンジがかった見慣れた色。

割った

これを塩こしょう、少しの牛乳とバターでオムレツにする。あんまり上手じゃないんだよな……。

オムレツ

 

一応ケチャップも少しかけましたが、まずは卵の味だけを確かめる。

あーやっぱり美味しい。見た目は普段通りのオムレツなのに全く生臭くなく、軽いのに味がしっかりしています。

生臭さがなく、味が濃いのは白身が美味しいからでしょうね。

やっぱり美味しい卵の質は白身に出ると思う。全卵を使った料理の味が薄くならない。

ケチャップは普通のやつなんですが、ほんの少しつけると卵の香りが引き立つ。トマトの味と卵の味の相性の良さよ。

 

ほうれん草ソテーとオムレツ、ご飯だけの昼食でも大満足。

いい卵って、それだけでおかずになりますよね。目玉焼きも、卵ご飯も。

価格=味ではないのでしょう

1個100円相当の卵、安売り卵の10倍の値段です。

もちろんうま味が濃いとか、臭みが少ないとか、食味に優れた点はたくさんあります。でも、味だけで言えば、安売りの10倍美味しいというわけではない。

きっと、価格に上乗せされているのは、安心安全という点や生産者の思いなどなんでしょうね。

食べる側の気持ち(とお財布)に、それを受け止められるだけの余裕があってこその価値なんだろうなと思いました。

そういえば私も、最近は気持ちに余裕がなく、食品を選ぶということを忘れていました。ちょっと寂しいですね。

 

ただ、私は「平飼い以外絶対ダメ!」という考えではないし、経済的に余裕があるわけでもないので、安い卵も適度に食べつつ、卵そのものの美味しさを求めるときや特別なときのごちそうには良い卵を使う、というふうに使い分けていきたいと思います。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました