私語厳禁の読書喫茶「トモミ文庫(パーラートモミ2階)」で一人時間を過ごす

スポンサーリンク
看板 お出かけグルメ
スポンサーリンク

一人で円山近辺を歩いている際に中途半端に時間が余ってしまったので、人気喫茶店の2階にある読書喫茶、「トモミ文庫」でゆっくりしてきました。

本がずらりと並ぶ屋根裏部屋のような空間は、とても心地よいものでした。

スポンサーリンク

パーラートモミ2階の「トモミ文庫」

トモミ文庫は、円山にある若い女性に大人気の喫茶店(カフェ?)パーラートモミの2階にあります。

パーラートモミはパフェやナポリタン、オムライスなどが人気ですが、これらをトモミ文庫で食べることはできません。

メニュー

メニューはドリンクと焼菓子のみと限られています。

それよりも気になるのがメニュー右側のお店のルール。お一人またはお二人までの利用で、「私語厳禁」!つまり、お喋りしちゃいけないんです。

でも、一人だから大丈夫。先に1階のレジ前で注文をしてから2階に通されるのですが、2階に行く階段がいかにもバックヤード感あふれる、趣のあるつくりなんですよ……。

古い家屋によくある急こう配な階段なので、昇降に気を付けたいところ。

お客さんは私以外いない。下のパーラートモミは満席だったので意外でした。

 

下で「トモミルクコーヒー」を注文済みなので、本を眺めながら待ちます。

本当に本屋さんや図書館みたいな本の数で、洋書もある。

あ、この小説うちにもあるわ……。

 

こんな空間、いるだけでちょっとワクワクしてしまう。

筆談

私語厳禁なので筆談用のノートが置いてある。でも、お一人利用が多そうだな。

2階はエアコンがなく、窓からの風と扇風機で涼をとります。扇風機の真ん前の席を陣取ると、飲み物が届きました。

ミルクコーヒー

最初から甘味が付いていますが、ガムシロップで調整してくださいとのこと。甘さは追加なしで大丈夫でした。

内観

前方一面に本が並ぶ席でミルクコーヒーを頂きます。

市販のコーヒー牛乳よりコーヒーの香りが良くて、牛乳も濃厚で美味しいです。

結構歩いた後だったので甘さと冷たさが心地よい。

 

何か本を読もうか、でもグラスの結露で汚してはいけないので飲み終わってからにしよう。

でも、飲み終わる頃には身体が一休みモードに入ってしまい、結局本を読まずにただぼーっとしてしまいました。

しばらくぼんやりして、この日のひとりカフェタイムを終了。

気を付けながら階段を下ってお店を出ました。

 

【店舗情報】

トモミ文庫(パーラートモミ2階)

住所 札幌市中央区南6条西23丁目5-6
営業時間 10:00~18:00(L.O.17:15)
トモミ文庫は土日お休み

パーラートモミの定休日は以下のとおり。

定休日

こんなレトロな外観だったんですね

外観

お店に入るときはちゃんと見なかったのですが、離れて見るとこんなレトロな店構えだったんですね。

二階部分がトモミ文庫。

レトロなお店だけど店内は女子で溢れていて、いろんな意味で円山っぽいお店。

 

ということで、今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
お出かけグルメ カフェ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました