谷口養鶏場(美瑛)の自然卵「恵」を頂いたので食べてみる

スポンサーリンク
卵袋 お出かけグルメ
スポンサーリンク

ここ数年の間、いろいろな生産者の平飼い卵を買って食べています。

それを知っている友人が旅行のお土産に美瑛の平飼い卵を買ってきてくれました。

ドライブ旅行の道中に無人販売所があったから立ち寄ってみたのだとか。

 

谷口養鶏場というところの、自然卵「恵」という卵だそう。

 

せっかく頂いたので、新鮮なうちに食べてみます。

スポンサーリンク

谷口養鶏場の自然卵「恵」

生産している養鶏場から直接買ったのではなく、道端にある鶏卵の自販機からの購入とのことです。

卵を保護する紙やプラの容器に入れず、ネットに入った卵がそのまま入っていたそう。持ち帰るのにきっと気を遣ったでしょうね。

卵と一緒に生産者からの説明書きが。薬品不使用、雌雄同時飼育の有精卵、そして「本物の健康食品」という、自信に満ちた商品説明。

黄色い紙

頂き物なので価格は聞きませんでしたが、紙には「一般のケージ卵よりは少し高いと思いますが」と書かれています。

1ネットに14個、大小さまざまな卵が入っていました。葉っぱなどの汚れが多少ついていることから、洗卵せず拭くだけで出荷しているのだろうと想像できます。

 

ひとつ割ると、黄身は濃すぎず薄すぎず。私は黄身の色はあまり気にしない方ですが、これくらいの色だと「あー、卵だなー」と思う。適度な色です。

緑餌を多く与えているとのことなので、黄身にビタミンAの色が入っているんですね。

この小鉢ではわかりにくいですが白身もこんもりしていますよ。

生卵

これを、半熟目玉焼きにして食べたいと思います。

フライパンにサラダ油を引いて、普通に焼く。

目玉を焼く

目玉焼きは、油多めで焼いて白身は揚げ焼きっぽく、黄身は半熟にしたのが好きです。

目玉焼き

白身のパリパリサクサクしたところが香ばしくて美味しい。厚みがある部分はぷりぷりして、半生のところはとろりとしながらちゃんと味がある感じです。

黄身も嫌なにおいがせず味が濃いです。黄身を白身にまぶすようにして、ちょっと醤油をかけて頂くだけで、たまらない味です。

あまりに美味しいのですぐに食べてしまいました。これなら2個一度に焼いても良かったかもと後悔しました。

 

谷口養鶏場の情報を。

住所 上川郡美瑛町字旭第4
TEL 0166-92-0299

添付の紙には上記の住所と電話番号が記載されていますが、これだけだと地図検索しても出てこないのです。

友人によると自販機の位置も忘れてしまったとのこと……。まあ土地勘が無いので仕方がないですね。

今後、美瑛を旅したときにでも、自販機を見かけたら住所を控えておくことにします。

気になる方は谷口養鶏場に直接電話して、購入できる場所を確認してみるという手もありますよ。

札幌近郊より遠くの卵も気になりますね

私が今まで食べた卵たちは、どうしても札幌市内かその近郊の生産者によるものに偏ってしまっていました。

それより遠くの生産者の卵は、たまにコープさっぽろの平飼い卵コーナーで見かけたときに買うくらいです。

今、積極的に遠くに旅行するのもどうかな……という時期なのであちこち行くことはできませんが、今後もしも再び気兼ねなく旅行できる時世になったら、卵を求める旅に出てみたいと思います。

 

ということで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました