小樽で蕎麦を食べるなら、「一福」で!シンプルなものがおすすめです

スポンサーリンク
てんぬき お出かけグルメ
スポンサーリンク

一福

夏場に小樽に行った日のランチは、粋にお蕎麦を頂くことが多いです。

小樽の「一福」という蕎麦屋さんが、私の子供の頃からの行きつけ。つまり、親の代からの行きつけということです。

今回の小樽へのお出かけも、一福のでお昼にしました。

スポンサーリンク

細く真っ白な更科蕎麦のお店 一福

一福は真っ白な更科蕎麦が特徴で、しかも細い。でも、ぶちぶち切れずにスッと食べられる。

何かつなぎが入っているのだと思いますが、蕎麦の味がしっかり味わえます。

そして!熱いものも冷たいものも、ツユの味がとても美味しいのです。

麺だけは美味しくてもツユがいまいち……という蕎麦屋さんは多いですが、この一福はどちらも美味しい!素晴らしい!

 

平日の12時ちょうどの来店で、既に7割くらいは席が埋まっています。

観光客ではなく地域の方が多い様子。そうですよね、観光客は海鮮を食べに行くよね……。

メニュー。

メニュー

もりで650円、それ以外も少し高め。各種うどんもできます。

このページの他に、写真付きページもあります。これは一部のメニューのみです。

写真

あれ?

前に来たのは数年前だったか……。その頃は天せいろがあったと思うのですが、いつの間にか無くなっている!

天せいろ好きなんだけどな、残念。ということで、冷やしたぬきにします。

たぬき

卵は生とゆでから選べます。ゆでたまごにしました。

具がたっぷりで蕎麦が見えない。

天せいろが無いので冷やしたぬきにしたのですが、これがちょっと失敗だったかも。

天かすが出来立てではなく、固くて……。うーん、これならただのもりそばでも良かったかな……。

厨房からも揚げ物の気配がないので、天かすは作り置きか、どこかから仕入れたものなのだと思います。

でも蕎麦とツユがすごく美味しいので良しとします。

 

同行の旦那は、もりと天ぬき。

てんぬき

もりそばに熱い天ぷらそばの汁が付いたものです。この真っ白い蕎麦が素敵……。

蕎麦が美味しすぎて、旦那曰く中盛りや大盛りでもいけた、とのこと。

店内をよく見ると、男性客は若人老人問わず皆さん中盛り以上を注文している!

 

ただ、やっぱり天ぷらが揚げたてではなく固そうな感じ。でも、こちらは温かいツユに浸して食べるので、あまり気にならないとのこと。

 

冷たいツユも、温かいツユも出汁がきいていて、醤油と甘さの加減が丁度良くて、美味しいです。

ちょっと甘めの部類に入るかもしれませんが、私は一福のツユが一番好みです。蕎麦もね。

 

【店舗情報】

生蕎麦 一福

住所 小樽市色内1丁目6−8
TEL 0134-22-1043
営業時間 11:00~19:00 月曜定休

駐車場が複数台分あるので、車でも行けます!

ただ、このあたりは一方通行が多いので、標識にご注意を!

ここの蕎麦で育ったせい舌が肥えてしまったよ

今回は天ぷら系が残念な味でしたが、昔は本当に天ぷらも美味しかったのです。

ここでは天せいろばかり食べていました。

 

今回再確認したのは、蕎麦、そしてツユはやっぱり一福のが一番美味しいなということ。

もちろん好みの問題もありますが、こちらの蕎麦を食べ慣れていると、よそのお店で物足りなく感じてしまう……。

子供のうちから贅沢なものを食べつけているせいで、舌が肥えていたようです。

いいんだか悪いんだか!

 

ということで、今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました