「カレー屋テラコッタ(北大エリア)」でうま味がじんわり効いたカレー食べてきた

スポンサーリンク
外観 カレー
スポンサーリンク

環状通を通るたび「カレー屋テラコッタ」という看板が目に入るのでいつも気になっていました。

調べてみると札幌に超多いスープカレー店ではなく、ルーカレーとキーマカレーのお店らしい。

ああ、どっちも大好き!

あるときちょうどランチライムに通りかかったので、立ちよってみました。

スポンサーリンク

素材のうまみが効いたカレー屋テラコッタ

カレー屋テラコッタがあるあたり、いわゆる北大エリアですが、このあたりは本当にカレー屋さんが多いですね。

前にビリヤニを食べに行ったダワットカフェもあるし、クロックもあるし、いつか行きたいなみきもあるし……。

やっぱり大学生はカレーが好きなのか、カレー激戦区ですね。

カレー屋テラコッタは「家家家」というラーメン屋さんの隣にあります。

外観から小さめのお店ということがわかりますが、裏にちゃんと駐車場がありますよ。

P

店内はテーブル席が3組くらいとカウンター。小さめでお隣との距離は近い。

席についてメニューを見よう。

メニュー3

ルーカレーとキーマカレー、どちらも種類が豊富です。大体1000円弱くらい。

スープカレーもあるんですね。

メニュー2

カツカレーメニュー。

メニュー1

バラカツって禁断の揚げ物ですね。

 

確か「あいがけカレー」のメニューもあったはずなのですが、こちら撮り忘れてしまいました。

ということであいがけカレーを注文します。

同行者はロースカツカレーのルーカレー、ライス大盛とのこと。大盛りはご飯が400gです。普通(M)は220g。大盛りまでは無料サービス。

 

ランチタイムでしたが先客の料理が出終わったタイミングで入れたので、注文からあまり待たずにカレーが届きました。

あいがけ

この色味、すっごい絵力。真っ黒いルー、まっ黄色いご飯と卵黄、まっ茶色いキーマとかつおぶし。

このかつおぶしがカレーの湯気で踊って、お好み焼きみたいな香りになっているのが不思議な感じ。

ルーは真っ黒いけどしょっぱくなくて、焦がした小麦粉の香ばしさとえぐみがあります。そこに油分や肉のコクが入り、まろやか。そう、酸味などが無いまろやかタイプのルーカレーです。

そしてキーマの方は、かつおぶしの出汁とひき肉のうまみが前面に出て、こちらもしょっぱさは控えめです。

カレーと言えば(特に若者がターゲットのお店は)しょっぱいルーでたくさんご飯を食べる感じだと思っていたのですが、テラコッタのカレーは全く違う概念のカレーです。年配者にも優しい。

そして辛み成分がどちらのカレーにも含まれていないのでお子様でも食べられます。

辛いのが欲しい方は卓上のスパイスをふりかけて食べます。このスパイスがまたパンチ効いてていい感じ。

スパイスをかけた方が卵黄に合います。スパイスなしで卵黄を付けて食べるとちょっとまろやかすぎて刺激が足りなかった。

色々自分で味を調整しながら、ルーとキーマを交互に食べて美味しく頂きました。

 

ちなみにカツカレーはこんな感じでした。

カツカレー

400gのライスはさすがに多い。

カツカレーの方はルーに具が入っていないんですね(あいがけの方は肉、人参、じゃがいもが入っていた)。

厚切りのカツがまたボリュームを添えていて、これは腹ペコな人には嬉しい一皿です。

ルーがマイルドだけどカツにもしっかり合うそうです。ただ、ご飯だけ増量したせいでルーが足りなくなってきたとのこと。

ご飯を大盛りにするならルーも大盛り(+100円)にした方が良いのかもしれませんね。

夜限定

土日&平日ディナータイム限定でこんなスタミナが付きそうなカレーが……。

匂いを気にせず食べられるときにチャレンジしたいものですね。

 

【店舗情報】

カレー屋テラコッタ

住所 札幌市北区北15条西4丁目1−30
TEL 090-6994-2957
営業時間 11:00~15:00、17:30~22:00 土日は通し営業
木曜定休

身体にじんわりしみるカレーもいいですね

日本のカレーと言えばスパイシー&味が濃いという印象ですが、テラコッタのカレーは身体に優しい味でした。

胃腸が弱っているときでも食べられそうな味です。

こういうカレーもいいですね。夏バテ気味の胃腸が落ち着きました。

 

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
カレー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました