お腹を下して迷走神経反射によってトイレ前で倒れてしまった話

スポンサーリンク
倒れる 美容健康のこと
スポンサーリンク

今日は体調不良エピソードです。

先日、食べ合わせが悪かったのか、夕食後に強烈な腹下しに襲われてしまいました。

もともとお腹を下しやすい体質ですが、いつもは出し切って終了という軽さでした。

が、今回はトイレの前で倒れてしまうほどの重さで……。

こんな経験と、考えられる原因について書いていきます。

 

今日は排泄の話なので、ちょっと汚いです。直接的な表現は避けますが、苦手な方はスルーをお願いします。

スポンサーリンク

辛い物で腹痛→下痢→なぜかいきめない→気を失う

事の始まりは夕食の麻婆豆腐。すごく辛いものが食べたい気分だったので、唐辛子と山椒をたっぷり効かせて作りました。

これが良くなかった。胃腸の調子が悪いという自覚は無かったが、今の私の体には刺激が強すぎたんですね。

お腹痛い

食べて30分ほどしてお腹がギュルギュル言いだし、「あ、これは下るな」という予感がしてきます。

すぐに強い腹痛がきて、トイレに駆け込みますが、なぜかいつもと違ってお腹に力が入らないのです。それどころかお尻にも、太ももにも、足の先にも、力が入らない。

お腹は相変わらず痛いし、腸の中身は「出してくれ!」と訴えているのに、こんな状態ですからまったく門が開かない。

便意の波に合わせて少しずつ力をかけるようにして、少しは出たのですが、絶対まだお腹の中に便がいるとわかる。

もう少し頑張ろうとしたところ、急に息苦しくなって、生あくびがたくさん出てきました。

そして上から光が下りるように視界が白くなって、意識が途切れました。

倒れる

気付いたら、トイレとトイレ前の廊下をまたぐようにして、お尻丸出しで倒れていました……。

発見者は旦那でしたが、かろうじてお尻は拭いていたし、トイレの中身も自動洗浄なので見られてヤバイものは無かったはず……。

旦那はそれはそれは驚いていました。長い付き合いなので私のこういう状態を見るのは初めてではないと思うのですが、半ケツで倒れる配偶者を見れば、何度目でも驚きますよね……。

 

このあと、少し休んではトイレに入るなどを繰り返して、この日の下痢は全て出し切ることができました。

でも、たかだか下痢で倒れるってどういうことなんでしょう。改めて自分の体質を疑問に思いました。

「迷走神経反射」と言うらしい

倒れる

この下痢で倒れる現象、「迷走神経反射」と言うらしいです。

急激な強い痛みにより、全身に巡らされている迷走神経が刺激を受け、身体の末端の血管を拡張させててしまうそうです。

そして血圧が下がり、脳に血が行かなくなって脳貧血を起こして気を失ってしまう。

身体に力が入らないのも、生あくびがたくさん出るのも血圧低下と脳貧血によるもの。

これは下痢に限らず、ケガによる痛みや精神的な強いストレス、人によっては注射針の痛みでも起こるのだそうです。

 

迷走神経反射が起こってしまったときの対処としては休息を取る、すぐ横になる(脳に血を送りやすくする)のが良いとされています。

だから、本能的にトイレ付近で横になったのは正解だったということですね。半ケツでしたけど。

思えば、過去にこういう経験を何度かしている

思い返すと、下痢で気を失って倒れる経験を、学生時代から社会人にかけて何度もしているのです。

大体は自宅での出来事なので周囲の迷惑になることはありませんでしたが、一度、学校の始業前に下痢して、実習中に倒れてしまったことがあります。その時は大げさな騒ぎになりました……。

学校の先生に「あんたそんなんで就職できるの?!」って言われたもんだ。

それ言われてから、必死で失神を隠した結果、休憩時間にトイレ室内で座った状態で気を失ってしまったこともある(下痢による音を隠すために、あまり人の出入りが無いトイレを利用したので不審には思われなかったが、遅刻はした)。

トイレ

下痢による迷走神経反射、その原因は

過去の経験に共通するのは、下痢はしょっちゅうしているが、ただの下痢でも倒れるに至るのは睡眠不足や不規則な生活が続いているときと、貧血が重い時期ということです。

 

調べると、迷走神経反射による失神は、貧血や低血圧の人が起こしやすく、予防のためには規則正しい生活と疲れ・ストレスをためないことと書かれています。また、下痢すると体内の水分が失われ、脳への血流がより悪くなるため脳貧血に至りやすいと。

どれもバッチリ当てはまりますね。

 

学生時代は常に長距離通学にさらされていて睡眠不足で、特に学校で倒れた日は朝から実習で、始発電車に乗って通学という、そんなハードなスケジュールの日でした。

社会人になってからも早番、遅番と交互にある仕事の頃はよく夜中に下痢して家の中で倒れていました。

社会人の頃は当然ストレスがあって、学生時代もまあ就活とか、成績のこととか色々ありましたよね……。

現在も不規則、貧血、ストレスの三本立てです

久しぶりに倒れてしまった今、やっぱり不規則な生活と貧血とストレスが重なっています。

不規則な生活は、コロナの影響により旦那の休業日が増え、家にいることが増えたことから発生しています(寝坊しがち、夜更かししがちになっている)。

貧血は食生活の乱れと生理前によるもの。

ストレスは言わずもがなだが道路族……。

あとは、疲れもあると思います。この日はずっと先延ばしにしていた通院をして、衛生や人との距離に配慮する時間が長く、何だか疲れていました。

 

ここ数年はお腹を下すことはあっても倒れるまではいかなかったのに、このコロナの影響によって、今の暮らしは身体に無理がかかっているのだと実感した出来事でした。

規則正しく、鉄分摂って、楽しく暮らします

久しぶりに倒れて、旦那の反応を見て、ああやっぱり倒れるってのは客観的にオオゴトなんだなと自覚した出来事でした。

今は下痢も終わりお腹もスッキリ状態ですが、また同じことにならないように気を付けたいと思います。

生活の不規則は今後もとに戻るはず。

鉄分はもっと意識して摂ります。

そして、道路族ストレスは……。なんとか対処法を考えて、楽しく暮らせるように努めたいと思います……。

 

今日は下痢と迷走神経反射のお話でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
美容健康のこと 貧血
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました