皮膚かぶれ2019!今年の犯人は……「ウルシ」だ!!(4)その後

スポンサーリンク
7/8 ダニ
スポンサーリンク

7/8

5月上旬にやらかしたウルシかぶれ。気付いて割とすぐに病院に行ったのに、ずっと痒いし、患部は広がるし。

2か月経った今、まだお肌はきれいになっていないもののようやく痒みがおさまるところまで治りました。

その経過を記録していきます。

 

これまでの虫刺され・かぶれの記録はこちら

スポンサーリンク

これまでの経過は

これまではこんな感じの経過をたどっています。

  • 5月上旬に山に入ってウルシと接触する
  • しばらく気付かず過ごす
  • 1週間くらい経過した頃足にみみず腫れが出て皮膚科へ
  • ウルシかぶれと診断され、ステロイド飲み薬その他とステロイド軟膏を処方される
  • 大きな患部は軟膏を塗った後ラップで保護して包帯を巻く、という処置と飲み薬を同時進行
  • ステロイド飲み薬を1週間飲み続け患部が落ち着いたので、ここからは軟膏+ラップ包帯のみで処置
  • 最初に湿疹が出た部位は腫れがおさまり、茶色くなって治りかけている状態
  • 患部はたまに痒いが、薬でおさまる程度。患部の周囲の皮膚ががガサガサになってお風呂でしみる……

……というのが、6月18日更新分までのお話でした。

ウルシにかぶれて2カ月後、患部はどうなった?!

それからひと月弱経過して、患部はかなり変化していきました。

前回更新時、ガサガサだった患部周辺。

6/14

6/14

皮膚の色も薄くなってきたので、このままカサツキがおさまってキレイになると安心していたのですが……。

ここから5日後には、患部が黒く焼けたようになってしまいました……。

患部の中心はぶり返したように赤くなっているし。ここがまだ痒い。

6/19

6/19

浅い擦り傷の治りかけのような、火傷の治りかけのような……。

やっぱり強いステロイドを長期間使い続けたせいなのでしょうか。皮膚が死んでいる、という感じ。

ただ、見た目は一気に悪くなりましたが、お風呂でしみることは無くなった。

かさぶたが剥げるときのような痒さと、湿疹の痒さが同時に襲うことがあり、たまにまだステロイド薬を塗っています。でも塗りすぎコワイ。

 

ここからさらに一週間後。

6/25

6/25

黒くただれたようなところはポロポロと剥げ落ちて、新しい皮膚が見えるようになってきました。

湿疹発生地点も赤みが引き、茶色くなってきている。

この頃になると、痒さも忘れて活動できるようになりました。たまに汗をたくさんかくと痒くなる程度。そんな時は薄くステロイドを塗っています。

 

そして今。さらに二週間後です。

7/8

7/8

黒い皮はすべて剥げ落ちました。まだ乾燥と中心部の茶色さが目立ちますが、凹凸も無く、かなりきれいになったと思います。

乾燥性の痒みはもう全くなし。中心部はちょっと痒いことがあるかな?でも我慢できるくらいです。

この程度ならもう足を出して歩いても気にならない。

今までは長ズボンばかり穿いていたのですが、今後は半ズボンも穿いて出かけられる。暑くなってきたので良かったです。

とりあえずウルシかぶれ記録はここまで

前にもらったステロイド薬はもうなくなりそうですが、これからは再度通院する必要もなさそうです。

ということで、ウルシかぶれの記録は今回を最後にします。

 

しかし、たった一度触れただけで、痒みがおさまるまで2か月もかかるなんて……。(しかもまだ完治ではない)通院しているのに、ですよ。

通院しなかったら治るまでどれくらいかかっていたことだろう。

皆さんも、もしウルシにかぶれるようなことがあったら、すぐに皮膚科に行って下さいね!

 

今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
ダニ美容健康のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yurukurashiをフォローする
スポンサーリンク
北海道ゆる暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました